ブラック・マジシャン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ブラック・マジシャンは、

  1. 黒魔術を使用する魔法使い
  2. 高橋和希の漫画である遊☆戯☆王およびその派生作品に登場するキャラクター。
  3. 2から派生した遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームに登場する架空のモンスターの一種であり、またそのカード名を指す。

本稿では 2.および 3.について記述する。

データ[編集]

  • 分類:通常モンスター
  • レベル:7 (漫画では6)
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2500
  • 守備力:2100

概要[編集]

」属性で、種族は「魔法使い族」の通常モンスター。独特な魔法使いの帽子衣装を身に付け、魔法を手に持った冷徹そうな男性魔術師の姿をしている。 弟子に「ブラック・マジシャン・ガール」がいる。

遊☆戯☆王』の主人公・武藤遊戯とアテム(闇遊戯)が最も信頼するエースモンスターカードで、彼らにとっては最強のしもべであり「仲間」の一人(後に遊戯も「闘いの儀」で「ブラック・マジシャン」と対峙した際、改めてそれを実感している)。

物語終盤には、アテム(闇遊戯)に仕えた古代エジプト神官「マハード」が自身の精霊「幻想の魔術師」と融合した姿が元であったなど、過去での因縁が判明した。

原作では当初、弟子である「ブラック・マジシャン・ガール」と同じレベル6であったが、後に遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームと同じレベル7に修整された。

攻撃名は「黒・魔・導(ブラック・マジック)」。

遊☆戯☆王オフィシャルカードゲームの中では「青眼の白龍」とともに知名度が高く、サポートカードや派生カードも多い。略称は「ブラマジ[1]BM」など。

攻撃力2500と青眼の白龍の3000には及ばないが、その多様なサポートカードを生かし、トリッキーな戦術を取ることができる。

また、攻撃力2500と融合及び儀式などによる強化や進化、モンスター・魔法・罠などによる様々なサポートカードと言う立場は、武藤遊戯をはじめとして、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の遊城十代が使用する「E・HERO ネオス」とコンタクト融合やサポートカード、『遊☆戯☆王5D's』の不動遊星が使用する「スターダスト・ドラゴン」を初めとした更なるシンクロ召喚や強化召喚、『遊☆戯☆王ZEXAL』の九十九遊馬が使用する「No.39 希望皇ホープ」と強化形態、魔法カードを使用した進化形態とサポートモンスターやサポートカード、『遊☆戯☆王ARC-V』の榊遊矢の使用する「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」と、後のシリーズの主人公のスタンダートとなる、まさに先駆けのモンスターである。

アニメ・原作漫画での使用者[編集]

武藤遊戯(アテム)
遊☆戯☆王』の登場人物。祖父・双六から譲り受けたモンスターカード。このカード自身には特殊効果は無いが、豊富な専用サポート魔法が存在するため、様々なコンボを狙える。遊戯が最も信頼するしもべであり、ブラック・マジシャン自身も自我を持ち、遊戯に忠誠を誓っているような描写がある。
弟子の「ブラック・マジシャン・ガール」登場後は単体での活躍の場は減ったものの、重要な場面では弟子とともに登場することが多かった。
『GX』の最終デュエルである遊城十代戦では、十代のエースカードであるE・HERO ネオスと相打ちした。
必殺技は黒・魔・導(ブラック・マジック)魔導波魔連弾
声:小嶋一成下崎紘史(『GX』)
パンドラ
遊☆戯☆王』の登場人物。レアカードハンターの集団、グールズの一員。遊戯のブラック・マジシャンとはカラーリングの異なるブラック・マジシャンを使用する。
声:高橋広樹
神楽坂
アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の登場人物。ラーイエロー所属。デュエルアカデミアに展示されることとなった遊戯のデッキのレプリカを盗んだ。そのため、遊戯のブラック・マジシャンと同じデザインのブラック・マジシャンを使用していた。

