ピーター・リンチ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Peter Lynch
生誕 (1944-01-19) 1944年1月19日(77歳)
ニュートン, マサチューセッツ州, アメリカ合衆国
出身校ボストン・カレッジ (BA)
ペンシルバニア大学ウォートン校 (MBA)
職業投資家, ポートフォリオマネージャー, 慈善家
雇用者フィデリティ・インベスメンツ (1966 - 1990)
著名な実績マゼラン・ファンドの運用担当者
純資産US$352 million (2006年3月時点)
肩書きピーター・リンチ財団会長
配偶者キャロリン・リンチ英語版 (d. 2015)

ピーター・リンチ1944年1月19日 - )[1]は、アメリカの投資家、 投資信託マネージャー慈善家。フィデリティインベスメンツのファンドマネージャーとしてマゼラン・ファンド [2]を運用。1977年から1990年の間に、リンチは、平均29.2%の年間リターンを達成し、[3]S&P 500株価指数を一貫して二倍以上のアウトパフォームを達成しマゼラン・ファンドを世界最高の投資信託ファンドに押し上げた。 [4] [5] 彼がマゼランファンドの運用担当者であった13年間で、運用資産は1,800万ドルから140億ドルに増加した。 [6]

彼はまた、投資に関する多くの書籍や論文を共著し、 「自分が知っているものに投資しろ」や「 テンバガー など、現代の個人投資家の間でよく知られている名言がある。リンチは彼の優れたパフォーマンス[6] [7]に関して各金融メディアから一貫して「レジェンド」と称えられている。 ベンジャミン・グラハムの本The Intelligent Investorの2003年の更新でジェイソン・ツヴァイクによって「伝説」と呼ばれた。 [4]

ピーターリンチは1944年1月19日にマサチューセッツ州ニュートンで生まれた[1]。 1951年、リンチが7歳のとき、父親が癌と診断された。父は3年後に亡くなり、リンチの母親は家族を養うために働く必要があった。リンチは、10代前半から家計を助けるためにキャディーとして働いていたという[8]。ボストン大学の2年生の時、リンチは貯金を使ってフライングタイガー航空の 100株を1株あたり8米ドルで購入し、株は後に一株当たり80ドルに上昇、そこから得た利益で彼は教育費を支払った[9]

1965年、リンチはボストンカレッジを卒業し、歴史、心理学、哲学を学ぶ。 その後、彼は1968年ペンシルベニア大学 ウォートン校経営管理の修士号を取得した[10]

フィデリティ[編集]

1966年、 マサチューセッツ州ニュートンの ブレイ・バーン・カントリークラブでフィデリティの社長であるD.ジョージ・サリバン等のキャディをしていたため、リンチはフィデリティインベストメントの インターンとして雇用してもらえる機会を得る。 [11] [12] 彼は当初、紙、化学、出版業界を担当し、2年間の軍隊の任務を終えて帰国後、1969年から正社員として採用された。 リンチは繊維、金属、鉱業、および化学産業のリサーチを担当し、1974年から1977年までフィデリティのリサーチディレクターに就任。

フィデリティ・マゼランファンド[編集]

1977年、リンチは、預かり残高が1800万ドルという凡庸なマゼランファンドのファンドマネージャーに任命される。 1990年にリンチがファンドマネージャーを辞任するまでに、ファンドは1,000を超える銘柄を持ち140億ドルを超えるファンドに成長することとなった[13]

1977年から1990年まで、マゼランファンドは年平均リターン29.2%を記録し、2003年時点で、過去20年で最高の投資信託ファンドとなる[4] [14]。 リンチは以下を含むさまざまな銘柄で大きな成功を納めた。(利益順-出所はBeating the Street ): ファニー・メイフォード 、 フィリップ・モリス 、 MCIボルボゼネラル・エレクトリック 、ゼネラル・パブリック・ユーティリティーズ、学生ローン・マーケティング、 ケンパー 、 ロウズ

リンチは数多くの著書を出版している。Worth誌では一連の投資記事を寄稿し、各著書で言及した企業の概念や詳細についてさらに詳しい見解を示した。

市場が下がった時に、賢くファンドを買えばあなたは将来幸せになるだろう。

“今が買い時だ”などという本を読んでいちゃ、そこにはたどり着けない。

—ピーター・リンチmarket movements上で。

リンチは、現代の投資戦略に関して、数多くの名言を生み出している。

彼の最も有名な投資原則は「自分が知っているものに投資する」。 ほとんどの人は特定の分野の専門家になる傾向があるため、この基本的な「自分が知っているものに投資する」という原則を適用することで、個人投資家は過小評価されている銘柄を見つけることが可能となる。リンチはこの原則を投資家の出発点として使用している。 彼はまた、個人投資家はファンドマネージャーよりも株式投資からお金を稼ぐことができるとよく語っている。なぜなら彼らはウォール街で働く人々よりも、日々の生活を通して良い投資を見つけることができるからです。 彼の2つの古典的な投資入門書を通して、彼はオフィスにいないときに見つけた投資アイデアの多くについて解説している。 例えば、One Up Lynchでは、 The Wall Street Journalでその会社について読んだ後ではなく、お客さんとしてコーヒーに感銘を受けた後、 ダンキンドーナツに投資した経緯について説明しいる。 他の人も同様に感銘を受けると仮定して、彼はダンキンドーナツの財務状況を調査し、投資することを決めた。

