ハレアカラ山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハレアカラ山
Haleakala crater (1).jpg
ハレアカラ・クレーター
標高 3,055[1] m
所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島
位置 北緯20度42分35秒 西経156度15分12秒 / 北緯20.70972度 西経156.25333度 / 20.70972; -156.25333座標: 北緯20度42分35秒 西経156度15分12秒 / 北緯20.70972度 西経156.25333度 / 20.70972; -156.25333
山系 ハワイ諸島
種類 楯状火山
最新噴火 1480年から1600年の間[2]
ハレアカラ山の位置(ハワイ州内)
ハレアカラ山
ハレアカラ山 (ハワイ州)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

ハレアカラ山: Haleakalā)とは、アメリカ合衆国ハワイ州マウイ島に位置する楯状火山である。マウイ島最高峰であり、世界最大級の休火山である[1]

名称の由来と伝承[編集]

ハレアカラという名称はハワイ語で「太陽の家」を意味しており、その由来はハワイ神話の伝承に由来している。この伝承は、昼の時間がごくわずかであったため困っていた人々のために半神マウイ太陽の元へ向かい、太陽を捕まえ空を移動するスピードを落とすよう説得したという話である[1]

古代ハワイ人がハレアカラと呼んでいた場所は頂上周辺のみであったといわれている[3]

古代ハワイ人との関わり[編集]

季節によってはが積もる場所であったため、古代ハワイ人は埋葬や信仰、道具用の石や植物、王族の衣服の素材に利用された鳥の羽の採集を目的に登頂していたといわれている。その証拠として、1920年にビショップ博物館によって行われたハレアカラ山初の発掘調査にて、48棟にも及ぶ石造の建造物が発見されており、これらの建物が祭壇やヘイアウの遺跡であると推測されていることが挙げられる[1]

噴火[編集]

ハレアカラ山では過去1000年の間に少なくとも10回噴火している他、直近1万年の間に多数の噴火が起こっている。ここ3万年の間に起こった噴火は東側にある地溝帯と南西側にある地溝帯にて発生している。この2つの地溝帯は南西部にあるラ・パルース湾英語版とハレアカラ・クレーターを経由して東側にあるハナを結んだ弧を形成している。東側の地溝帯はハワイ諸島の火山列に沿って、最長の地溝帯の1つであるハレアカラ海嶺として海底まで続いている[3]

最後の噴火が起こった年は最近まで、1790年であるという説が一般的であった[1][2][4]。その根拠として1786年ラ・ペルーズ伯の航海時に作られた地図と、1793年ジョージ・バンクーバーの航海時に作成された地図の間で地形が異なっていたことが挙げられていたものの、ラ・パルース湾の溶岩流放射性炭素年代測定を行った結果、1480年から1600年の間のものであると判明したため、最後の噴火はこの年代に起こった可能性が高いと考えられている[2]

噴火による被害予想[編集]

ハワイ島での火山災害予測図。数字が小さい地域ほど、溶岩流による危険性が高いと予測されている。

ハワイ島における溶岩流の危険度は9段階で表されており、「1」で示される地域が最も危険性のある地域であり、「9」が最も危険性の低い地域である[4][5]。例として、キラウエア火山マウナ・ロア山の山頂や地溝帯付近の危険度はハザード1である。

マウイ島での火山災害予測図[6]。右上の図が1983年に作成された図。

同様にして、1983年にアメリカ地質調査所によってマウイ島での溶岩流の危険度を示したマップが作成された。この地図ではハレアカラ山の山頂と南西部の地溝帯一帯がハザード3、カナイオやカヒキヌイのアフプアアの内火山の下流地域、ハナの北部はハザード4として評価されており[4][6]、その他の地域はハワイ島ではマウナ・ケア山コハラにおける危険度と等しいハザード7からハザード9として評価されている[4]

