バイモ属

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
バイモ属
ミヤマクロユリ
分類APG III
: 植物界 Plantae
階級なし : 被子植物 Angiosperms
階級なし : 単子葉類 Monocots
: ユリ目 Liliales
: ユリ科 Liliaceae
: バイモ属 Fritillaria
学名
Fritillaria L.
和名
バイモ属(貝母属)[1]
  • 本文参照
ホソバナコバイモ、広島県山県郡
イズモコバイモ、島根県川本町
ミノコバイモ、三重県藤原岳
カイコバイモ、山梨県南部町
コシノコバイモ、福島県会津地方
イワミコバイモ、島根県江津市

バイモ属(バイモぞく、学名:Fritillaria、和名漢字表記:貝母、商阜花[2]属)はユリ科の一つ[1][3]

特徴[編集]

多年草。地下にある鱗茎は多数の鱗片からなるものと2個の鱗片からなるものとがある。は互生、対生または輪生し、まれに上方の葉の先が巻きひげ状になる。は鐘状で茎先に1-数個つき、下向きに咲く。花被片は6個あり、長楕円形から卵形で、内面の基部に腺体がある。雄蕊は6個あり、花被片より短い。子房は上位で3室あり、各室に多数の胚珠があり、花柱は3裂するか裂けない。果実蒴果で、胞背裂開し、種子には狭い翼がつく[3][4]

分布[編集]

北半球の温帯、主に中央アジアと地中海沿岸地方に分布し、約130種知られ[4]、日本には数種分布する。

[編集]

日本に分布する種[編集]

  • ホソバナコバイモ Fritillaria amabilis Koidz. - 花は鐘状筒形、花被片に縦条線があり網目状の斑紋はない。葯はクリーム色[5]。環境省の準絶滅危惧(NT)に選定[6]。日本の本州の中国地方、九州に分布する[7]
  • イズモコバイモ Fritillaria ayakoana Maruy. et Naruh. - 花は椀状鐘形、花被片の先端が外側に張り出す。花柱はほとんど裂けない[5]。環境省の絶滅危惧II類(VU)に選定[6]。本州の中国地方の日本海側に分布する[7]
  • クロユリ(広義) Fritillaria camtschatcensis (L.) Ker Gawl. - 日本の本州中部地方以北・北海道、千島、樺太、中国大陸(東北部)、ウスリー、カムチャツカ、北アメリカ北部に分布する[3]
    • エゾクロユリ Fritillaria camtschatcensis (L.) Ker Gawl. var. camtschatcensis - 北海道以北の低地に分布する染色体数が3倍体3n=36のもので、草丈が高く50cmになり、花が3-7個つく[3][8]
    • ミヤマクロユリ Fritillaria camtschatcensis (L.) Ker Gawl. var. keisukei Makino - 日本の本州、北海道の高山に分布する染色体数が2倍体2n=24のもの[3]で、草丈は10-20cm。本州では月山飯豊山、中部地方の亜高山帯から高山帯の草地に生育する[8][9]
  • ミノコバイモ(コバイモ) Fritillaria japonica Miq. - 花は広鐘形、花被片の中部下寄りで外側に角ばって張り出す。内花被片の縁は平坦。葯はクリーム色[5]。環境省の絶滅危惧II類(VU)に選定[6]。本州の近畿地方を中心に分布する[7]
  • カイコバイモ Fritillaria kaiensis Naruh. - 花は椀状鐘形、花被片の先端が外側に張り出す。花柱は3中裂する[5]。環境省の絶滅危惧IB類(EN)に選定[6]。本州の関東地方と富士山周辺に分布する[7]
  • ヒゴコバイモ Fritillaria kiusiana L.Hill - 花被片に縦の条線のみがあり、網目状の斑点模様はない。葯は青紫色から青色[10]。2016年新種記載。九州中部に分布する。それまでトサコバイモとされていたもの[11]
  • コシノコバイモ Fritillaria koidzumiana Ohwi - 花は広鐘形、花被片の中部下寄りで外側に角ばって張り出す。内花被片の縁に顕著な突起がある。葯はクリーム色[5]。本州の山形県から石川県にかけた日本海側と岐阜県、愛知県、静岡県に分布する[7]
  • アワコバイモ Fritillaria muraiana Ohwi - 花は広鐘形、花被片の中部下寄りで外側に角ばって張り出す。葯は赤紫色[5]。環境省の絶滅危惧II類(VU)に選定[6]。四国に分布する[7]
  • トサコバイモ Fritillaria shikokiana Naruh. - 花は鐘状筒形、花被片に網目状の斑紋がある。葯は紫色[1][5]環境省の絶滅危惧II類(VU)に選定[6]。四国に分布する[7][12]
    • トクシマコバイモ Fritillaria × tokushimensis Akasawa, Katayama et T.Naito - アワコバイモとトサコバイモの交雑種[13]。四国に分布する。
    • イワミコバイモ Fritillaria × makotoi Hitoshi Sato et Naruh. - ホソバナコバイモとイズモコバイモの交雑種。2018年に新雑種として記載された。島根県と広島県に分布する[14]

