フランスの政党

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

フランスの政党は、フランス政党について説明する。

概要[編集]

フランスにおいて、議会外に組織を有する政党が結成されたのは20世紀に入ってからで、それまでは議会内で結成された議員グループに留まっており、離合集散が頻繁だった。まず1901年に中道政党として共和党、急進党、急進社会主義党が結成され、1905年には左派政党としてSFIO(労働者インターナショナルフランス支部、通称「社会党」)が結成された。また1920年にはSFIOから離党した勢力がPCF(フランス共産党)を結成した。

政党規律が弱く離合集散が頻繁だったことも影響して、第四共和政までのフランスは小党分立状態が続き、そのため内閣は頻繁な交代を余儀なくされ、政治的不安定の一因となっていた。

第五共和政における国会議員選挙と大統領選挙に二回投票制が導入された結果、政党再編と左派と右派の2つの政党ブロックへの統合が進んだ。左派はSFIOの後継政党として1969年に結成されたPS(社会党)とPCF、右派ド・ゴール主義者の政党であるRPR(共和国連合)とジスカール・デスタン支持派が結集した政党連合であるUDF(フランス民主連合)がそれぞれブロック内における二大政党となりフランスにおける政党制は二大ブロック四大政党制となった。

しかし1980年代以降、左派ブロックではPSが優位を占めPCFが没落、右派ブロックではRPRとUDFが2002年大統領選挙を前に統合を果たし、大統領多数派連合を経て同年11月にUMP(国民運動連合)となった。この結果、それまでの二大ブロック四大政党制は左派のPSと右派のUMPによる二大政党制の様相が強くなった。

EU離脱を掲げる政党の筆頭としてUPR(人民共和連合)がある。

政党一覧[編集]

党員の数を基にした一覧
党名 備考
党員数[1] 正式名称 日本語名
120.000[2] Les Républicains 共和党 2015年に国民運動連合が改名したもの。
40.000 Parti Socialiste 社会党
38.000[3] Rassemblement National 国民連合
32.000[4] Union Populaire Républicaine 人民共和連合

参考文献[編集]

  • 大山礼子『制度のメカニズム4 フランスの政治制度』東信堂
  • France Politique 

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]