ピレボス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Plato Silanion Musei Capitolini MC1377.jpg
プラトンの著作
初期:
ソクラテスの弁明 - クリトン
エウテュプロン - カルミデス
ラケス - リュシス - イオン
ヒッピアス (大) - ヒッピアス (小)
初期(過渡期):
プロタゴラス - エウテュデモス
ゴルギアス - クラテュロス
メノン - メネクセノス
中期:
饗宴 - パイドン
国家 - パイドロス
パルメニデス - テアイテトス
後期:
ソピステス - 政治家
ティマイオス - クリティアス
ピレボス - 法律
第七書簡
偽書及びその論争がある書:
アルキビアデスI - アルキビアデスII
ヒッパルコス - 恋敵 - テアゲス
クレイトポン - ミノス - エピノミス
書簡集(一部除く) - 定義集
正しさについて - 徳について
デモドコス - シーシュポス
エリュクシアス - アクシオコス
ハルシオン

ピレボス』(: Φίληβος: Philebus)は、プラトンの後期対話篇の1つであり、そこに登場する人物の名。副題は「快楽[1]について」。

構成[編集]

登場人物[編集]

年代・場面設定[編集]

年代不詳、場所不詳。ソクラテス、ピレボス、プロタルコスの三者が、快楽、思慮知性の優劣を競って問答する。

内容[編集]

訳書[編集]

脚注[編集]

  1. ^ ギリシア語の「ヘードネー」(: ἡδονή、hedone)の訳語。
  2. ^ プロタゴラス』にも登場する富豪カリアス3世かは不明。

関連項目[編集]