上記以外の主な種[編集]

  • ヨウラクユリ Fritillaria imperialis L.
  • イチリンバイモ Fritillaria maximowiczii Freyn
  • コバンユリ Fritillaria meleagris L.
  • バイモ(アミガサユリ)Fritillaria thunbergii Miq. - 中国原産の薬用植物[3]
  • チョウセンバイモ Fritillaria ussuriensis Maxim.

名前の由来[編集]

和名のバイモ属の「貝母」は、漢名の(zh)貝母属による[7]。属名の Fritillaria は、ラテン語で「サイコロを入れる筒」の意味。筒状形の花被の形をたとえたもの[15]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』pp.70-71
  2. ^ 『日本難訓難語大辞典』遊子館、2007。 
  3. ^ a b c d e f 『日本の野生植物 草本I単子葉類』pp.38-39
  4. ^ a b Fritillaria Flora of China
  5. ^ a b c d e f g 田村実 (2015)「ユリ科バイモ属」『改訂新版 日本の野生植物 1』 pp.169-171
  6. ^ a b c d e f 『絶滅危惧植物図鑑 レッドデータプタンツ(増補改訂新版)』 pp.579-583
  7. ^ a b c d e f g h 『新牧野日本植物圖鑑』 pp.861-862
  8. ^ a b 『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』 p.567
  9. ^ 『高山に咲く花 山溪ハンディ図鑑8』 p.407
  10. ^ 鳴橋直弘 (2020) 「分類学的整理」『ユリ科コバイモ』 pp.295-296
  11. ^ 鳴橋直弘 (2020) 「ヒゴコバイモ」『ユリ科コバイモ』 pp.355-362
  12. ^ 鳴橋直弘 (2020) 「トサコバイモ」『ユリ科コバイモ』 pp.387-398
  13. ^ トクシマコバイモ, 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  14. ^ 鳴橋直弘 (2020) 「イワミコバイモ」『ユリ科コバイモ』 pp.399-406
  15. ^ 『新牧野日本植物圖鑑』 p.1294

参考文献[編集]

  • 佐竹義輔大井次三郎北村四郎他編 『日本の野生植物 草本I単子葉類』、1982年、平凡社
  • 豊国秀夫編 『山溪カラー名鑑 日本の高山植物』、1988年、山と溪谷社
  • 清水建美、木原浩 『高山に咲く花 山溪ハンディ図鑑8』、2002年、山と溪谷社
  • 牧野富太郎原著、大橋広好邑田仁・岩槻邦男編 『新牧野日本植物圖鑑』、2008年、北隆館
  • 門田裕一監修、永田芳男写真、畔上能力編 『山溪ハンディ図鑑2 山に咲く花(増補改訂新版)』、2013年
  • 矢原徹一他監修 『絶滅危惧植物図鑑 レッドデータプタンツ(増補改訂新版)』、2015年、山と溪谷社、山と溪谷社
  • 大橋広好・門田裕一・木原浩他編 『改訂新版 日本の野生植物 1』、2015年、平凡社
  • 鳴橋直弘編著 『ユリ科コバイモ』、2020年
  • 米倉浩司・梶田忠 (2003-)「BG Plants 和名−学名インデックス」(YList)
  • Fritillaria, Flora of China