ストーカー城

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
遠くに "The Lynn of Lorne"[注 1][2]リスモア英語版を望むストーカー城

ストーカー城: Castle Stalkerスコットランド・ゲール語: Caisteal an Stalcaire)は、スコットランドアーガイル・アンド・ビュートの入り江地帯に建つ、4階建ての城砦じょうさい (Tower houseキープである。城はリニ湾英語版の入り江である"Loch Laich"(リック湾)に浮かぶ島にそびえている。この島はアピン港英語版から北東に約1.5マイル (2.4 km)の場所にあり、A828号線 (enから城を望むことができる(場所はオーバングレン・コー英語版の中間点あたりである)。この島ではトンボロ現象 (Tidal islandが起き、干潮時には岸辺を歩いて島に渡ることも不可能ではない。「ストーカー城」という名前は、スコットランド・ゲール語で「猟師」や「鷹匠」に当たる言葉、"Stalcaire" に由来している。

この城は、モンティ・パイソンの映画第2作『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』で使用されたことで有名である[3][4]

立地[編集]

島の上に建てられ、その奥には山麓が見えるという、絵のように美しいこの城の外見は、絵はがきやカレンダーの題材としてよく用いられてきたほか、ハイランド地方の典型的な風景の1つとして扱われている。ストーカー城は、西スコットランドに残る中世の城砦として、最も保存状態の良いものの1つである[5]。また城はスコットランドに40ある景勝地域の1つ[6]、リン・オブ・ローン国立景勝地英語版の一部を成している[7]

歴史[編集]

城と周囲の湾を写した写真

城は元々、1320年に、当時ローン英語版の領主だったマクドゥガル氏族英語版が建てた小さな城砦だった[8]。1388年頃には、アピンのステュアート氏族英語版がローンの領主権を奪った。現在の形の城は彼らが1440年頃に建てたものと考えられている。ステュアート氏族の親戚筋に当たる、スコットランド王ジェームズ4世もこの城を訪れている。1620年頃には、酔った席の賭け事で、城がキャンベル氏族の手に渡った。このように何度か持ち主が変わった後、キャンベル氏族は1840年前後に城を棄て、その後城の屋根が失われた。

1908年には、保全事業に取り組むチャールズ・ステュアート・オブ・アチャラ(: Charles Stewart of Achara)が城を買い取った。1965年には、D・R・ステュアート・オールワード(: Lt. Col. D. R. Stewart Allward[注 2]が城を入手し、その後10年程度を掛けて修復工事を行った[9]。ストーカー城は現在でも個人所有であり、夏の間の限られた時間に一般公開されている。

スコットランド国立公文書館 (National Records of Scotlandが行った2011年の国勢調査では、城の建つ島は「2001年・2011年の国勢調査において継続的居住者のいない」住居用の島[注 3]とされている[10]

ポップ・カルチャーでの使用[編集]

1975年の映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』では、ほとんどのシーンがスコットランドにある別の城・ドゥーン城で撮影された一方で、このストーカー城が最後に「ア゛ア゛-の城」(: "The Castle of Aaaaarrrrrrggghhh")として登場する。最初城は遠景で登場する。次のシーンでは、見張り番のフランス兵(ジョン・クリーズ)が、城にやって来たアーサー王グレアム・チャップマン)を屋上の胸壁からフランス語のアクセントでひどく罵る。怒ったアーサー王はベディヴィア卿テリー・ジョーンズ)と共に大群で城を攻めようとするが、映画前半で起きた歴史学者殺害事件を捜査していた警察が現れ、殺害事件の容疑者としてアーサー王と他の騎士たちは逮捕されてしまう。

この城は『ハイランダー/最終戦士』にも一瞬登場している[11]

また、スーザン・クーパーによる児童書、『古城の幽霊ボガート英語版』はこの城に着想を得て書かれている[12]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ "Lorne" とは、マル島とブリテン島の間の入り江 "Firth of Lorne"(ローン湾)を指す[1]
  2. ^ "Lt. Col." とは英国陸軍の中佐を意味する (Lieutenant colonel (United Kingdom)[1]
  3. ^ 原文:an inhabited island that "had no usual residents at the time of either the 2001 or 2011 censuses."

出典[編集]

  1. ^ a b 小西友七; 南出康世 (2001-04-25). “ジーニアス英和大辞典”. ジーニアス英和大辞典. ジーニアス. 東京都文京区: 大修館書店 (2011発行). ISBN 978-4469041316. OCLC 47909428. NCID BA51576491. ASIN 4469041319. 全国書誌番号:20398458. 
  2. ^ Lynn of Lorne”. Placebook Scotland. 2016年6月28日閲覧。
  3. ^ Douglas McCall (2013-11-12), Monty Python: A Chronology, 1969-2012 (2nd ed.), p. 34, ISBN 9781476613116, https://books.google.co.jp/books?id=ZTAFAgAAQBAJ&dq=castle+stalker+holy+grail&hl=ja&source=gbs_navlinks_s 2016年6月28日閲覧。 
  4. ^ Monty Python and the Holy Grail film locations”. The Worldwide Guide to Movie Locations. 2016年6月28日閲覧。
  5. ^ Castle Stalker near Port Appin by Loch Linne”. Visit Fort William. 2016年6月28日閲覧。
  6. ^ National Scenic Areas”. Scottish Natural Heritage. 2016年6月28日閲覧。
  7. ^ Lynn of Lorn”. Scottish Natural Heritage. 2016年6月28日閲覧。
  8. ^ Ross. S.S. Allward (2011年3月). “A Brief History of Castle Stalker”. CastleStalker.com. 2016年6月29日閲覧。
  9. ^ モンティ・パイソン (英語). ロケ地案内 - モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル (Blu-ray Disc). ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント.. http://www.imdb.com/title/tt0071853/ 
  10. ^ Statistical Bulletin - 2011 Census: First Results on Population and Household Estimates for Scotland - Release 1C (Part Two) (PDF)”. National Records of Scotland. p. 13. 2016年6月30日閲覧。
  11. ^ "Highlander: Endgame - Castle Stalker"”. Scotland the Movie. 2016年6月30日閲覧。
  12. ^ Susan Cooper on Writing The Boggart”. スーザン・クーパー. 2016年6月30日閲覧。

外部リンク[編集]


座標: 北緯56度34分16秒 西経5度23分10秒 / 北緯56.57111度 西経5.38611度 / 56.57111; -5.38611