関連OCGカード[編集]

モンスターカード[編集]

アニメ登場カード[編集]

マジシャン・オブ・ブラック・カオス
  • 分類:儀式モンスター
  • レベル:8
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2800
  • 守備力:2600
初登場は「決闘者の王国編」における「闇遊戯vsペガサス」戦(2戦目)。原作ではこれ一回きりだが、後にアニメオリジナル「乃亜編」にて登場する。
儀式魔法「カオス-黒魔術の儀式」を使用することで、儀式召喚できる儀式モンスター。のちにリメイク版として、「混沌の黒魔術師」が登場した。
攻撃名は「滅びの呪文[2]デス・アルテマ」。
アニメでは、「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」と共に「黒魔術三銃士」とも称され、合体攻撃「トリプル・ブラック・マジック」も披露した。
黒衣(こくい)大賢者(だいけんじゃ)
  • 分類:効果モンスター
  • レベル:9
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2800(アニメでは100)
  • 守備力:3200
「決闘者の王国編」におけるアニメオリジナルデュエル「闇遊戯vs城之内」戦にて登場。「時の魔術師」の効果によって、「ブラック・マジシャン」が1000年の時を超えた姿。
このカードがフィールドに存在する限り、自分のターンと相手ターン毎に1度、デッキから魔法カードを手札に加え効果を使用できる効果を持つ。
OCGでは、「時の魔術師」の効果成功時に「ブラック・マジシャン」をリリースして手札かデッキから特殊召喚し、自分のデッキから魔法カード1枚を手札に加える効果になる。
ブラック・マジシャン・ガール
声:大浦冬華歌原仁美中尾友紀
  • 分類:効果モンスター
  • レベル:6
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2000
  • 守備力:1700
遊戯の愛用カードの一つ。初登場はバトルシティ編の「闇遊戯vsパンドラ」戦。通称「BMG」「ブラマジガール」「弟子」「マナ」。
お互いの墓地の『ブラック・マジシャン』と『マジシャン・オブ・ブラックカオス』1体につき、攻撃力が300(原作では500)ポイントアップする効果を持つ。
TVシリーズでは自らの意思を持っている描写が見られ、オレイカルコスの力に捕らわれた闇遊戯を悲しい眼で見たり、デュエルモンスターの精霊が集う異世界・デュエルモンスターズ界に案内した。さらに、ドーマ編では師匠を差し置いて「魂のカード」と呼ばれるなど、ヒロイン的な扱いを受けている。『GX』最終話においても、闇遊戯が登場した際に彼の方を一瞬振り向いている。
攻撃名は「黒・魔・導・爆・裂・破(ブラック・バーニング)」、師であるブラック・マジシャンとの同時攻撃では「黒・爆・裂・破・魔・導(ブラック・バーニング・マジック)」、Rでの「拡散する波動」とのコンボ攻撃名は「超・魔・導・波・動・弾」(OCGでは「拡散する波動」にレベル7以上と制限が付いてしまったため、そのままではこのコンボは使用できない)、アニメでの特殊召喚した魔法使い族モンスターのレベルを2つ上げる「魔法大学」と「拡散する波動」のコンボ攻撃名は「ブラック・バーニング・バースト」。
『GX』では遊戯のみが所有しているカードという設定で、遊戯以外のデュエリストがこのカードを使う描写はないが、デュエル・アカデミアに展示されることになった遊戯のデッキのレプリカのカードとして登場したり、最終話では遊城十代とのデュエルで過去の遊戯がワタポンを生贄にして召喚した。
超魔導剣士(ちょうまどうけんし)-ブラック・パラディン
  • 分類:融合・効果モンスター
  • レベル:8
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2900
  • 守備力:2400
  • 融合素材:「ブラック・マジシャン」+「バスター・ブレイダー」
初登場は「バトルシティ編」準決勝の「闇遊戯vs海馬」戦。
フィールド上のドラゴン族モンスター1体につき、500ポイントアップする効果を持つ。
攻撃名は「超・魔・導・無・影・斬」、「拡散する波動」を使用した場合は「超・魔・導・烈・破・斬」。
OCGでは、手札を1枚捨てることで魔法の発動を無効にしてそれを破壊することができる効果と、「このカードの攻撃力は全てのフィールド上と墓地のドラゴン族モンスター1体につき500ポイントアップするという範囲を広げた効果を持ち、強化されている。
