ババガヌーシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ババガヌーシュ
Baba ganoush closeup.jpg
フルコース 前菜
発祥地 レバント地方
関連食文化 アルメニア、エジプト、イラク、イスラエル、ヨルダン、レバノン、パレスチナ、シリア、トルコ
主な材料 ナス、オリーブオイル
テンプレートを表示

ババガヌーシュまたはババガヌシュ[1]アラビア語: بابا غنوجbābā ghannūj, baba ganoush[2] または baba ghanouj[3])は、レバント地方または大シリア地方で食されている焼きナスの前菜である。

概要[編集]

ババガヌーシュは、焼きナスをタヒーナゴマのペースト)、オリーブオイル、各種調味料と合わせて作る前菜である[4]。代表的なレシピは以下の通り[4][5]

  1. 皮をむかずにナスを直火で炙る
  2. ナスの皮が真っ黒になり身が柔らかくなったら(はじけるまで待っても良い)、火から下ろして冷ます
  3. ナスを冷ます間に、レモン汁、タヒーナ、オリーブオイル、ニンニクを合わせておく
  4. 冷めたナスから身を掻き出し、水気を搾り取り、身をフォークなどで潰す
  5. 上記3で合わせておいた調味料と、4で潰しておいたナスの身を合わせる
  6. 好みでパセリなどのハーブを散らす

香ばしくクリーミーな食感のものが良いとされているため、ババガヌーシュには種の少ない若いナスが適しているとされる[3]。ババガヌーシュは、定番のメゼ(前菜)であり、しばしばホブズピタとともに食されたり、他の料理に添えられたりもする[3]

語源[編集]

bābāという語は、アラビア語で「父」を意味し、また親愛の情を示す言葉でもある。ghannūjは人の名前である。これらの言葉の組み合わせは、「甘やかされた父親」「気ままな親父」「わがまま爺さん」などといった意味にもなりうる[6]。ある女性が、歯のない父親が食べやすいようにとババガヌーシュを発明したという話もあるものの[6]bābāが、そのような実在の父親を指しているのか、あるいは当時もっとも重要な野菜とみられていたナスの比喩であるのかは、定かではない[7]

ムタバル
Baba ganoush and pita.jpg
ピタを添えたムタバル
フルコース 前菜
発祥地 中東
主な材料 ナス、オリーブオイル
テンプレートを表示

バリエーション[編集]

ペルシア湾地域のムタバルは、ババガヌーシュとは少し異なり、コリアンダーおよびクミンにより風味づけがされている[6]。ペルシア湾地域において、前菜にはこのムタバルが欠かせず、これがなければ宴会が終えられないとまで言われるほどである[6]

その他の地域にも、以下のような類似の前菜があり、いずれもその土地の言葉で「ナスのサラダ」と名付けられている。

  • トルコには、patlıcan salatası(パトルジャン サラタス)という前菜がある[8]。この料理は焼いて潰したナスに、オリーブオイル、レモン汁、ニンニク、ヨーグルトを加えて作るが、タヒーナその他のナッツペーストや刻んだトマトなどを加えることもある[9][10]
  • ギリシャおよびキプロスには、melitzanosalata (μελιτζανοσαλάτα)(メリジャノサラータ)という前菜があり、焼いて潰したナスに、オリーブオイルおよびレモン汁を加えて作る[13][14][15]
  • ルーマニアには、salată de vinete(サラタ デ ヴィネテ)という前菜があり、焼いて潰したナスに、食用油、調味料のほか、刻んだ玉ねぎを加えて作る[16]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ “Baba ghanoush”. Merriam-Webster Dictionary. https://www.merriam-webster.com/dictionary/baba%20ghanoush. 
  2. ^ “Baba ganoush”. Oxfort English Dictionary. https://en.oxforddictionaries.com/definition/baba_ganoush. 
  3. ^ a b c d Gil Marks (2010). “Baba Ghanouj”. Encyclopedia of Jewish Food. Houghton Mifflin Harcourt. https://books.google.de/books?id=gFK_yx7Ps7cC&pg=PT138. 
  4. ^ a b Baba ganoush”. BBC. 2018年11月11日閲覧。
  5. ^ Felicity Cloake (2013年9月25日). “How to make the perfect baba ganoush”. the Guardian. 2018年11月18日閲覧。
  6. ^ a b c d Salloum, Habeeb (2012-02-28) (英語). The Arabian Nights Cookbook: From Lamb Kebabs to Baba Ghanouj, Delicious Homestyle Arabian Cooking. Tuttle Publishing. p. 34. ISBN 9781462905249. https://books.google.com.sg/books?id=v5TTAgAAQBAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false. 
  7. ^ Marks, Gil (2010-11-17) (英語). Encyclopedia of Jewish Food. Houghton Mifflin Harcourt. ISBN 0544186311. https://books.google.nl/books?id=gFK_yx7Ps7cC&pg=PT138&dq=origin+baba+ghanouj&hl=nl&sa=X&ved=0ahUKEwi246eS45bbAhVObVAKHYY6ATgQ6AEIJzAA#v=onepage&q=origin%20baba%20ghanouj&f=false. 
  8. ^ Nicolas Trépanier (30 November 2014). Foodways and Daily Life in Medieval Anatolia: A New Social History. University of Texas Press. pp. 129–. ISBN 978-0-292-75929-9. https://books.google.com/books?id=ciXNBAAAQBAJ&pg=PA129. 
  9. ^ 佐藤わか子 (2005年9月22日). “【レシピ】 トルコ料理:なすのサラダ”. Allabout 暮らし. 世界のおうちご飯/トルコ・中東・東欧のレシピ. Allabout. 2018年11月18日閲覧。
  10. ^ 土屋敦 (2009年10月1日). “意外なとりあわせが実は美味! 焼きナスヨーグルト”. Allabout 暮らし. 男の料理/男の料理関連情報. Allabout. 2018年11月18日閲覧。
  11. ^ Levy, Faye (2003). Feast from the Mideast: 250 Sun-Drenched Dishes from the Lands of the Bible. HarperCollins. ISBN 0060093617. 
  12. ^ 焼きナスのサラダ”. Bridges for Peace. イスラエル料理 レシピ. B.F.P.Japan. 2018年11月18日閲覧。
  13. ^ Marianthi Milona; Werner Stapelfeldt (2004). Culinaria Greece: Greek Specialties. Könemann. ISBN 3833110538. 
  14. ^ Rena Salaman; Jan Cutler (2006). The Complete Book of Greek Cooking. Hermes House. ISBN 1844777707. 
  15. ^ ひとり歩きの会話集 ギリシア語. JTBパブリッシング. (2010). p. 8. ISBN 4533115675. https://books.google.com.sg/books?id=MPYyDQAAQBAJ&printsec=frontcover&source=gbs_ge_summary_r&cad=0#v=onepage&q&f=false 2018年11月18日閲覧。. 
  16. ^ 野菜たっぷり食育講座 『ルーマニア料理を作ろう!』 (pdf)”. 西東京市健康課 (2018年9月7日). 2018年11月18日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

ババガヌーシュのレシピ(日本語、ゴマドレッシングを用いた簡易版)