エリュクシアス (対話篇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

エリュクシアス』(: Ἐρυξίας, : Eryxias)とは、プラトン名義の短篇の対話篇。偽書[1]。副題は「富について」。

古代にトラシュロスがまとめた四部作(テトラロギア)集36篇の中に含まれておらず、ディオゲネス・ラエルティオスが『ギリシア哲学者列伝』の中で、「誰もが一致して偽作としている」作品として名指しした11篇の内の1つ[2]

構成[編集]

登場人物[編集]

年代・場面設定[編集]

アテナイのアゴラにあるゼウス柱廊で散歩していたソクラテスとエリュクシアス。そこにシケリア方面から帰ってきたばかりのエラシストラトスが合流する。エラシストラトスは近くを通り過ぎたシュラクサイの使節の一人を指し、彼がイタリア一番の金持ちであり、また一番の悪人だと思われていると説明する。

その話を聞いていたソクラテスによって「富」についての問答が開始される。

補足[編集]

本篇は、『カルミデス』や『リュシス』と同じく、かつての対話をソクラテスが読者に語るという体裁を採っている。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『プラトン全集15』 pp.297-298
  2. ^ 『列伝』 第3巻62

関連項目[編集]