アルキビアデスI

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

アルキビアデスI』(あるきびあですいち、: Ἀλκιβιάδης αʹ, : Alcibiades I, First Alcibiades)、あるいは『アルキビアデス (大)』(あるきびあですだい、: Αλκιβιάδης μείζων, : Alcibiades maior)とは、プラトン名義の著作(対話篇)の1つ。副題は「人間の本性について」(: Περι φυσιος ανθρωπου, : De hominis natura)。

古代にトラシュロスがまとめた四部作(テトラロギア)集36篇の中に含まれるが、プラトンの真作であるかについては疑義が呈されることもある[1]。ただし、『アルキビアデスII』と比べれば真作性が高いものとされる[2]

構成[編集]

登場人物[編集]

年代・場面設定[編集]

ソクラテスとアルキビアデスの初めての会話を描く体裁となっている。

ソクラテスはアルキビアデスに、これまで好意を持って彼を観察していたが、「ダイモーン」の反対があって声を掛けるのを控えていた、しかしその反対が無くなったので、こうして話しかけることができるようになったと切り出す。そして、自信満々で彼に言い寄ってくる男たちが彼の自信に気圧されて敗退していく様を見てきて、そんな彼の自信の理由を立ち入って考察してみたいと述べる。

こうして2人の問答が開始される。

補足[編集]

本篇は、『アルキビアデスII』の2倍程度の文量があるので、『アルキビアデス (大)』とも呼ばれてきた。

内容[編集]

日本語訳[編集]

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『プラトン全集6』 岩波 pp.217-218
  2. ^ 『プラトン全集6』 岩波 p.228

関連項目[編集]