ピム・フォルタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ピム・フォルタイン
Pim Fortuyn - May 4.jpg
2002年4月4日の写真(暗殺2日前)
本名 Pim Fortuyn
生誕 Wilhelmus Simon Petrus Fortuijn
1948年2月19日
オランダの旗 オランダ北ホラント州フェルセン
死没 2002年5月6日(2002-05-06)(54歳)
オランダの旗 オランダ、ヒルバーサム
死因 暗殺
墓地 イタリアサン・ジョルジョ・デッラ・リキンヴェルダ
住居 オランダロッテルダム
国籍 オランダ
別名 Pim Fortuijn
出身校 アムステルダム自由大学 (社会科学の学士号・修士号)
フローニンゲン大学 (Ph.D)
職業 政治家、公務員、社会学者、会社役員、政治コンサルタント、政治評論家、作家、コラムニスト、編集者、教師、教授
政党 労働党 (オランダ) (1974–1989)
自由民主国民党 (mid 1990s)
住みよいオランダ (2001–2002)
住みよいロッテルダム (2001–2002)
ピム・フォルタイン党 (2002)
宗教 ローマカトリック教
公式サイト
www.pimfortuyn.com

ピム・フォルタイン(Pim Fortuyn, 1948年2月19日2002年5月6日)は、オランダコラムニスト政治家、社会学者、作家、またピム・フォルタイン党英語版創設者。

フォルタインの多文化主義、移民、イスラム教への率直な見解は、オランダで多くの論争となった。彼はイスラム教を「遅れた文化(a backward culture)」だと公言し、法的に可能であれば、イスラム系移民の流入を停止すべきだとした[1]。メディアらはフォルタインを極右ポピュリストとして扱かったが、彼自身はこのレッテルを強く拒絶していた[2]

フォルタインは、ベルギーのFilip Dewinter、オーストリアのイェルク・ハイダー、フランスのジャン=マリー・ル・ペンなどの極右政治家と比較されるたびに、明確に距離を置いた。フォルタインは自身の位置付けをイタリアのシルヴィオ・ベルルスコーニのような「中道左派」であるとし、元オランダ首相ヨープ・デン・アイル、アメリカ大統領ジョン・F・ケネディを称賛していた。

フォルタインはまたポルダー・モデルや、ウィム・コック首相の政策を非難しており、自身のピム・フォルタイン党のイデオロギーはプラグマティズムでありポピュリズムではないと繰り返していた。さらにフォルタインはゲイである事を公表していた。

2002年5月、フォルタインは2002年オランダ総選挙の運動中、動物愛護団体に所属する青年に射殺された[3][4][5]

来歴[編集]

1948年北ホラント州のフェルセンでカトリックの家に生まれる。1971年に、そこで社会学博士号を取得。当時の彼はマルクス主義者であった。その後彼は労働党に入党した。

1991年にはエラスムス大学の特命教授に就任、1995年まで務めた。

政治家として[編集]

1992年、フォルタインは「Aan het volk van Nederland(オランダの人々へ)」とした書籍において、18世紀のオランダ政治家Joan Derk van der Capellen tot den Polをカリスマとして公言したことで、論争を引き起こした。フォルタインは一度はオランダ共産党員であり、また社会民主労働党 (SDAP)党員であった。

その後、フォルタインは地域政党すみよいロッテルダム英語版の代表となり、2002年4月のロッテルダム市総選挙にて大勝した。

政党創設から暗殺まで[編集]

しかし政党内で発言を問題視されたため、2002年2月11日には政党ピム・フォルタイン党(Lijst Pim Fortuyn)を設立し、国政に挑戦した。庶民にわかりやすい言葉で解説し、市民が政治に参加して楽しむ方法を教えつつ演説活動を展開した。同年3月ロッテルダム地方選では得票率35%を獲得。しかし国政選挙直前の2002年5月6日、ヒルバーサムの国営テレビ番組出演後、駐車場で動物愛護団体に所属する青年に射殺された。オランダ社会は騒動となり、5月15日を予定していた選挙は延期された。オランダにおける政治的暗殺事件は、1584年のウィレム1世暗殺事件、17世紀後半のデ・ウィット兄弟暗殺事件以来であった。

暗殺事件以後[編集]

碑文

葬儀は国葬級の扱いをうけ、再開された選挙でLPFは18%の得票率を得て、キリスト教民主同盟 (CDA) の43議席についで、26議席を獲得した。のちLPFは内紛で分裂するが、ピム・フォルタイン人気は衰えることなく、2004年の世論調査ではオランダ史上もっとも偉大な人物第一位に選ばれた[6]

犯人の犯行動機は不明である[7]

ピム・フォルタイン暗殺事件は、さらに2004年11月2日に起こったテオ・ファン・ゴッホ暗殺事件[8]とあわせて、オランダ社会における“寛容性”の原理を揺さぶることとなった[9]テオ・ファン・ゴッホは映画監督でもあり、ピム・フォルタインのドキュメンタリー映画制作をはじめていたという。

イスラム教や移民に対する態度[編集]

2002年以降は、オランダ国内で論争を巻き起こす発言を連発した。

  • イスラム教は時代遅れの宗教だ。イスラム教はゲイやレズビアンを受け入れない」と発言。
  • 移民に対しても「ボートは満杯だ」などと述べた。具体的な移民受け入れ政策に対しては、当時の受け入れ数5000人は急激すぎるため、2000人程度に抑えるべきだと主張。また、移民は今後厳しく規制するが、在来移民については特赦されるべきとも説いた。他方では、アフリカからの移民を側近に控えさせ、移民者への平等を訴えもした。
  • オランダはアメリカのような国になる必要はない、二級国家で十分であるとも説いた。
  • オランダが寛容の精神を重視していることを、ゲイである彼は誇りに思っていたともされる。そのため、彼は他の政党からはポピュリスト極右というレッテルを貼られたが、本人も親族もそれを否認している。習合思想の一種と呼ばれることもある。

脚注[編集]

  1. ^ (オランダ語) Volkskrant newspaper interview (summary) - ウェイバックマシン(2002年2月12日アーカイブ分)
  2. ^ “Cf. this BBC interview”. (2002年5月4日). オリジナル2011年10月20日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20021020203934/http://news.bbc.co.uk/2/hi/programmes/from_our_own_correspondent/1966979.stm 2007年7月閲覧。 
  3. ^ Simons, Marlise (2002年5月7日). “Rightist Candidate in Netherlands Is Slain, and the Nation Is Stunned”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2002/05/07/international/europe/07DUTC.html 2012年5月5日閲覧。 
  4. ^ James, Barry (2002年5月7日). “Assailant shoots gay who railed against Muslim immigrants: Rightist in Dutch election is murdered”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2002/05/07/news/07iht-dutch_ed3_.html 2012年5月5日閲覧。 
  5. ^ Simons, Marlise (2002年5月8日). “Elections to Proceed in the Netherlands, Despite Killing”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2002/05/08/world/elections-to-proceed-in-the-netherlands-despite-killing.html 2010年6月13日閲覧。 
  6. ^ 2007年の時点で。長坂寿久『オランダを知るための60章』明石書店、2007年。87頁
  7. ^ 2007年の時点で。長坂寿久『オランダを知るための60章』明石書店、2007年。86頁
  8. ^ [1]
  9. ^ 2007年の時点で。長坂寿久『オランダを知るための60章』明石書店、2007年。89頁

参考文献[編集]

  • 長坂寿久『オランダを知るための60章』明石書店、2007年。