黒炎(こくえん)騎士(きし)-ブラック・フレア・ナイト-
  • 分類:融合・効果モンスター
  • レベル:6
  • 属性:炎
  • 攻撃力:2200
  • 守備力:800
  • 融合素材:「ブラック・マジシャン」+「炎の剣士」
アニメオリジナル「乃亜編」における「遊戯&城之内vsビッグ5」戦にて登場。
戦闘によって発生するこのカードのコントローラーへのダメージは0になるという効果と、このカードが戦闘で破壊されて墓地へ送られた時、自分のデッキか手札から『幻影の騎士-ミラージュ・ナイト-』1体を特殊召喚するという効果を持つ。
幻影(げんえい)騎士(きし)-ミラージュ・ナイト-
  • レベル:8
  • 属性:光
  • 種族:戦士族
  • 攻撃力:2800
  • 守備力:2000
アニメオリジナル「乃亜編」における「遊戯&城之内vsビッグ5」戦にて登場。
ダメージ計算時、このカードの攻撃力に相手モンスターの元々の攻撃力を加えるという効果と、戦闘を行ったターンのエンドフェイズ時にこのカードをゲームから除外し「ブラック・マジシャン」と「炎の剣士」を蘇生する効果を持つ。
OCGでは、蘇生する効果を失っている。
ブラック・マジシャンズ・ナイト
  • 分類:効果モンスター
  • レベル:7
  • 属性:闇
  • 種族:戦士族
  • 攻撃力:2500
  • 守備力:2100
アニメオリジナル「乃亜編」における「遊戯&城之内vsビッグ5」戦にて登場。
アニメでは効果を持たない、戦士族になっただけのブラック・マジシャンという扱いだった。
OCGでは、「騎士の称号」の効果でのみ特殊召喚が可能で、特殊召喚に成功した時、フィールド上のカード1枚を破壊する効果を持つ。
呪符竜(アミュレット・ドラゴン)
  • 分類:融合・効果モンスター
  • レベル:8
  • 属性:闇
  • 種族:ドラゴン族
  • 攻撃力:2900
  • 守備力:2500
  • 融合素材:「ブラック・マジシャン」+ドラゴン族モンスター
アニメオリジナル「ドーマ編」における「遊戯vsラフェール」戦にて登場。
自分の墓地の魔法カードを全て除外し、除外した数×300だけ攻撃力を上げる効果を持つ。
OCGでは、相手の墓地の魔法カードを任意と関与することが出来たが、攻撃力を上げる数値がカードの数×100と減っている。またこのカードが破壊された場合、墓地の魔法使い族モンスターを対象としてそのモンスターを特殊召喚すると言う効果が追加されている。
熟練(じゅくれん)黒魔術師(くろまじゅつし)
  • 分類:効果モンスター
  • レベル:4
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:1900
  • 守備力:1700
アニメオリジナル「KCグランプリ編」における「闇遊戯vsヴィヴィアン」戦にて登場。
OCGに準拠してお互いが魔法を発動するたびに、このカードに魔力カウンターを1個乗せて(最大3個まで)、魔力カウンターが3個乗っている状態のこのカードをリリースすることで、自分の手札・デッキ・墓地から『ブラック・マジシャン』を1体特殊召喚すると言う効果を持つ。
黒の魔法神官(マジック・ハイエロファント・オブ・ブラック)
  • レベル:9
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:3200
  • 守備力:2800
劇場版『光のピラミッド』における「闇遊戯vs海馬」戦にて登場。
罠カードの効果が発動したときそれを無効にして破壊する効果と、1ターンに一度、相手モンスター1体の攻撃力を自分の墓地の魔法使い族モンスターの数だけ500ポイントダウンさせる効果と、2つの効果を持つ。
攻撃名は「セレスチュアル・ブラック・バーニング」。
OCGでは、攻撃力をダウンさせる効果を失っている。
混沌(こんとん)黒魔術師(くろまじゅつし)
  • 分類:効果モンスター
  • レベル:8
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2800
  • 守備力:2600
アニメGXにおける「十代vs神楽坂」戦にて登場。
「マジシャン・オブ・ブラック・カオス」のリメイク版のため、代わりにこちらを召喚される。
効果はOCG(エラッタされる前)に準拠しており、召喚・特殊召喚に成功した時自分の墓地の魔法カード1枚を手札に加えることができる効果と、このカードが戦闘で破壊したモンスターはゲームから除外される効果と、このカードがフィールドから離れた場合ゲームから除外される効果を持つ。
攻撃名は「滅びの呪文

