チェス (ミュージカル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チェス
作曲 ベニー・アンダーソン
ビョルン・ウルヴァース
作詞 ティム・ライス
ビョルン・ウルヴァース
脚本 リチャード・ネルソン英語版
上演 1984 ヨーロッパコンサートツアー
1986 ウェストエンド
1988 ブロードウェイ
1989 カーネギーホールコンサート
1989 シェレフテオコンサート
1990 アメリカツアー
1990 シドニー
1992 ブダペスト
1994 ヨーテボリコンサート
1995 ロサンゼルス
1997 メルボルン
2001 デンマークツアー
2002 ストックホルム
2003 ブロードウェイコンサート
2005 ノルウェーコンサート
2006 タルトゥ
2007 ロサンゼルス
2008 ヨハネスブルグ
2008 ケープタウン
2008 ロンドンコンサート
2010 アーリントン
2010 イギリスツアー
2011 アベリストウィス
2011 シャーロット
2011 ダブリン
2011 ビーレフェルト
2011 トロント
2012 デンバー
2012 オーフス

チェス』(原題:Chess)は、冷戦をテーマにしたミュージカル。ABBAのメンバーであったベニー・アンダーソンビョルン・ウルヴァースが作曲し、ティム・ライスが作詞を担当。

1984年、ミュージカル初演に先立ちコンセプト・アルバムがリリースされる。なかでもシングル・リリースされたマレー・ヘッドによる『ワン・ナイト・イン・バンコク』は英米でスマッシュ・ヒットとなり、続くエレイン・ペイジバーバラ・ディクソン英語版によるデュエット『アイ・ノウ・ヒム・ソー・ウェル英語版』は英国で大ヒットを記録した。

1986年にロンドンのウェストエンドで行われ、その後3年間上演される。1988年アメリカのブロードウェイ公演では、脚本や音楽を大きく変更し上演するが、2カ月で終了する。その後、演出に変更が加えられながら世界各国で上演される。

コンセプト・アルバム[編集]

1984年にリリースされ、ローリング・ストーン誌やタイム誌等多くのメディアに絶賛される。全英ヒットチャートでは10位、全米ビルボードでは47位を記録する。

キャスト[編集]

収録曲[編集]

ウエストエンド プロダクション (1986–1989)[編集]

キャスト[編集]

  • フレデリック・トランパー: マレー・ヘッド
  • フローレンス・ヴァッシー: エレイン・ペイジ (Elaine Paige)
  • アナトリー・セルゲイフスキー: トミー・ショールベリ (Tommy Körberg)
  • アレクサンダー・モロコフ: ジョン・ターナー (John Turner)
  • ウォルター・コーシー: ケビン・コルソン (Kevin Colson)
  • 審判員: トム・ジョーブ (Tom Jobe)
  • スヴェトラーナ・セルギエフスカヤ: シボーン・マッカーシー (Siobhán McCarthy)
  • メラーノ市長: リチャード・ミッチェル (Richard Mitchell)
  • TVプレゼンター: ピーター・カリー (Peter Karrie)
  • 公務員: リチャード・リンドン (Richard Lyndon)、ポール・ウィルソン (Paul Wilson)

曲目[編集]

ブロードウェイ プロダクション (1988)[編集]

キャスト[編集]

  • フレディ: フィリップ・カズノフ (Philip Casnoff)
  • フローレンス: ジュディ・クーン (Judy Kuhn)
  • アナトリー: デイヴィッド・キャロル (David Carroll)
  • モロコフ: ハリー・ゴッツ (Harry Goz)
  • ウォルター: デニス・パーラト (Dennis Parlato)
  • 審判員: ポール・ハーマン (Paul Harman)
  • スヴェトラーナ: マーシャ・ミッツマン (Marcia Mitzman)
  • グレゴール・ヴァッシー: ニール・ベン=アリ (Neal Ben-Ari)
  • ヤング・フローレンス: ジーナ・ギャラガー (Gina Gallagher)
  • ニコライ: カート・ジョーンズ (Kurt Jones)
  • ジョー、ハロルド (大使館員): リチャード・メンツ (Richard Muenz)、エリック・ジョンソン (Eric Johnson)
  • ベン: キップ・ニーヴン (Kip Niven)

曲目[編集]

各国プロダクション・コンサート[編集]

アイルランド、エストニア、オーストラリア、スウェーデン、デンマーク、ドイツ、ノルウェーハンガリー、南アフリカ共和国で上演される。

ロイヤル・アルバート・ホール Chess in Concert (2008)[編集]

キャスト[編集]

曲目[編集]

日本版公演[編集]

日本では2012年に『Chess in Concert』として、コンサート形式で上演。2013年に一部変更をして再演。2015年に『Chess the Musical』としてミュージカル形式での上演となり、日本初演は2015年の上演にあたる。コンサート形式の初演から、演出・訳詞は荻田浩一が担当[1]

公演記録(日本版)[編集]

『Chess in Concert』
『Chess in Concert 2nd Version』
『Chess the musical』
  • 2015年9月27日〜10月12日:東京芸術劇場 プレイハウス
  • 2015年10月19日〜10月25日:梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

キャスト(日本版)[編集]

  2012年 2013年 2015年
フレデリック・トランパー 中川晃教
フローレンス・ヴァッシー 安蘭けい
アナトリー・セルギエフスキー 石井一孝
アービター 浦井健治 マテ・カマラス 田代万里生
スヴェトラーナ・セルギエフスカヤ Akane Liv
ウォルター 戸井勝海
チェスの精 大野幸人
アンサンブル 池谷京子角川裕明田村雄一
ひのあらた横関咲栄
池谷京子・角川裕明・田村雄一
ひのあらた・横関咲栄・天野朋子
高原紳輔遠山裕介

主な登場人物[編集]

声域 説明
フレデリック(フレディ)・トランパー
Frederick "Freddie" Trumper
テノール アメリカ人: チェスのアメリカチャンピオン。
アナトリー・セルゲイフスキー
Anatoly Sergievsky
バリトン/テノール ロシア人: チェスのソ連チャンピオン。
フローレンス・ヴァッシー
Florence Vassy
メゾソプラノ / ベルト ハンガリー人 : フレデリック・トランパーのセコンド(介添人)で恋人。アナトリーと恋に落ちる。
審判員
The Arbiter
テノール 世界選手権の審判。
モロコフ
Molokov
バス / バスバリトン アナトリーのセコンド。
ウォルター・コーシー
Walter de Courcey
バスバリトン 世界選手権の司会者。
スヴェトラーナ・セルギエフスキー
Svetlana Sergievsky
メゾソプラノ/ベルト アナトリーの妻。

脚注[編集]

外部リンク[編集]