リンチは、例え個人投資家だとしても賢明な投資判断が行えると考えている。 [15]


リンチは、 One Street on Wall Streetで、MBA時代に学んだ数学や財政よりも、 哲学論理の学部研究が彼のキャリアにとって重要であったと話している。 ウォートンで、彼は学問における2つの一般的な投資理論であるランダムウォーク仮説効率的な市場仮説が矛盾していると考えるようになった。学校で教授が教える概念は、フィデリティでのインターンシップ中に専門家によって定期的に反証されていました。 したがって、彼は理論家よりも実務家に注目するようになりました。「投資ビジネスで成功するのに役立つはずのものが、失敗することを仕向ける理論にしか思えなくなったのです」 定量分析は、私がフィデリティで起こったことが、実際には起こらないことを教えてくれました。 " [16]

リンチは、株式投資戦略「GARP」(合理的な価格での成長)を普及させた。これは、 成長投資の可能性と価値投資の規律のバランスをとるハイブリッドな銘柄選定アプローチです。 Fidelity Investments, Fidelity Contrafund(FCNTX)やLemma Senbet Fund などの株式ファンドから、 Russell Indexes, iShares Russell 1000 Growth Indexなどのインデックスファンドに至るまで、多くの有名なファンドが現在GARPモデルに沿った運用をしている。

テンバガー(10倍株)の名付け親[編集]

彼はまた、金融用語としての「テンバガー」(10倍株)という言葉を作り出した[17]。 これは、元の購入価格の10倍の価値がある投資を指し、バッターが走る「バッグ」または「ベース」の数がそのランナーのヒットの成功の尺度である野球から来ている。 ホームランを打った野球選手は、4つのすべてのベースを通過するため、このようなヒットは4バガーと呼ばれることもある。 同様に、野球のダブルヒットは2バガーと呼ばれることもある。 リンチがウォールストリートのOne Upで書いたように、「私のビジネスでは4バガー(4bagger)は良いのですが、テンバガーは2本のホームランと2本のランに相当します。」 [18]

関連する人物[編集]

リンチ財団[編集]

リンチは妻のキャロリン・アン・ホフと結婚し、リンチ財団を共同設立した。 彼女は2015年10月に69歳で白血病の合併症のために亡くなった [19]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b “Peter Lynch Resource Page: Bio, Investment Philosophy” (英語). ValueWalk. http://www.valuewalk.com/peter-lynch-resource-page/ 2017年2月4日閲覧。 
  2. ^ Peter Lynch, 25 Years Later: It's Not Just 'Invest in What You Know'”. wsj.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  3. ^ GARP, PEGS and Peter Lynch”. The Guru Investor (2009年9月18日). 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年12月26日閲覧。
  4. ^ a b c The Intelligent Investor, 2003, Commentary on the Introduction
  5. ^ AJCU: Peter Lynch”. AJCU. 2014年12月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月15日閲覧。
  6. ^ a b Mutual Fund Legend Peter Lynch's Advice about Investing”. Business Insider (2013年12月13日). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  7. ^ Business Today: What Made Peter Lynch a Legendary Investor”. Business Today (2014年2月). Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  8. ^ Beating the Street, chapter one.
  9. ^ Weiner, Eric J. (2005). What goes up : the uncensored history of modern Wall Street as told by the bankers, brokers, CEOs, and scoundrels who made it happen (1st ed.). New York: Little, Brown and Co.. p. 172. ISBN 0-316-92966-2. https://archive.org/details/whatgoesup00eric/page/172 
  10. ^ “The Greatest Investors: Peter Lynch | Investopedia” (英語). Investopedia. (2003年12月1日). http://www.investopedia.com/university/greatest/peterlynch.asp 2017年2月4日閲覧。 
  11. ^ Lynch, Peter (1990). One Up On Wall Street. Penguin Books. ISBN 978-0-14-012792-8. https://books.google.com/?id=rpEU1tkx1IUC 
  12. ^ Peter Lynch | MoneyFed”. 2016年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。 Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  13. ^ Mutual Fund Legend Peter Lynch Identifies His 'Three C's' Of Investing In A Rare Interview”. businessinsider.com. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  14. ^ Stock quotes, financial tools, news and analysis - MSN Money”. Articles.moneycentral.msn.com (2017年1月31日). 2009年2月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2017年2月23日閲覧。
  15. ^ Lynch, Peter (1989). “6”. One Up On Wall Street. New York, NY: Simon & Schuster Paperback. ISBN 978-0-671-66103-8. https://archive.org/details/oneuponwallstree00lync_0 
  16. ^ One Up on Wall Street, p. 34
  17. ^ 渡部清二 (2020年9月16日). “バフェット流投資、総合商社の次のターゲット<四季報読破邁進中>第192回”. 会社四季報オンライン. 東洋経済新報社. 2020年9月22日閲覧。
  18. ^ Lynch, Peter (1989). One Up On Wall Street. New York, NY: Simon & Schuster Paperbacks. p. 32. ISBN 978-0-671-66103-8. https://archive.org/details/oneuponwallstree00lync_0/page/32 
  19. ^ Philanthropist Carolyn Lynch, 69”. www.bostonherald.com (2015年10月2日). 2017年2月4日閲覧。