バンギャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バンギャルとは、ヴィジュアル系バンドの熱心なファンである女性を指す言葉である[1][2]。ヴィジュアル系バンドのファンの通称・総称として使用されることもある[2][3][4][5]バンギャ[1][2]ギャ[2][6]と略すこともある。また年齢を重ねたバンギャルや、長くバンギャルをやっている女性をオバンギャ[2][7]、バンギャルの男性版を「バンギャル男」[2]「ギャ男」[8]と呼ぶ。

定義[編集]

この言葉が使われるようになった時期は不明だが、1990年代末に活動していたバンドMissalina Reiが2000年に音楽雑誌Viciousに掲載した広告上のキャッチコピー内で「バンギャルちゃん」という言葉を明記しており、その頃までには定着していた用語と思われる。

はっきりした境界線があるわけではないが、基本的には「ヴィジュアル系バンドのファンであること」が実生活及び精神的に大きなウェイトを占めている女性を指す[1]

バンギャルを題材とした作品[編集]

文学[編集]

  • 雨宮処凛『バンギャル ア ゴーゴー(上)』(ISBN 978-4062120753)、『バンギャル ア ゴーゴー(下)』(ISBN 978-4062133692
    自身がバンギャルであった頃(1990年代初頭〜中盤)の体験をベースに書かれた小説。当時のバンギャルの風俗や心理が描写されている。
  • 大槻ケンヂ
    バンギャルの行動や思考を題材にしたエッセイが多数ある。

漫画[編集]

映画[編集]

  • 絵のない夢
    ヴィジュアル系バンドのボーカリストに貢ぐため、売春するバンギャルを主人公にした作品[11]

楽曲[編集]

  • 人格ラヂオ「バンギャル症候群」
    バンドメンバーに対し自分に振り向いてほしいと願う少女を主人公にした歌詞。
    ライブではヴォーカルの悠希がヘッドドレスをつけてロリータ・ファッションを模した扮装をするパフォーマンスを行い、ロリータ・ファッション姿の女性スタッフがバックダンサーとして参加することもある。
  • ゴールデンボンバー「†ザ・V系っぽい曲†」
    好きなバンドが人気が出るにつれてメイクや曲が変わっていくことに不満や淋しさを覚えるバンギャルの心理が歌詞で描写されている。

バンギャル・ギャ男であることを明らかにしている有名人[編集]

柳原可奈子(お笑い芸人)
自身のブログ上で、ヴィジュアル系バンドPIERROTの解散について述べた際に、自分のことを「オバンギャ」と発言した[12]

バンギャル系ファッション雑誌[編集]

  • KERA
    バンギャルを対象としたファッションを扱う[13]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 「お父さんのためのヴィジュアル系キーワード講座」、『音楽誌が書かないJポップ批評27 X JAPANと「ヴィジュアル系」黄金伝説』、宝島社、2003年7月、 114頁。 ISBN 978-4796633826
  2. ^ a b c d e f ヘドバン』 シンコーミュージック・エンタテイメント、2013年、159頁。ISBN 978-4-401-63846-8
  3. ^ バンギャル支持率No.1バンド「人格ラヂオ」、モバイル配信限定リリース!”. オリコン. 2011年10月30日閲覧。
  4. ^ 【独女通信】元バンギャルはどんな大人になったのか”. ライブドア. 2011年10月30日閲覧。
  5. ^ 雨宮処凛 一生バンギャル宣言! 1.(自分の中だけで)第2次ヴィジュアルブーム到来!!”. RoofTop. 2011年10月30日閲覧。
  6. ^ バンギャの切なく重い愛!? Presented by ゆるっとcafe”. ライブドア. 2011年10月30日閲覧。
  7. ^ バンギャ”. 日本語俗語辞書. 2011年11月30日閲覧。
  8. ^ マキシマム ザ ホルモン観客限定ライブ、今度はアニメ系コスプレ、顔面ストッキング、V系バンギャ
  9. ^ 世代を超えたV系愛! “ロッキンママ”東海林のり子&『バンギャルちゃんの日常』蟹めんま対談”. ウレぴあ総研. p. 1. 2014年5月24日閲覧。
  10. ^ a b c 【漫画】V系ファン女子の熱すぎる生き様!「バンギャルちゃんの日常」”. ウレぴあ総研. p. 1. 2014年5月24日閲覧。
  11. ^ 絵のない夢”. 映画.com. 2011年10月30日閲覧。
  12. ^ 柳原可奈子オフィシャルブログ「ヴィジュアル系四天王世代のオバンギャでごめんなさい」より(2011年11月25日閲覧)
  13. ^ 男装したい女子のためのファッション本”. エキサイト. 2011年11月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 宝島社『V ROCK STAR』p.110-111より。

関連項目[編集]