ニューすずらん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニューすずらん
20080814-Piraeus-Kriti1.jpg
KRITI I時代のニューすずらん
基本情報
船種 フェリー
船籍 日本の旗 日本(1979-1996)
ギリシャの旗 ギリシャ(1996-)
所有者 新日本海フェリー(1979-1996)
en:ANEK LINES(1996-)
運用者 新日本海フェリー(1979-1996)
en:ANEK LINES(1996-)
建造所 幸陽船渠
母港 小樽
姉妹船 ニューゆうかり
信号符字 SZRD
IMO番号 7814046
MMSI番号 237022000
改名 ニューすずらん(1979-1996)
KRITI I(1996-)
経歴
起工 1978年
竣工 1979年
就航 1979年5月
運航終了 1996年6月
現況 ギリシャの旗 ギリシャで就航中
要目
総トン数 16,239トン(竣工時)
14,624トン(改造後)
全長 191.8m 
型幅 29.4m
型深さ 9.0m
機関方式 ディーゼル
推進器 2軸
出力 16,000PS×2基
速力 22.5ノット
旅客定員 872名
車両搭載数 トラック163台、乗用車40台(竣工時)
トラック189台、乗用車85台(改造後)
テンプレートを表示

ニューすずらんは、新日本海フェリーが運航していたフェリー

概要[編集]

同型船のニューゆうかりとともに幸陽船渠で建造され、1979年5月に敦賀小樽航路に就航した[1]。就航当時、日本最大のフェリーだった。

1996年6月、すずらん(初代)すいせん(初代)と交代して引退。

ギリシャen:ANEK Linesへ売却され、改造を受けてKRITI Iとなり、ピレウス - ヘラクリオン航路などを中心に就航している。

設備[編集]

新日本海フェリーの新造船のうちフェリーあかしあまで採用されていた観音開きのバウドアにかえて、跳ね上げ式バウバイザーを装備している。

最上甲板に設置されたダミーファンネルの内部は、スカイラウンジとなっていた。 1981年に車両甲板を拡大してトラック搭載数を増加する工事を実施、総トン数が減少した。後の改造でA甲板後部に2等船室とスポーツデッキが増設された。

船室[編集]

  • スイートルーム
  • 特別室
  • 特等
  • 1等
  • 2等寝台
  • 2等


脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 新日本海フェリー 会社案内 沿革”. 新日本海フェリー. 2015年10月31日閲覧。

外部リンク[編集]