ハワイ諸島の他の火山に比べてハレアカラ山のハザードランクが高い、すなわち危険性が低く評価されているのは、危険度評価の基準にある噴火の頻度が少なく、溶岩流の被覆率が小さいからである。ハレアカラ山の噴火頻度はハワイ島の火山の3分の1程であり、溶岩流の被覆率においては、ハワイ島にあるフアラライ山が900年以下の年月で約43平方マイル (110 km2)を、200年未満の年月でキラウエア火山が約104平方マイル (270 km2)、マウナ・ロア山が85平方マイル (220 km2)の面積分溶岩で地面を覆ったことと比べて、ハレアカラ山は過去900年で8.7平方マイル (23 km2)しか地面を覆っていない。この結果から、ハレアカラ山の溶岩被覆率は、他のハワイ島の活火山等の4分の1であることが分かる[4]

近年の利用[編集]

国立公園[編集]

高山植物であるギンケンソウのハレアカラ山亜種。ハレアカラ山の斜面にて撮影。

ハレアカラ山と麓の海岸一帯はハレアカラ国立公園として1961年に指定されており、総面積は30,183-エーカー (122.15 km2)、その内24,719エーカー (100.03 km2)は原生地域として指定されている[7]

天体観測[編集]

ハレアカラ天文台の望遠鏡。

ハレアカラ山頂は大気の透明度や乾燥度の高さ、静けさや大気圧の3分の1程の気圧、光害の少なさといった理由から、世界で最も人気な観測場所の1つであり、地理的にも重要な場所であるため、アメリカ空軍ハワイ大学などがハレアカラ天文台英語版にて天体観測を行っている。天文台のうち、空軍が運用している望遠鏡は天体観測ではなく、宇宙船人工衛星ロケットの監視、レーザー技術の開発等の目的に利用されている[8]

2008年にはパンスターズ計画に基づき望遠鏡が新設された[9]

交通[編集]

マウイ島東部の地図。

1935年に開通したハレアカラ・ハイウェイは、ハレアカラ山山頂まで続くつづら折の道路で構成されている[10]。入場料は2020年現在、自家用車が30ドル、バイクが25ドル、自転車と徒歩で15ドルであり、有効期間は3日間である[11]。公園内を通る公共交通機関はないものの、ハレアカラ・エコツアーズ(Haleakala EcoTours)、ポリネシアン・アドベンチャーツアーズ(Polynesian Adventure Tours)、スカイライン・エコアドベンチャーズ(Skyline Eco Adventures)、バレーアイル・エクスカーションズ(Valley Isle Excursions)の4社が自社のバスを利用して、園内や山頂への観光ツアーを企画・運行している[12]

また、以前は山頂から27マイル分下るサイクリングツアーがあったものの、1年間に3件事故が発生し、2人が死亡、1人が重傷を負ったことで、2007年に国立公園内の商業目的でのサイクリングツアーが禁止された[13]

気候[編集]

ハレアカラ山山頂はケッペンの気候区分において地中海性気候の内、Cscにあたる世界でも数少ない地域である。

ハレアカラ・レンジャーステーション(Haleakala Ranger Station)338 (1981–2010)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °F°C 60.6
(15.9)
59.6
(15.3)
59.9
(15.5)
60.4
(15.8)
62.7
(17.1)
65.3
(18.5)
65.6
(18.7)
66.2
(19)
64.5
(18.1)
64.0
(17.8)
63.3
(17.4)
61.3
(16.3)
62.8
(17.1)
平均最低気温 °F°C 43.4
(6.3)
42.3
(5.7)
42.9
(6.1)
43.2
(6.2)
45.1
(7.3)
47.5
(8.6)
48.5
(9.2)
48.8
(9.3)
47.4
(8.6)
47.2
(8.4)
47.0
(8.3)
44.4
(6.9)
45.6
(7.6)
雨量 inch (mm) 5.99
(152.1)
5.49
(139.4)
7.65
(194.3)
4.17
(105.9)
2.16
(54.9)
1.38
(35.1)
2.59
(65.8)
2.10
(53.3)
2.38
(60.5)
3.10
(78.7)
5.29
(134.4)
7.45
(189.2)
49.74
(1,263.4)
出典:NOAA[14]
ハレアカラ山山頂 (1971–2000)の気候
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
平均最高気温 °F°C 45.2
(7.3)
49.9
(9.9)
50.9
(10.5)
52.2
(11.2)
54.7
(12.6)
58.3
(14.6)
57.7
(14.3)
58.5
(14.7)
57.6
(14.2)
56.8
(13.8)
50.5
(10.3)
42.8
(6)
53.1
(11.7)
平均最低気温 °F°C 33.6
(0.9)
36.1
(2.3)
36.5
(2.5)
37.4
(3)
39.1
(3.9)
42.1
(5.6)
41.8
(5.4)
42.3
(5.7)
42.1
(5.6)
41.3
(5.2)
37.6
(3.1)
31.8
(−0.1)
38.6
(3.7)
降水量 inch (mm) 8.0
(203)
3.57
(90.7)
3.05
(77.5)
4.0
(102)
1.35
(34.3)
0.37
(9.4)
0.47
(11.9)
1.11
(28.2)
1.59
(40.4)
1.32
(33.5)
4.09
(103.9)
4.67
(118.6)
33.59
(853.2)
出典:Western Regional Climate Center[15]

