マイケル・マリナロ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
マイケル・マリナロ
Michael Marinaro
Figure skating pictogram.svg
Kirsten Moore-Towers and Michael Marinaro at 2017 Nationals.jpg
2017年カナダ選手権での
ムーア=タワーズとマリナロ
基本情報
生年月日 (1992-01-07) 1992年1月7日(27歳)
出生地 カナダオンタリオ州サーニア
身長 180 cm
選手情報
パートナー カーステン・ムーア=タワーズ
元パートナー マーガレット・パーディ
リンジー・ディスパー
コーチ ブルーノ・マルコット
Alison Purkiss
Brian Shales
元コーチ リチャード・ゴーチエ
シルヴィ・フラム
クリスティ・ウィルツ
クリス・ウィルツ
スコット・レイチェク
アリソン・パーキス
シンシア・ルメール
振付師 ジュリー・マルコット
元振付師 マーク・ピレイ
アリソン・パーキス
所属クラブ Point Edward SC
ISU パーソナルベストスコア
トータルスコア 211.05 2019 四大陸選手権
ショート 75.50 2019 GPスケートカナダ
フリー 138.59 2019 CSネーベルホルン杯
 
獲得メダル
フィギュアスケート
四大陸選手権
2019 アナハイム ペア
世界ジュニア選手権
2013 ミラノ ペア
■テンプレート ■選手一覧 ■ポータル ■プロジェクト

マイケル・マリナロ英語: Michael Marinaro, 1992年1月7日 - )は、カナダ出身の男性フィギュアスケート(ペア)選手。パートナーはカーステン・ムーア=タワーズマーガレット・パーディ

2019年四大陸選手権2位、2013年世界ジュニア選手権2位。

経歴[編集]

2歳の時にスケートを始め、リンジー・ディスパーと組み、ペアを始めた[1]

2007年5月、マーガレット・パーディとペアを結成し、2009-2010シーズンにジュニアグランプリシリーズに参戦。カナダ選手権のジュニアクラスで優勝。世界ジュニア選手権では8位。

2012-2013シーズン、ジュニアグランプリシリーズでは2戦連続で優勝するも、ジュニアグランプリファイナルではロシアの表彰台独占を許し4位に留まった。世界ジュニア選手権では銀メダルを獲得。

2013-2014シーズン、シニアクラスに移行。四大陸選手権では6位。5月27日にパーディの引退によりペア解散を発表[2]。6月3日にはカーステン・ムーア=タワーズとのペア結成を発表し、コーチをクリスティ・ウィルツクリス・ウィルツに変更した[3]

2014-2015シーズン、カナダ選手権では3位に0.95点差の4位となり、四大陸選手権の代表に選出された。シーズン終了後、コーチをリチャード・ゴーチエに変更し練習拠点をモントリオールへ移した[4]

主な戦績[編集]

大会/年 2007
-08
2008
-09
2009
-10
2010
-11
2011
-12
2012
-13
2013
-14
2014
-15
2015
-16
2016
-17
2017
-18
2018
-19
2019
-20
冬季オリンピック 11
世界選手権 8 6 7
四大陸選手権 6 9 7 2
カナダ選手権 2 Pn 3 N 1 J 9 6 5 5 4 4 3 1
GPファイナル 5
GP NHK杯 4 2
GPロステレコム杯 7 辞退
GP中国杯 3
GPエリック杯 7
GPスケートカナダ 8 6 3 3 2
GPスケートアメリカ 8 6
CSフィンランディア杯 2
CSネーベルホルン杯 1
CSUSクラシック 3 1
CSオータムクラシック 2
世界Jr.選手権 8 5 2
JPGファイナル 4
JGPクロアチア杯 1
JGPレークプラシッド 1
JGPボルボ杯 3
JGPオーストリア 10
JGPチェコスケート 9
JGPジョン・カリー記念 10
JGPB.シュベルター杯 10
JGPトルン杯 7  
  • Jはジュニアクラス
  • Nはノービスクラス
  • Pnはプレノービスクラス

詳細[編集]

