フェリーらいらっく

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
フェリーらいらっく
SNF FERRY LILAC.JPG
フェリーらいらっく(2003年)
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1984-2004)
フィリピンの旗 フィリピン(2004-2008)
所有者 新日本海フェリー(1984-2004)
en:Sulpicio Lines(2004-2008)
運用者 新日本海フェリー(1984-2004)
en:Sulpicio Lines(2004-2008)
建造所 石川島播磨重工業相生工場
母港 小樽港
IMO番号 8323161
改名 フェリーらいらっく(1984-2004)
Princess of the Stars(2004-2008)
経歴
竣工 1984年
就航 1984年7月
最後 2008年6月21日沈没
要目
総トン数 18,268トン
全長 192.91 m
型幅 29.4m
型深さ 14.5m
機関方式 ディーゼル
主機関 2基
推進器 2軸
出力 26,400 PS
航海速力 21.8ノット
旅客定員 788名(竣工時)、586名(改造後)
1,992名(Princess of the Stars)
車両搭載数 トラック152台(改造後186台)、乗用車55台
テンプレートを表示

フェリーらいらっくは、新日本海フェリーが運航していたフェリー。引退後は海外売船され、フィリピンで就航していたが、2008年シブヤン海で荒天により沈没した。

概要[編集]

石川島播磨重工業が建造した初の長距離フェリーで、第1船のすずらん丸以来、新造船を一貫して幸陽船渠で建造してきた新日本海フェリーとしても初の他社による建造となった。就航当時は総トン数および全長で日本最大のフェリーだった。

1984年7月に舞鶴 - 小樽航路に就航した[1]2004年7月、はまなすあかしあの就航により引退した。

その後、海外売船されフィリピンスルピシオ・ライン英語版プリンセス・オブ・ザ・スターズ(Princess of the Stars)となり、就航したが、2008年6月21日に荒天により沈没した。

設備[編集]

船室[編集]

  • スイート(2名×2室)
  • 特等室(洋室ツイン2名×12室、和室2名×4室)
  • 1等洋室(洋室ツイン2名×27室、洋室2段ベッド5名×6室・4名×8室)
  • 1等和室(3名×4室)
  • 2等寝台(8名×28室、4名×1室)
  • 2等和室(10名×2室、32名×2室、48名×2室、62名×1室、106名×1室)
  • ドライバー室(12名×4室)

設備[編集]

  • ラウンジ
  • リスニングルーム
  • 宴会場
  • プール
  • スポーツデッキ
  • 麻雀ルーム
  • レストラン
  • グリル
  • スポーツルーム
  • ゲームコーナー
  • チルドレンルーム
  • TVルーム
  • 大浴場
  • ランドリー
  • 売店
  • 自販機コーナー
  • プール

事故[編集]

プレジャーボートとの衝突[編集]

1995年12月4日、14時50分ごろ、小樽港から舞鶴港へ向けて運航中だった本船は、若狭湾南西部の成生岬の北北西3.4海里の海上で遊漁中だったプレジャーボート飛龍と衝突した。衝突により本船は左舷船首部外板に擦過傷、飛龍は右舷後部外板に擦過傷、操舵室窓の破壊、ハンドレール曲損などの損傷を生じた。飛龍には、船長と甲板員の合計2名が乗船していたが、衝突直前に海面に飛び込んだ後、行方不明となり死亡認定された。事故当時の天候は雨で、海上は波の高さは約2メートルで、風浪が高く白波が立った状態だった。事故原因は、らいらっく側の見張り不十分とされたが、飛龍側が注意喚起信号と衝突回避措置をとらなかったことも一因とされた[2]

荒天下での沈没[編集]

2008年6月21日、フィリピンのマニラからセブ島へ向け航行中、折から接近中の台風6号による波浪の中でエンジンが故障。同国中部のロンブロン州シブヤン島沖合で高波を受けて転覆し、乗員乗客825人中、船長を含む773人が死亡または行方不明となった[3][4][5][6]

荒天の中、事故直後から沿岸に漂着した乗客の救助が行なわれ、同月26日から沿岸警備隊ダイバーアメリカ海軍による救難活動が展開されたが、台風による荒天の影響、違法に積載されていた多量の殺虫剤[7]による二次災害の懸念から翌日に中断されるなど[8]、捜索、遺体収容は難航、乗員乗客825名のうち、船長を含む773名が死亡または行方不明となる大規模な海難事故となった。

フィリピン政府は同月23日、運航会社の責任を指摘したうえで会社が保有するすべての船舶を一時運航禁止にする措置を講じた[3]。なお、捜索に関わったダイバーに対しては健康診断が実施された[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新日本海フェリー 会社案内 沿革”. 新日本海フェリー. 2015年10月31日閲覧。
  2. ^ 神戸地方海難審判庁 (1997-01-31) (PDF). 平成8年神審第71号 旅客船フェリーらいらっくプレジャーボート飛龍衝突事件 (Report). 海難審判・船舶事故調査協会. http://www.maia.or.jp/pdf/08kb071.pdf 2016年2月14日閲覧。. 
  3. ^ a b フィリピン沖で沈没の大型フェリー、生存者28人を発見 - AFPBB News(2008年6月23日付、2010年8月16日閲覧)
  4. ^ 台風通過中のフィリピンでフェリー沈没、700人超が行方不明 - ロイター(2008年6月22日)
  5. ^ 乗客ら800人の捜索続く 新たに28人の生存者 - 47NEWS(共同通信社、2008年6月23日)
  6. ^ 人数については報道機関によりまちまちとなっている。
  7. ^ フィリピン国内で危険物を客船で輸送することは違法であるが、約10トンのエンドスルファンが積載されていた。
  8. ^ a b 沈没フェリーが積載していた殺虫剤の回収作業始まる、フィリピン - AFPBB News(2008年6月30日付、2010年8月16日閲覧)