フェリーとね

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
フェリーしらゆりから転送)
移動先: 案内検索
フェリーとね
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本
所有者 東九フェリー(1973-1975)
新日本海フェリー(1975-1987)
大阪国際フェリー(1989-1993)
運用者 東九フェリー(1973-1975)
新日本海フェリー(1975-1987)
大阪国際フェリー(1989-1993)
建造所 幸陽船渠
姉妹船 フェリーてんりゅう
IMO番号 7302110
経歴
起工 1973年
進水 1973年
竣工 1973年
就航 1973年12月
要目
総トン数 8,194トン(フェリーとね)
9,757トン(檀皇)
全長 160.5m
型幅 26.4m
型深さ 13.8m
機関方式 ディーゼル
推進器 プロペラ2軸
出力 9,000PS×2基
旅客定員 580名
乗組員 54名
テンプレートを表示

フェリーとねは、東九フェリーが運航していたフェリー。後に新日本海フェリーフェリーしらゆり大阪国際フェリー檀皇としても就航した。

概要[編集]

関光汽船が設立した東九フェリーの航路開設にあたり、僚船のフェリーてんりゅうとともに幸陽船渠で建造され、1973年12月に東京~小倉(日明)航路へ就航[1]した。

1975年10月、すずらん丸と交換で、フェリーてんりゅうとともに新日本海フェリーに売船され、フェリーしらゆりとなる[2]1980年2月からは新潟~小樽航路へ転配された。1987年4月、ニューしらゆりの就航により引退、係船される。

その後、韓国の国際フェリーが購入、檀皇と改名して、1989年4月より大阪釜山航路に大阪国際フェリーとして就航した。1990年7月に日本側の発着地を神戸港に変更したが、1993年2月に航路が運休となり係船され、1997年フィリピンに売却された。

船内[編集]

壇皇時代

Cデッキ
  • インフォメーション
  • レストラン
  • マルチホール
  • 免税店
  • 2等室カーペット(5名1室・9名1室・10名2室・11名1室・20名2室・8名2室)
  • 2等室ベッド(54名1室・44名1室)
Bデッキ
  • サロン
  • 貴賓室(洋室 2名×2室)
  • 特等室(洋室 2名×4室)
  • 1等室(和室 4名14室)
  • 特2等室(洋室 14名4室)
  • 2等室カーペット(8名2室・11名5室・13名2室・15名4室・16名2室)
  • 2等室ベッド(54名1室・44名1室)

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ オーシャントランス株式会社 会社沿革”. オーシャントランス株式会社. 2015年11月1日閲覧。
  2. ^ 新日本海フェリー 会社案内 沿革”. 新日本海フェリー. 2015年10月31日閲覧。