ブッシュ (スヌープ・ドッグのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
BUSH
Snoop Doggスタジオ・アルバム
リリース
録音 Glenwood Place Studios
Studio At The Palms
Thomas Crown Studio
Circle House Studios
Conway Studios
Crescent Moon Studios
The Studio At The Setai
The Hit Factory Criteria
South Beach Studios
Record Plant
Studio 26
Estudio Santito
No Excuses Studios
ジャンル West Coast Hip Hop
時間
レーベル Doggystyle Records / EMI
i am OTHER / Columbia Records
プロデュース Pharrell Williams
専門評論家によるレビュー
チャート最高順位
  • 13位(カナダ[1]
  • 14位(アメリカ[2]
  • 23位(フランス[3]
  • 25位(イギリス[4]
  • 27位(日本オリコン[5]
  • 32位(ドイツ[6]オーストラリア[7]
  • Snoop Dogg アルバム 年表
    7 Days of Funk
    2013年
    Bush
    (2015年)
    『Bush』収録のシングル
    1. 「Peaches N Cream」
      リリース: 2015年3月10日
    2. 「So Many Pros」
      リリース: 2015年4月14日
    3. 「California Roll」
      リリース: 2015年5月5日
    テンプレートを表示

    BUSH』(ブッシュ)は、スヌープ・ドッグの13枚目のアルバム2015年5月12日Doggystyle RecordsEMI)、i am OTHERColumbia Records)より発売。

    概要[編集]

    前作「7 Days of Funk」から2年ぶりのアルバム。プロデューサーには「第56回グラミー賞」で最優秀プロデューサー賞となったPharrell Williamsを迎え、ゲストミュージシャンにはStevie WonderCharlie Wilson、ラッパーのT.I.Kendrick LamarRick Rossらが参加するなど、豪華なアルバムとなっている。Snoopは「本当に考えるだけでも恐ろしいんだが、制作するにあたって、Dr. Dreとの作品と『Drop It Like It's Hot[8]を越えなければならなかった。Dr. DreとPharrellは今のオレの偉大さを支えているよ。そしてオレのキャリアの頂点はDr. Dreの『2001』とPharrellとの曲である『Beautiful』と『Drop It Like It's Hot』。さらに今回のアルバムが加わったんだ」[9]

    Snoopが一番大事にしていたのはボーカルだという。「ラッパーだとボーカルは完璧じゃなくてもいい。何でもアリだから。でもボーカリストはそうじゃない。準備から歌う最中まで身体のどこから声を出すか、細部にわたって考えなければならないんだ」[10]

    プロデュースを担当したPharrellは冗談交じりで「『G I R L[11]より良いアルバムになったよ!」と話している[10]

    収録曲[編集]

    1. California Roll [4:12]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
      • 2015年5月5日に先行シングルとしてリリース。客演にStevie Wonderが参加。レコーディング中にSnoopの頭の中でStevieの歌が聴こえ始めたため、急遽Stevieに連絡。Pharrellとレコーディングしていることを伝えると、1時間後に到着し、制作に参加したという。Pharrellは「この曲はスシロールみたいだね。あらゆるものが重なっていて、いろんなことが同時に起きているんだ。レコーディング現場ではナーバスになってて、Stevieに対してあまりディレクションできなかったんだけど、彼は素晴らしいサウンドにしてくれた。流石だよ。Snoopの歌声も最高だ。レコーディング翌日に聴いてみたら、魔法のような多重サウンドになっているんだ。本当に最高の曲に仕上がったよ」[10]
    2. This City [3:33]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams, Kelly Sheehan / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
    3. R U A Freak [3:45]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
    4. Awake [3:43]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
    5. So Many Pros [4:06]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
      • 2015年4月14日に先行シングルとしてリリース。ミュージック・ビデオはブラックスプロイテーションムービーをはじめとする、様々な映画のオマージュが散りばめられている。Snoopは「今の自分を築き上げる過程で影響を受けた映画の人物になりきれて、それを自分のミュージック・ビデオで実現できるなんて滅多にない経験だよ」と話している[10]
    6. Peaches N Cream [4:43]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams, Cornell Haynes, Jr., Garry Shider, George Clinton, Mary Brockert, Walter Morrison, Robert Ginyard, Jr / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
      • 2015年3月10日に先行シングルとしてリリース。客演にCharlie Wilsonが参加。Rob Base & D.J. E-Z Rockが1988にリリースした「It Takes Two」、Funkadelicが1978年にリリースした「One Nation Under A Groove」、Teena Marieが1980年にリリースしたアルバム「Irons in the Fire」収録曲「I Need Your Lovin'」の3曲をサンプリングしている。レーベル側が今回の先行シングル第1弾にこの曲を選んだが、Snoopは「それはイメージしてなかった。『So Many Pros』の方が勢いがあると思ったんだよ。でも周りの人間に聴かせてみたり、一人の音楽ファンとして聴いたところ、この曲もヤバいなと思ったよ。ロンドンで大勢の人間に聴かせたらみんなノリノリだったんだよ。ボディーランゲージは嘘をつかないだろ?いい音楽の定義はボディーランゲージだしな」。それに対しPharrellは「最近、自分にとって気持ちいい音をまず作って、それを聴いた人々の意見があれば、なるべく取り入れようという姿勢になったんだ。20年前なら好き勝手にやってよかったかもしれないけど、今はファンの意見を無視したらダメなんだよね」[9]
    7. Edibles [3:21]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams, Clifford Harris, Jr, Ted Chung / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
      • 客演にT.I.が参加。
    8. I Knew That [3:59]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
    9. Run Away [5:13]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams, Brent Paschke / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
      • 客演にGwen Stefaniが参加。レコーディング後にSnoopが絶賛していたが、Pharrellが新鮮味が足りないと言って再レコーディングを行った。一か月悩んだ末、アルゼンチンでアイデアが生まれ完成。Snoopは「Pharrellは最高の曲を作ってきてくれたし、何よりもオレのためにそれだけ一生懸命やってくれたことがうれしかったよ」[9]
    10. I'm Ya Dogg [4:38]
      (作詞・作曲:Calvin Broadus, Pharrell Williams, Kendrick Lamar, William Roberts / 編曲:Andrew Coleman, Mike Larson)
    日本盤ボーナストラック
    1. Peaches N Cream (Instrumental) [4:44]