OCGオリジナルカード[編集]

黒魔導の執行官(ブラック・エクスキューショナー)
  • レベル:7
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2500
  • 守備力:2100
  • 補足:通常召喚できず、自分フィールド上の「ブラック・マジシャン」1体をリリースした場合のみ特殊召喚可能。墓地からの蘇生など、その他の手段では特殊召喚できない。
効果は「お互いが通常魔法を発動するたびに、相手ライフに1000ダメージを与える」という永続効果。
遊☆戯☆王5D'sにてこのカードの使い手が登場したが、いわゆるやられ役であり、このモンスターの登場も一瞬だった。
幻想(げんそう)黒魔導師(くろまどうし)
  • ランク:7
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2500
  • 守備力:2100
  • エクシーズ素材:レベル7モンスター×2
  • 補足:このカードは自分フィールド上の魔法使い族・ランク6のエクシーズモンスターの上にこのカードを重ねてエクシーズ召喚する事もできる。
効果は「1ターンに1度、このカードのエクシーズ素材を1つ取り除くことで手札・デッキから魔法使い族の通常モンスター1体を特殊召喚する」という起動効果、「魔法使い族の通常モンスターが攻撃宣言時、相手フィールド上のカードを1枚選択し除外する。この効果は1ターンに1度しか使えない」という誘発効果。
「ブラック・マジシャン」そのものというよりは神官マハードの精霊「幻想の魔術師」がモチーフになっている。
伝説の闇の魔導師(レジェンダリー・マジシャン・オブ・ダーク)
  • ランク:7
  • 属性:闇
  • 種族:魔法使い族
  • 攻撃力:2500
  • 守備力:2100
  • エクシーズ素材:レベル7モンスター×3
  • 補足:このカードは公式デュエルでは使用できない。
効果は「魔法使い族モンスターをエクシーズ素材として持っているこのカードが直接攻撃によって相手ライフを0にした場合、このカードのコントローラーはマッチに勝利する」というもの。
先述した通り大会などでは使用できないが、遊☆戯☆王の日では使用可能である他、フリーデュエルなどでも相手の了承を得れば使うことができる。

魔法・罠カード[編集]

