コニー・ブース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
コニー・ブース
Connie Booth
Connie Booth
1970年代のブース
本名 Constance Booth
生年月日 (1944-01-31) 1944年1月31日(74歳)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
インディアナ州インディアナポリス
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 サイコセラピスト女優コメディアン作家
配偶者 ジョン・クリーズ(1968年 – 1978年)
ジョン・ラー英語版(2000年 – 現在)
著名な家族 シンシア・クリーズ英語版(娘)
主な作品
フォルティ・タワーズ

コニー・ブースConstance "Connie" Booth, 1944年1月31日[1] - )は、アメリカ合衆国出身の作家女優コメディアンサイコセラピストである。英国に拠点を置いて活動しており、1970年代にBBCで放送された『フォルティ・タワーズ』で知られている。彼女はメイン・キャラクターの1人、ポリー・シャーマン (Polly Shermanを演じていたほか、当時の夫ジョン・クリーズと共同で脚本を書いていた。彼女はクリーズの最初の妻であり、クリーズたちモンティ・パイソンによる番組『空飛ぶモンティ・パイソン』にも出演している。

経歴[編集]

青春時代[編集]

ブースの父はウォール街で働く株式仲買人であり、母は女優であった。家族はブースがインディアナポリスで生まれた後、ニューヨーク州へ引っ越した[1][2]。ブースは演劇活動を始め、ブロードウェイで代役俳優・ウェイトレスとして働いているところに、同じ時期にニューヨークで仕事をしていたジョン・クリーズと出会った[2]。彼女は1968年2月20日、ニューヨークでクリーズと結婚した[3]

俳優としての活動歴[編集]

ブースは最初の夫・クリーズの作品に数多く出演している。彼の所属していたモンティ・パイソンの作品では、『空飛ぶモンティ・パイソン』(1969年 - 1974年)[注 1]、『モンティ・パイソン・アンド・ナウ』(1971年)、『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』(1975年)[注 2]などに登場した。彼女はまた、パイソン作品前に、クリーズや他のパイソン・メンバー[注 3]も参加して制作された "How to Irritate People" (en(1968年)にも出演している[6]。また、クリーズがアントン・チェーホフの短編『コントラバス物語』[7]を改作して作った短編映画 "Romance with a Double Bass" (en(1974年)に出演しているほか、1977年にクリーズが作ったシャーロック・ホームズシリーズのパロディ、"The Strange Case of the End of Civilization as We Know It" (enでは、ハドスン夫人を演じている。

ブースとクリーズは、1975年・1979年のテレビ番組『フォルティ・タワーズ』で共同脚本・共演を行っており、ブースはウェイトレス兼部屋係のポリー (Polly Shermanを演じた。同役は彼女の代表作になっている。

ブースは、英国のテレビ番組で、『ディケンズ・オブ・ロンドン英語版』(1976年)のソフィー役、BBCによる1980年の『小公子』翻案 (Little Lord Fauntleroy (1980 film)でのエロール夫人役、ドラマ『バッカニアーズ英語版』(イーディス・ウォートン原作、1995年)のミス・マーチ役などを演じている。彼女は1981年のドラマ "The Story of Ruth" で主演し、虐待的な父親を持つ統合失調症の娘を演じて批判に晒された。1994年には、子供向けSFテレビシリーズ『ザ・トゥモロー・ピープル英語版』のエピソード "The Culex Experiment" で助演をしている。

1995年、彼女は俳優業を引退した[2]ロンドン大学で5年間学んだ後[1]、彼女は英国心理療法協会 (British Psychoanalytic Councilに参加し、ロンドンサイコセラピストとして働き始めた[1][2][8]。30年余り、彼女は『フォルティ・タワーズ』について語ることを拒んできたが、2009年のデジタルテレビ局・ゴールド英語版でのドキュメンタリー番組制作に当たって、閉ざしていた口を開いている[9]

私生活[編集]

1971年に、ブースとクリーズの間には娘・シンシア英語版が生まれた[1]。彼女は父親のクリーズと、映画『ワンダとダイヤと優しい奴ら』、『危険な動物たち』で共演している。ブースとクリーズは1978年に離婚したが[10]、親密な仲を保っている[11]

ブースは2000年に、作家でザ・ニューヨーカーの元ドラマ批評家であるジョン・ラー英語版と再婚した。2人は北ロンドンに在住している[2]

主な登場作品[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 例えばオリジナル版の『木こりの歌』において木こりと恋仲の娘を演じているのは彼女である[4]
  2. ^ 魔女と疑われて裁きにかけられる女性を演じている[5]
  3. ^ グレアム・チャップマンマイケル・ペイリンが出演している。
  4. ^ 英: Francine Moriarty. フランス語読みならば「フランシーヌ」。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e Smith, Sean. “Don't mention the classic comedy series”. Camden New Journal. 2004年1月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月2日閲覧。
  2. ^ a b c d e Milmo, Cahal (2007年5月25日). “Life after Polly: Connie Booth (a case of Fawlty memory syndrome)”. The Independent (London). オリジナル2008年5月2日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20080502123852/http://www.independent.co.uk/news/uk/this-britain/life-after-polly-connie-booth-a-case-of-fawlty-memory-syndrome-450289.html 2011年9月8日閲覧。 
  3. ^ John Cleese Biography (1939-)”. FilmReference.com. 2013年11月21日閲覧。
  4. ^ The Lumberjack Song - Monty Python's Flying Circus - YouTube
  5. ^ Witch Village - Monty Python and the Holy Grail(1m4s〜) - YouTube
  6. ^ How to Irritate People - インターネット・ムービー・データベース(英語)
  7. ^ アントン・チェーホフ 『チェーホフ全集 第5 (小説(1886))』 神西清池田健太郎原卓也訳、1960年全国書誌番号:56004173
  8. ^ Fawlty Towers: Where are they now?”. UKTV Gold. 2013年11月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年6月2日閲覧。
  9. ^ Parker, Robin (2009年3月23日). “Gold to reopen Fawlty Towers”. Broadcastnow. http://www.broadcastnow.co.uk/news/2009/03/gold_to_reopen_fawlty_towers.html 2009年3月23日閲覧。 
  10. ^ “Divorce for Cleese”. ヘラルド (グラスゴー): p. 5. (1978年9月9日). http://news.google.com/newspapers?id=PwI-AAAAIBAJ&sjid=cUkMAAAAIBAJ&pg=4335,1935462&dq=connie-booth+divorce&hl=en 2010年11月16日閲覧。 
  11. ^ Hoyle, Antonia (2008年7月21日). “Our divorceymoon! What happened when Cleese and Winner invaded Switzerland on a six-day road trip”. London: Daily Mail. http://www.dailymail.co.uk/femail/article-1036533/Our-divorceymoon-What-happened-Cleese-Winner-invaded-Switzerland-day-road-trip.html 2008年8月3日閲覧。 
  12. ^ チャーリング・クロス街84番地 - allcinema
  13. ^ 帰ってきたシャーロック・ホームズ - allcinema

外部リンク[編集]