バカ歩き省

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポルトガルにある「バカ歩き」のストリートアート

バカ歩き省The Ministry of Silly Walks)は、コメディ番組『空飛ぶモンティ・パイソン』の第2シリーズ第1話の中で放送された有名なスケッチである。のちに、『モンティ・パイソン・ライブ・アット・ザ・ハリウッド・ボウル』においても演じられた。

スケッチの内容[編集]

前のスケッチの舞台だった店に、体をくねらせながら歩く男(ジョン・クリーズ)がやってきてタイムズを買っていく。その後その男は見るからにバカな歩き方をしながら官庁街であるホワイト・ホールを歩いていき、「Ministry of Silly Walk(バカ歩き省)」と書かれた看板の前を通り過ぎる。この男は「バカな歩き方を考える」役所、「バカ歩き省」の大臣だったのだ。

その後彼が建物に入り、バカ歩きをしている職員とすれ違いながら大臣室へ行くと、気の弱そうな中年男性アーサー・ピューティー氏(マイケル・ペイリン)が中にいた。ピューティー氏は自分のバカ歩きに助成金を申請するが、彼のバカ歩きは左足がひきつったように上がるだけで、あまりバカじゃない。見かねた大臣はバカ歩きをしながら省の予算の厳しさを語り(「予算が国防費を下回った……」等)、ピューティー氏に「英仏バカ歩き研究協会」への入会を勧める。

また、途中で秘書(『ハリウッド・ボウル』ではキャロル・クリーヴランドが演じた)がコーヒーを持ってくるが、バカ歩きのためすべてこぼれてしまう、というギャグがある。

誕生秘話[編集]

このスケッチはもともと「怒りの省(Ministry of Anger)」というタイトルであったが、あるとき坂の上にあったグレアム・チャップマンの家で台本を書いていた際、坂の下から重力に負けじと妙な歩き方で上がってくる男を見て、この「バカ歩き」のアイデアを思い付いたという。

その他[編集]

  • ジョン・クリーズはこの大臣を演じたあと各地でバカ歩きをするようせがまれるようになった。しかし気難し屋であった彼は嫌気がさし、以後封印したという。
  • ジョン・クリーズはのちにフォルティ・タワーズでもバカ歩きを披露している。
  • 2005年のイギリスで「もっとも面白いスケッチ」の世論調査をした結果、このスケッチがナンバー15のスケッチに選出された。

参考文献[編集]

  • 『モンティ・パイソン大全』