ブラックライダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ブラックライダー
Black Moon Rising
監督 ハーレー・コクリス
脚本 ジョン・カーペンター
ウィリアム・グレイ
デズモンド・ナカノ
原案 ジョン・カーペンター
製作 ダグラス・カーティス
ジョエル・B・マイケルズ
製作総指揮 ジョン・カーペンター
出演者 トミー・リー・ジョーンズ
リンダ・ハミルトン
ロバート・ヴォーン
音楽 ラロ・シフリン
撮影 ミーシャ・スースロフ
編集 トッド・C・ラムゼイ
配給 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1986年1月10日
日本の旗 1986年10月10日
上映時間 100分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 アメリカ合衆国の旗$6,637,565[1]
テンプレートを表示

ブラックライダー』(原題:Black Moon Rising)は、1986年制作のアメリカ合衆国カーアクション映画

ジョン・カーペンターが原案・脚本・製作総指揮を務め、トミー・リー・ジョーンズリンダ・ハミルトンロバート・ヴォーンらが出演した。

あらすじ[編集]

FBI脱税容疑で公判中の会社を追い詰める証拠となるテープを、元CIAエージェントだったフリーランサーのクイントに盗ませた。

その頃、新型車ブラック・ムーンがロサンゼルスの高級レストランの駐車場に展示された。開発者のアールと知り合いであるクイントはブラック・ムーンの後部にテープを一時的に隠しておき、合流した捜査官に渡す事にしていた。

ところが、そのブラック・ムーンが車泥棒に盗まれてしまい、クイントは72時間以内にテープを探し出すよう言い渡される。

クイントは盗まれたブラック・ムーンがある巨大なビルに入ったのを確かめる。このビルは実業家ライランドのもので、内部は要塞のようになっており、方々から盗まれた車の改造作業が行なわれていた。

クイントはブラック・ムーンを盗んだ女車泥棒ニーナに接近し、ブラック・ムーンとテープを奪還しようと試みる。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替[2](ソフト未収録)

脚注[編集]

  1. ^ Box Office Mojo
  2. ^ 初放送1988年11月6日 テレビ朝日日曜洋画劇場』。

外部リンク[編集]