正しさについて

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

正しさについて』、または『正義について』(: Περὶ Δικαίου, : De Justo, : On Justice)とは、プラトン名義の短篇の対話篇。偽書[1]

構成[編集]

登場人物[編集]

年代・場面設定[編集]

ソクラテスが相手に「正しさ」について問うところから話が始まる。

補足[編集]

ソクラテスが無名と相手と2人だけで終始問答する構成は、本篇の他には、偽書の疑いが強い『ヒッパルコス』『ミノス』にのみ見られる。

『正しさ(正義)について』という題名は、『国家』の副題と同じ。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『プラトン全集15』 p.282

関連項目[編集]