マイ・フレンド・ダッフィー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

マイ・フレンド・ダッフィー』 (My Friend Duffy) とは、東京ディズニーシーで開催されているショー。

概要[編集]

ケープコッド・クックオフで開催されていた『ドナルドのボートビルダー』が2010年1月11日に終演となり、その後を継いで、2010年3月20日より公演開始した。

このショーには正確なタイムテーブルは公表されておらず、2つの内容のシーンを交互に繰り返して公演を行っている。

標準公演時間は基本的には11時頃から17時までだが、パークの営業時間、貸切イベント開催、メディテレーニアンハーバーでの大規模なショーの開催などにより変更、休演になる場合がある。

混雑日などは、整理券が配布されることもある。

公演場所
ケープコッド・クックオフ(提供:日本コカ・コーラ株式会社)
公演時間
公演回数
--
公演期間

2011年3月15日よりショー内容(シーン1,シーン2)を収録したCDが、TDSパーク内限定で販売されている。

2014年1月20日より、ショー内容がリニューアルされた[1]

2014年6月24日よりショー内容(シーン2,シーン3)を収録した2枚目のCDが、TDSパーク内限定で販売されている。

2017年2月1日より、ショー内容がリニューアルされた。

2017年7月3日よりショー内容(シーン3,シーン4)を収録した3枚目のCDが、TDSパーク内限定で販売されている。

ストーリー[編集]

2つの内容のシーン[2]を交互に繰り返される。

シーン1は2014年1月5日で公演を終了し、2014年1月20日からはシーン2とシーン3を交互に公演していた。シーン2は2017年1月9日で公演を終了。2017年2月1日からはシーン3とシーン4を交互に公演している。

シーン1[編集]

2014年1月5日までの公演。

ドナルドダックとデイジーダックがミニーマウスの家に遊びに行くと、ミニーは航海に出るミッキーマウスのために熊のぬいぐるみを作っていた。

ドナルド、デイジーと入れ替わりに訪れたミッキーに、ミニーは完成したばかりの熊のぬいぐるみを披露するが、この熊には未だ名前が無い。

マイケル? ピーター? どの名前もしっくりしなかったが、ぬいぐるみを入れて持ち歩くダッフルバッグもミニーが作っていたことから、ミッキーは「ダッフィー」と名付ける。

ミッキーとミニーの想いの力から、ダッフィーは大きくなり、しゃべり出すようになった。

使用楽曲
  • かわいいクマちゃん
  • キミはダッフィー
  • スペシャル・ギフト (大切なミッキーへ)
  • ボクはダッフィー
  • スペシャル・ギフト (大切なミニーへ)
  • マイ・フレンド・ダッフィー

シーン2[編集]

2017年1月9日までの公演。

ダッフィーが独りで海岸を歩いていると、ケープコッドのポストマンであるティッピーブルーと出会う。

航海に出るというダッフィーにティッピーブルーは「海は怖いところ」と教える。怖がるダッフィーに、やってきたミッキーが海の向こうにある楽しいことを教える。

ミッキーとダッフィーは、ミニー、ドナルド、デイジー、ティッピーブルーに見送られて航海に出発する。

使用楽曲
  • フレンドシップ〜たすけあおうよ
  • 冒険に出かけよう
  • フレンドシップ (リプライズ)
  • マイ・フレンド・ダッフィー (フィナーレ)

シーン3[編集]

2014年1月20日からの公演。シェリーメイがショーに登場するのは初めてではないが、台詞を発するのは本ショーが初めてであり、2014年4月現在唯一である。

たくさんのお土産を持ってミッキーとダッフィーは航海から戻ってきた。ミニーはミッキーとの再会を喜ぶが、ダッフィーはそんな2人を見て自分にもミッキーとミニーのような仲の良い友達が欲しいと考え、願い事を書いた手紙を自分の胸についた小瓶に入れ海に投げた。小瓶をひろったティッピーブルーは手紙をミニーに渡す。ミニーはダッフィーの願いに応えて、シェリーメイを作った。

シーン4[編集]

2017年2月1日からの公演。ジェラトーニが登場。台詞を発するのは本ショーが初めて。

ある日ミッキーとメディテレーニアンハーバー散歩していたダッフィーは食べていたジェラートを落としてしまった。するとネコの男の子ジェラトーニが現れ、落ちたジェラートを使って絵を描き始めた。二人はすぐに仲良くなり、ダッフィーのは故郷であるケープコッドへジェラトーニを連れて帰り、ミニーとシェリーメイに新しい友達として紹介することにした。

出演キャラクター[編集]

関連項目[編集]

出典・脚注[編集]

  1. ^ 2013年6月3日のオリエンタルランド公報pdf 『「マイ・フレンド・ダッフィー」リニューアルのお知らせ』
  2. ^ シーン1、シーン2の表記はCDのトラックタイトルに準拠した。
  3. ^ 2017年2月より、シーン3の声優が死去した水谷優子に代わり、シーン4も担当している遠藤綾のものに差し替えられた。[要出典]