ドックサイドステージ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

ドックサイドステージDockside Stage)は東京ディズニーシーアメリカンウォーターフロントにある野外劇場である。このステージはアメリカンウォーターフロントのランドマーク的存在である、S.S.コロンビア号の横に位置し、S.S.コロンビア号の一部もステージとして使われる。

設備[編集]

このステージの照明は、景観を確保するため、ショーが行われる時以外はステージのまわりにある建物や木箱の中に収納される。また、このステージは屋根が無いため、雨や雪や強風などの時はショーが中止になるが、海風が強い場合でもS.S.コロンビア号が風避けとなるため開催されることも多い。ただし、「テーブル・イズ・ウェイティング」のステージは、客席から観やすいように若干の傾斜が設けられていたため、小雨の場合でも公演が中止となる場合があった。ステージの左右には幕があり、ショーの進行状況に応じて様々な絵に変化させることができ、ステージの後ろにあるS.S.コロンビア号の側面にも大きな幕を掲げられるようになっている。

ステージの客席は、当初は椅子もなく直接地面に座り鑑賞していたが、のちにそごうがスポンサーについた時から椅子(ベンチ席)が設置され、ステージの外には柵が置かれた。

2003年4月12日から2008年4月15日の間はそごうがスポンサーとなっており、スポンサーマークの表記や、ショー開催時に「そごうがお送りする」といったアナウンスが行われていた。

公演内容[編集]

ドックサイドステージで開催された(現在、開催中を含む)公演を以下に記す。

上記以外にも、東京ディズニーリゾート・ミュージック・フェスティバル・プログラムと呼ばれる外部団体による公演も開催されている[4]

出典[編集]

  1. ^ 東京ディズニーシー「テーブル・イズ・ウェイティング」が2017年3月17日でクローズ”. livedoor news (2016年8月9日). 2017年7月13日閲覧。
  2. ^ 東京ディズニーシーで“ステラ・ルー”の新しいショーがスタート!”. allnightnippon.com (2017年7月10日). 2017年7月13日閲覧。
  3. ^ 【TDL/TDS】35周年記念で新レギュラーショーがスタート! 「レッツ・パーティグラ!」「ハロー、ニューヨーク!」の内容&出演キャラ発表”. ウレぴあ (2018年1月18日). 2018年2月28日閲覧。
  4. ^ “活動の場広がる府立工業ジャズバンド ディズニーシーでも演奏”. 両丹日日新聞. (2009年10月11日). http://www.ryoutan.co.jp/news/2009/10/11/001255.html 2017年3月21日閲覧。