2019-2020 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年12月5日-8日 2019/2020 ISUグランプリファイナルトリノ 6
67.08
4
130.91
5
197.99
2019年11月22日-24日 ISUグランプリシリーズ NHK杯札幌 2
71.21
2
137.28
2
208.49
2019年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 2
75.50
2
132.99
2
208.49
2019年9月25日-28日 ISUチャレンジャーシリーズ ネーベルホルン杯オーベルストドルフ 1
71.76
1
138.59
1
210.35
2018-2019 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2019年3月20日-24日 2019年世界フィギュアスケート選手権さいたま 5
73.08
8
126.94
7
200.02
2019年2月5日-10日 2019年四大陸フィギュアスケート選手権アナハイム 1
74.66
2
136.39
2
211.05
2019年1月18日-20日 カナダフィギュアスケート選手権セントジョン 1
71.47
1
131.28
1
202.75
2018年11月9日-11日 ISUグランプリシリーズ 2018年NHK杯広島 3
67.70
4
121.96
4
189.66
2018年10月26日-28日 ISUグランプリシリーズ2018年スケートカナダラヴァル 3
71.26
3
129.67
3
200.93
2018年10月5日-7日 CSフィンランディア杯エスポー 3
66.52
1
127.41
2
193.93
2018年9月20日-22日 CSオータムクラシックオークビル 2
64.73
2
111.59
2
176.32
2017-2018 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2018年3月21日-25日 2018年世界フィギュアスケート選手権ミラノ 10
70.49
4
133.84
6
204.33
2018年2月14日-15日 2018年平昌オリンピック平昌 13
65.68
9
132.43
11
198.11
2017年11月24日-26日 ISUグランプリシリーズスケートアメリカレークプラシッド 7
59.97
4
127.84
6
187.81
2017年11月3日-5日 ISUグランプリシリーズ中国杯北京 4
62.52
3
132.00
3
194.52
2017年9月13日-17日 ISUチャレンジャーシリーズUSインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 1
65.76
2
123.00
1
188.76
2016-2017 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2017年4月20日-23日 2017年世界フィギュアスケート国別対抗戦東京 3
69.56
4
130.09
4
団体
(199.65)
2017年2月14日-19日 2017年四大陸フィギュアスケート選手権江陵 5
70.89
7
121.46
7
192.35
2017年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 3
70.69
3
128.05
3
198.74
2015-2016 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2016年3月26日-4月3日 2016年世界フィギュアスケート選手権ボストン 10
66.06
8
124.84
8
190.90
2016年1月18日-24日 カナダフィギュアスケート選手権ハリファックス 4
59.67
4
123.91
4
183.58
2015年11月20日-22日 ISUグランプリシリーズ ロステレコム杯モスクワ 7
51.97
7
106.78
7
158.75
2015年10月30日-11月1日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダレスブリッジ 3
63.17
3
111.68
3
174.85
2015年9月16日-20日 ISUチャレンジャーシリーズ USインターナショナルクラシックソルトレイクシティ 2
57.22
3
102.86
3
160.08
2014-2015 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2015年2月9日-15日 2015年四大陸フィギュアスケート選手権ソウル 7
59.30
9
101.40
9
160.70
2015年1月19日-25日 カナダフィギュアスケート選手権キングストン 4
61.08
4
119.40
4
180.48
2014年11月21日-23日 ISUグランプリシリーズ エリック・ボンパール杯ボルドー 7
51.07
6
108.06
7
159.13
2014年10月31日-11月2日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダケロウナ 6
53.79
6
105.03
6
158.82
2013-2014 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2014年1月20日-25日 2014年四大陸フィギュアスケート選手権台北 5
51.97
7
88.02
6
139.99
2014年1月9日-15日 カナダフィギュアスケート選手権オタワ 5
54.23
6
93.12
5
147.35
2013年10月25日-27日 ISUグランプリシリーズ スケートカナダセントジョン 8
39.50
8
91.89
8
131.39
2013年10月18日-20日 ISUグランプリシリーズ スケートアメリカデトロイト 8
50.26
8
96.02
8
146.28
2012-2013 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2013年2月25日-3月3日 2013年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミラノ 2
53.09
3
101.61
2
154.70
2013年1月13日-20日 カナダフィギュアスケート選手権ミシサガ 4
54.25
5
100.04
5
154.29
2012年12月6日-9日 2012/2013 ISUジュニアグランプリファイナルソチ 2
51.83
5
98.11
4
149.94
2012年10月3日-7日 ISUジュニアグランプリ クロアチア杯ザグレブ 4
49.23
1
98.17
1
147.40
2012年8月29日-9月2日 ISUジュニアグランプリ レークプラシッドレークプラシッド 2
47.84
1
96.88
1
144.72
2011-2012 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2012年2月27日-3月4日 2012年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ミンスク 7
49.51
5
92.25
5
141.76
2012年1月16日-22日 カナダフィギュアスケート選手権モンクトン 6
49.27
7
93.13
6
142.40
2011年9月28日-10月2日 ISUジュニアグランプリ オーストリアインスブルック 9
42.54
9
74.75
10
117.29
2011年8月31日-9月4日 ISUジュニアグランプリ ボルボ杯リガ 4
43.95
3
90.51
3
134.46
2010-2011 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2011年1月17日-23日 カナダフィギュアスケート選手権ビクトリア 10
37.28
8
74.02
9
111.30
2010年10月13日-16日 ISUジュニアグランプリ チェコスケートオストラヴァ 8
42.79
10
66.39
9
109.18
2010年9月29日-10月2日 ISUジュニアグランプリ ジョン・カリー記念シェフィールド 11
36.72
10
72.53
10
109.25
2009-2010 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2010年3月7日-14日 2010年世界ジュニアフィギュアスケート選手権ハーグ 10
45.24
8
84.05
8
129.29
2010年1月11日-17日 カナダフィギュアスケート選手権 ジュニアクラス(ロンドン 1
48.80
1
80.79
1
129.59
2009年9月30日-10月4日 ISUジュニアグランプリ ブラオエン・シュベルター杯ドレスデン 13
40.55
7
79.97
10
120.52
2009年9月9日-13日 ISUジュニアグランプリ トルン杯トルン 6
41.79
7
72.11
7
113.90
2008-2009 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2009年2月11日-14日 カナダフィギュアスケート選手権 ノービスクラス(カルガリー 5
35.56
3
56.34
3
91.90
2007-2008 シーズン
開催日 大会名 SP FS 結果
2008年1月30日-2月1日 カナダフィギュアスケート選手権 プレノービスクラス(オタワ 2
36.35
2
52.34
2
88.69

