バダインジャラン砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バダインジャラン砂漠
中国語:
拼音: dānlín Shā
Badain Jaran Desert
Small Dunes of Badain Jaran Desert.JPG
Badain Jaran Desert Location Map.jpg
ゴビ砂漠の一部を構成する
面積49,000 km2 (19,000 sq mi)
地理
中国
内モンゴル自治区甘粛省 および 寧夏回族自治区
座標北緯40度4分21秒 東経102度12分36秒 / 北緯40.07250度 東経102.21000度 / 40.07250; 102.21000座標: 北緯40度4分21秒 東経102度12分36秒 / 北緯40.07250度 東経102.21000度 / 40.07250; 102.21000
砂漠の真ん中にある湖とバダインジャラン廟

バダインジャラン砂漠(モンゴル語:ᠪᠠᠳᠠᠢ
ᠶᠢᠨ
ᠵᠢᠷᠠᠨ
ᠡᠯᠡᠰᠦᠨ
ᠴᠥᠯ
[1]、中国語:巴丹吉林砂漠)は、中華人民共和国内モンゴル自治区南西部のアルシャー盟から甘粛省にかけて広がる砂漠ゴビ砂漠の南方に位置し、面積は4万5千平方キロメートルと中国で3番目に大きい砂漠。バタジリン砂漠、バタンジャリン砂漠などとも言う。

砂漠のなかには多数のがあり、その数は100を超える。

砂丘の最も高い地点である必魯図沙峰の標高は約1609.6mで、砂峰としては世界で最も高い。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

参考文献[編集]

  • ウィキペディア中国語版『巴丹吉林沙漠』2007年9月10日 11:02 の版より翻訳。