    クレジット[編集]

    California Roll
    • Stevie Wonder:Vocals, Harmonica
    • Brent Paschke:Acoustic Guitar, Electric Guitar
    • Pharrell Williams:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Jacob Dennis, Jason Patterson, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    This City
    • Brent Paschke:Electric Guitar
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Kelly Sheehan:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson, Kelly Sheehan
    • Assisted Recorded by Eric Weaver, Jacob Dennis, Matthew Desrameaux, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    R U A Freak
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Danny Ponce, Eric Weaver, Jacob Dennis, Jacob Patterson, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    Awake
    • Andrew Coleman:Moog, Electric Guitar
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Pharrell Williams:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Eric Weaver, Jacob Dennis, Nick Valentin, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    So Many Pros
    • Brent Paschke:Electric Guitar
    • Chad Hugo:Backing Vocals
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Pharrell Williams:Backing Vocals
    • Rhea Dummett:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Dustin Breeden, Eric Weaver, Hart Gunther, Jacob Dennis, Jason Patterson, Paul Bailey, Todd Hurtt, Ward Kuykendall
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    Peaches N Cream
    • Charlie Wilson:Vocals
    • Brent Paschke:Electric Guitar
    • Nelly:Backing Vocals
    • Pharrell Williams:Backing Vocals
    • Rhea Dummett:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Chad Jolley, Eric Weaver, Jacob Dennis, Jason Patterson, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    Edibles
    • T.I.:Vocals
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Additional Production:Chad Hugo
    • Recorded by Andrew Coleman
    • Assisted Recorded by Eric Weaver, Ghazi Hourani, Hart Gunther, Jacob Dennis, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    I Knew That
    • Brent Paschke:Electric Guitar
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Pharrell Williams:Backing Vocals
    • Rhea Dummett:Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Eric Weaver, Hart Gunther, Jacob Dennis, Jacob Patterson*, PJ McGinnis, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands, Pharrell Williams
    Run Away
    • Gwen Stefani:Vocals
    • Brent Paschke:Electric Guitar
    • Fatima Robinson:Additional Vocals, Claps
    • Helen Williams:Additional Vocals, Claps
    • Pharrell Williams:Additional Vocals, Claps
    • Phi Hollinger:Additional Vocals, Claps
    • Rhea Dummett:Additional Vocals, Claps, Backing Vocals
    • Andrew Coleman:Digital Editing
    • Mike Larson:Digital Editing
    • Recorded by Andrew Coleman, Mike Larson
    • Assisted Recorded by Eric Weaver, Esteban Kralj, Hart Gunther, Jacob Dennis, Nick Valentin, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Eylands
    I'm Ya Dogg
    • Kendrick Lamar:Vocals
    • Rick Ross:Vocals
    • Charlie Wilson:Backing Vocals
    • Rhea Dummett:Backing Vocals
    • Recorded by Andrew Coleman, Derek "MixedByAli" Ali, Hart Gunther, James Hunt
    • Assisted Recorded by Dustin Breeden, Eric Weaver, Jacob Dennis, Paul Bailey, Todd Hurtt
    • Mixed by Mick Guzauski
    • Assisted Mixed by Eric Weaver


    • Mixed at Mick's Room
    • Mixed at Conway Studios
    • Mastered by Brian "Big Bass" Gardner, Mike Bozzi (at Bernie Grundman Mastering)

    脚注[編集]

    1. ^ Canadian Albums billboard
    2. ^ Billboard 200 billboard
    3. ^ SNOOP DOGG - BUSH (ALBUM) Les Charts
    4. ^ Album - BUSH Official Charts
    5. ^ スヌープ・ドッグ - ブッシュ オリコン
    6. ^ Snoop Dogg - BUSH Offizielle Deutsche Charts
    7. ^ SNOOP DOGG - BUSH (ALBUM) Australian Charts
    8. ^ 2004年にPharrellを客演に迎えリリースした楽曲。全米・全英チャート1位を記録した。
    9. ^ a b c 【インタビュー】スヌープ・ドッグ「これは超ヤバい!」 Barks (2015年5月20日)
    10. ^ a b c d Snoop Doggとファレル、世界的スター2人の意外な共存関係 CINRA (2015年5月22日)
    11. ^ Pharrellが前年にリリースしたアルバム。全英チャート1位を記録した。

    外部リンク[編集]