千本(サウザンド)ナイフ
  • 分類:通常魔法カード
効果は「自分のフィールドに『ブラック・マジシャン』が存在する場合に発動できる。相手フィールド上のモンスター1体を破壊する」というもの。
原作ではパンドラだけが使用していたが、アニメでは遊戯も使用している。『GX』では、なぜか読みが「せんぼんナイフ」となっていた。
奇跡(きせき)復活(ふっかつ)
  • 分類:通常罠カード
自分フィールド上の魔力カウンターを2個取り除き、発動するカード。効果は「自分の墓地にある『ブラック・マジシャン』か『バスター・ブレイダー』1体を特殊召喚する」というもの。
(ひかり)(やみ)洗礼(せんれい)
  • 分類:速攻魔法カード
効果は「自分フィールド上の『ブラック・マジシャン』1体をリリースすることで発動し、自分の手札・墓地・デッキから『混沌の黒魔術師』1体を特殊召喚する」というもの。しかし、2008年9月1日に「混沌の黒魔術師」は禁止カードになってしまい利用価値はなかったが、2015年4月1日からは「混沌の黒魔術師」は制限カードに復活したため、利用価値は上がった。
魔術(まじゅつ)呪文書(じゅもんしょ)
  • 分類:装備魔法カード
「ブラック・マジシャン」や「ブラック・マジシャン・ガール」にのみ装備可能な装備魔法。効果は「装備モンスターの攻撃力は700アップする。このカードがフィールド上から墓地に送られた時、自分は1000ライフポイント回復する」というもの。
騎士(きし)称号(しょうごう)
  • 分類:通常魔法カード
自分フィールド上に表側表示で存在する『ブラック・マジシャン』1体をリリースして発動する。効果は「自分の手札・デッキ・墓地から『ブラック・マジシャンズ・ナイト』1体を特殊召喚する」というもの。
アニメでは「フィールド上のモンスター1体の種族を戦士族に変更する」という効果のみを持ったカードだった。
賢者(けんじゃ)宝石(ほうせき)
  • 分類:通常魔法カード
効果は「自分フィールド上に『ブラック・マジシャン・ガール』が表側表示で存在する場合に発動できる。自分の手札かデッキから『ブラック・マジシャン』1体を特殊召喚する」というもの。
黒・魔・導(ブラック・マジック)
  • 分類:通常魔法カード
効果は「自分のフィールドに『ブラック・マジシャン』が存在する場合に発動できる。相手フィールド上の魔法・罠カードを全て破壊する」というもの。
「ブラック・マジシャン」の必殺技をカード化したもので、「ハーピィの羽根箒」と同じ効果を持つ。
黒魔術(くろまじゅつ)のカーテン
  • 分類:通常魔法カード
効果は「このカードを使用する場合、このターン、召喚・反転召喚・特殊召喚できない。ライフを半分払い、自分のデッキから『ブラック・マジシャン』1体を特殊召喚できる」というもの。
「千本ナイフ」同様、原作ではパンドラだけが使用していたが、アニメでは遊戯も使用している。また、原作ではフィールド魔法だった。
ティマイオスの(まなこ)
  • 分類:通常魔法カード
「ティマイオスの眼」は1ターンに1枚しか発動できない。(1)の効果は「自分フィールド上の『ブラック・マジシャン』モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを融合素材として墓地へ送り、そのカード名が融合素材として記されている融合モンスター1体をエクストラデッキから融合召喚する」というもの。また、「このカードのカード名はルール上「伝説の竜 ティマイオス」としても扱う」というルールも持つ。
対象とするモンスターは厳密には「『ブラック・マジシャン』と名のついたモンスター」であるため、「ブラック・マジシャン・ガール」を対象とすることもできる。
アニメでは「名もなき竜」と呼ばれるカードの一枚であり、モンスターカードと「合体」することで新たなモンスターとなる効果を持っていた。「ブラック・マジシャン」と合体し上記の「呪符竜」に、「ブラック・マジシャン・ガール」と合体し「竜騎士ブラック・マジシャン・ガール」となった。アニメにおいては合体するのは「ブラック・マジシャン」モンスターである必要はなく、遊戯も「毒蝶-ポイズン・バタフライ」との合体を試みたが不発に終わっている。

脚注[編集]

  1. ^ 劇場版 遊☆戯☆王 〜超融合!時空を越えた絆〜遊城十代、『ZEXAL』第15話で主人公・九十九游馬がこの略称で呼んでいる。
  2. ^ アニメでは、「カオスマジック」と読んだこともある。