タール砂漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
上空からの様子
画面下のカッチ大湿地は塩分が多いので白く写っている

タール砂漠 (Thar Desert)(大インド砂漠 Great Indian Dessertともいう)は、インドラージャスターン州パキスタン東部にある砂漠で、インダス川が砂漠の西方を流れ、流域はインダス文明が栄えた。アラビア海との間にカッチ大湿地がある。砂漠は南北650km、東西360km、面積は約200,000km²。年間降水量は250mm以下。点在するオアシスジョードプルビーカーネールジャイサルメールなどのオアシス都市が発展している。

タール砂漠の位置 (オレンジ色)

砂漠で唯一の川であるルニ川が南東部を流れカッチ大湿地に注ぐ。砂漠の灌漑可能な箇所には、総延長600kmにも及ぶインディラ・ガンディー運河(en:Indira Gandhi Canal)が流れ、運河付近では灌漑農業がされているが、水位上昇・塩分増加・農地水没といった影響も出ている。

ラージャスターン州は1970年代から石油の採掘が始まり、インド陸上の大産油地になっている。

タール砂漠を渡る商隊
インディラ・ガンディー運河


出典[編集]

外部リンク[編集]