プログラム使用曲[編集]

シーズン SP FS EX
2019-2020 Love On the Brain
(EP『Los Feliz Blvd』より)
曲:コールド・ウォー・キッズ
feat. ビショップ・ブリッグス
Carry You
曲:ルエ―ル feat. Fleurie
2018-2019 The First Time Ever I Saw Your Facea
ボーカル:レオナ・ルイス
振付:ジュリー・マルコット
ピンク・フロイドメドレー
クレイジー・ダイアモンド
ザ・ウォール
アナザー・ブリック・イン・ザ・ウォール
振付:ジュリー・マルコット
Eet
曲:レジーナ・スペクター
2017-2018[5] Sweet Dreams (Are Made of This)
作曲:ユーリズミックス
演奏:テレス・モンカウム、エスカーラ
振付:ジュリー・マルコット
Un Ange Passe
演奏:アラン・ルフェーヴル
振付:ジュリー・マルコット
Glad You Came
ボーカル:ザ・ウォンテッド
2016-2017[6] ハートブレイク・ホテル
歌:ビリー・ジョエル
2015-2016[4] If I Can’t Have You
ボーカル:エタ・ジェイムズ
振付:ジュリー・マルコット
映画『ロミオ+ジュリエット』サウンドトラックより
振付:ジュリー・マルコット
2014-2015[7] セルブロック・タンゴ ミュージカル『シカゴ』より
作曲:ジョン・カンダー
振付:マーク・ピレイ
ミュージカル『チェス』より
作曲:ベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァース
振付:マーク・ピレイ
It's a Man's, Man's, Man's World
ボーカル:ジェームス・ブラウン
Fireball
曲:ピットブル
2013-2014 アンチェインド・メロディ
作曲:アレックス・ノース
映画『カサブランカ』サウンドトラックより
作曲:マックス・スタイナー
2012-2013 私のお父さん
作曲:ジャコモ・プッチーニ
映画『アーティスト』サウンドトラックより
作曲:ルドヴィック・ブールス
Beauty And A Beat
ボーカル:ジャスティン・ビーバー ft.ニッキー・ミナージュ
2011-2012 ハーレム・ノクターン
作曲:アール・ハーゲン
アダージョ
作曲:クイーン
Someone Like You
曲:アデル
2010-2011 Fuente y Caudal
by Paco de Lucia
映画『ニュームーン/トワイライト・サーガ』サウンドトラックより
作曲:アレクサンドル・デプラ
2009-2010 Santa Maria
by Gotan Project
ヒア・ゼア・アンド・エヴリホエア
作曲:ポール・マッカートニー
サムシング
作曲:ジョージ・ハリスン

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ Canada’s Purdy Gives Up Hockey to Skate Pairs
  2. ^ World Junior Medallists Purdy and Marinaro end skating partnership Archived 2014年5月28日, at the Wayback Machine.
  3. ^ Canada’s newest pair team – Kirsten Moore-Towers and Michael Marinaro Archived 2014年6月4日, at the Wayback Machine.
  4. ^ a b Moore-Towers and Marinaro: ‘No stone unturned’
  5. ^ Biography”. web.archive.org (2017年12月9日). 2019年3月14日閲覧。
  6. ^ Biography”. web.archive.org (2017年3月30日). 2019年3月14日閲覧。
  7. ^ Other pair happenings

参考文献[編集]