パノラマ[編集]

ハレアカラ山(1997年4月)

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e 森出, じゅん (2014年7月28日). “ハレアカラ国立公園”. ハワイ州観光局公式ラーニングサイト. ハワイ州観光局. 2020年6月7日閲覧。
  2. ^ a b c Volcano Watch — Youngest lava flows on East Maui probably older than A.D. 1790” (英語). アメリカ地質調査所 (1999年9月9日). 2020年6月13日閲覧。
  3. ^ a b Volcano Hazards Program HVO Haleakalā” (英語). アメリカ地質調査所 (2017年5月10日). 2020年6月13日閲覧。
  4. ^ a b c d e Volcano Watch — Geologic hazards on Maui” (英語). アメリカ地質調査所 (1996年11月27日). 2020年6月13日閲覧。
  5. ^ 2.What does the Lava-Flow Hazard Zone Map show?” (英語). Frequently Asked Questions and Answers about Lava-Flow Hazards. アメリカ地質調査所. 2020年6月13日閲覧。
  6. ^ a b 16. Where can Maui residents find lava-flow hazard zone information?” (英語). Frequently Asked Questions and Answers about Lava-Flow Hazards. アメリカ地質調査所. 2020年6月13日閲覧。
  7. ^ Park Management” (英語). Haleakalā National Park. アメリカ合衆国国立公園局. 2010年10月26日閲覧。
  8. ^ Haleakala Observatories” (英語). ハワイ大学天文学研究所. 2020年6月14日閲覧。
  9. ^ Lemos, Robert (2008年11月24日). “Giant Camera Tracks Asteroids” (英語). MITテクノロジーレビュー. https://www.technologyreview.com/2008/11/24/33012/giant-camera-tracks-asteroids/ 2020年6月14日閲覧。 
  10. ^ Duensing, Dawn E. (2009). “Haleakalā Highway” (英語). Journal of Pacific History 44 (3): 303–324. doi:10.1080/00223340903356864. 
  11. ^ Fees & Passes” (英語). Haleakalā National Park. アメリカ合衆国国立公園局 (2020年4月30日). 2020年6月14日閲覧。
  12. ^ UECHI, COLLEEN (2017年4月19日). “Haleakala National Park sets trimmed list of tour companies” (英語). The Maui News. https://www.mauinews.com/news/local-news/2017/04/haleakala-national-park-sets-trimmed-list-of-tour-companies/ 2020年6月14日閲覧。 
  13. ^ “National Park Service suspends popular Hawaii bike tour” (英語). USAトゥデイ (AP通信). (2007年10月10日). http://usatoday30.usatoday.com/travel/news/2007-10-10-hawaii-bike-suspension_N.htm 2020年6月14日閲覧。 
  14. ^ Summary of Monthly Normals 1981-2010”. National Oceanic and Atmospheric Administration. 2020年6月14日閲覧。
  15. ^ Haleakala Summit 338, Hawaii (511008)”. Western Regional Climate Center. 2020年6月14日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]