コンテンツにスキップ

バリー・アンドリューズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バリー・アンドリューズ
Barry Andrews
生誕 (1956-09-12) 1956年9月12日(67歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン・ウエストノーウッド[1]
ジャンル ファンク・ロック、ニュー・ウェイヴアート・ロックエクスペリメンタル・ロック
職業 ミュージシャン
担当楽器 ボーカル、キーボード
活動期間 1976年 -
レーベル アイランド・レコード、Malicious Damage
共同作業者 XTCシュリークバックイギー・ポップギャング・オブ・フォーリーグ・オブ・ジェントルメン

バリー・アンドリューズ[2]Barry Andrews1956年9月12日 - )は、イングランドの歌手、ソングライター、ミュージシャン、キーボード奏者であり、かつてはXTCリーグ・オブ・ジェントルメンのメンバーを務め、シュリークバックを共同で結成した[1][3]。いくつかのプロジェクトでブライアン・イーノとコラボレーションしており、最近では2005年のアルバム『アナザー・デイ・オン・アース』にキーボードでゲスト参加している。アンドリューズは、1980年のイギー・ポップのアルバム『ソルジャー』でデヴィッド・ボウイアイヴァン・クラールグレン・マトロック、クラウス・クルーガーと共演した[4]

略歴[編集]

アンドリューズは、1976年、名前をXTCに変更したのとほぼ同時に、アンディ・パートリッジコリン・モールディングによって結成されたグループに参加した。2枚のアルバムに参加後、1978年にXTCを脱退し、ソロ・キャリアに乗り出した[3]

1980年の間、サラ・リーと共にロバート・フリップによるリーグ・オブ・ジェントルメンのメンバーを務めた。また「レストラン・フォー・ドッグズ (Restaurant for Dogs)」と呼ばれる自身のグループを持っていた。1981年、元ギャング・オブ・フォーのベーシストであるデイヴ・アレンとシュリークバックを結成。偶然にも、サラ・リーは後にベーシストとしてギャング・オブ・フォーに加入した。

彼の最も注目すべきソロ曲は、1980年代半ばにBBCラジオ1でアン・ナイチンゲールのリクエスト・ショーにて放送された「Win a Night Out with a Well-Known Paranoiac」であった。このシングルのA面は、ロンドンのメリルボーンにある通りにちなんで名付けられた「Rossmore Road」である。

1980年代後半、彼はイルミナティ (Illuminati)というバンドのメンバーを務め、後にレフュージズ (The Refugees)や7evenと共演した[3]

近年、シュリークバックは本質的にソロ・プロジェクトとなり、アンドリューズは数枚のアルバムをリリースした。最近では「Malicious Damage」レーベルから『Life in the Loading Bay』(2010年)をリリースしている。

私生活[編集]

アンドリューズは、ミュージシャンであることに加えて、彫刻家であり家具職人でもある。彼の息子、フィン・アンドリューズは、ロンドンを拠点とするバンド、ザ・ヴェイルズのリードシンガー/ソングライターを務めている。

ディスコグラフィ[編集]

ソロ・アルバム[編集]

  • Haunted Box of Switches (2003年)
  • Mind Over Matter (2003年)
  • Stic Basin (2005年)
  • Contaminated Pop (2019年)
  • Haunted Box Of Switches Vol. 2 (2020年)

XTC[編集]

リーグ・オブ・ジェントルメン[編集]

  • 『リーグ・オブ・ジェントルメン』 - The League of Gentlemen (1981年、EG/Polydor) ※ロバート・フリップ名義
  • 『ゴッド・セイブ・ザ・キング』 - God Save the King (1985年、Editions EG) ※コンピレーション
  • 『スラング・スラング・ゴジンブルクス』 - Thrang Thrang Gozinbulx (1996年、Discipline Records) ※ライブ

シュリークバック[編集]

  • Tench (1982年、Y) ※EP
  • 『ケヤー』 - Care (1983年、Y)
  • 『ジャム・サイエンス』 - Jam Science (1984年、Arista)
  • 『OIL AND GOLD』 - Oil & Gold (1985年、Arista)
  • 『ビッグ・ナイト・ミュージック』 - Big Night Music (1986年、Island)
  • 『ゴー・バング!』 - Go Bang! (1988年、Island)
  • Sacred City (1992年、World Domination/Capitol)
  • Naked Apes and Pond Life (2000年、Mauve/Mushroom)
  • Having a Moment (2003年)
  • Cormorant (2005年)
  • Glory Bumps (2007年)
  • Life in the Loading Bay (2010年)
  • Without Real String or Fish (2015年)
  • Why Anything? Why This? (2018年)
  • Some Kinds of Light (2019年)

脚注[編集]

  1. ^ a b Strong, Martin C. (2003) The Great Indie Discography, Canongate, ISBN 1-84195-335-0, p. 185
  2. ^ バリー・アンドリュース」の表記もある。
  3. ^ a b c Kellman, Andy "Barry Andrews Biography", AllMusic, retrieved 2010-01-23
  4. ^ Strong, Martin C. (2002) The Great Rock Discography, Canongate, ISBN 1-84195-312-1, p. 815

外部リンク[編集]