キャロル・クリーヴランド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
キャロル・クリーヴランド
Carol Cleveland
キャロル・クリーヴランド Carol Cleveland
2009年10月18日、マンハッタンにて
生年月日 (1942-01-13) 1942年1月13日(76歳)
出生地 ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
配偶者 Peter Brett (1971 - 1983)

キャロル・クリーヴランド(Carol Cleveland, 1942年1月13日 - )はイギリスの喜劇女優。ロンドン生まれ。

空飛ぶモンティ・パイソン』に重要な役回りで出演した唯一の女性演技者として著名である。彼女はまた『Spike Milligan』、『The Two Ronnies』、『The Persuaders!(ダンディ2 華麗な冒険)』、その他のテレビ番組・映画にも出演した。彼女はモンティ・パイソンの、4つのシーズン全てと、4本の映画全てに出演した。別のパイソンズから秘かにCarol Cleavage(谷間のキャロル)と呼ばれていたように、彼女は典型的なブロンド美女を演じた。彼女が出た最初のスケッチト書きでは、"a blonde buxom wench in the full bloom of womanhood"(色気全開の、ブロンドでぴちぴちの娘っこ)と表現されていた。彼女は自らをglamour stoogeグラマーボケ役)と呼んでいた。

1955年、クリーヴランドは『Fist of Fun』のシリーズ1のエピソード3に少しだけカメオ出演をした。このBBC製コメディはスチュアート・リーとリチャード・ヘリングに焦点を当てたもので、クリーヴランドが出演した最初の(そして唯一の)パイソンでないスケッチ番組であった。

略歴[編集]

彼女は幼年期に母親・義父とともにアメリカ合衆国に移住し、はじめはテキサス州サン・アントニオで、次にはカリフォルニア州パサデナで育った。家族と一緒にロンドンに戻ったのは1960年である[1]。彼女は元ミス・カリフォルニア海軍であり、MADマガジン(en:Mad Magazine)のミス・ティーン・クイーンとして15歳でデビューした。彼女はまた王立演劇学校の出身者でもあり、現在はワン・ウーマン・ショー『キャロル・クリーヴランドは全て暴露する』をやっている。

母親は『モンティ・パイソン』に数回登場したことがある。一度は頭に斧を食い込ませた精神病患者として出演した。

主な出演作品[編集]

よく引用される言葉[編集]

  • "But it's my only line!"(でも私の台詞ってこれだけなのよ!)…モンティ・パイソンのあるスケッチの落ち。この中で彼女が放ったジョークはあまりうまく行かなかった。

脚注[編集]

  1. ^ [1]

外部リンク[編集]