ニイハウ島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ニイハウ島
現地名: ‘O Ni‘ihau
愛称: Ka Moku Kapu i ka
The Forbidden Isle
(禁じられた島[1]
Niihau sep 2007.jpg
ニイハウ島の航空写真
Map of Hawaii highlighting Niihau.svg
地理
場所 ポリネシア
座標 北緯21度54分 西経160度10分 / 北緯21.900度 西経160.167度 / 21.900; -160.167
諸島 ハワイ諸島
面積 175.0 km2 (67.6 sq mi)[2]
面積順位 ハワイ諸島で7番目の大きさ
最高標高 381 m(1250 ft)[3]
最高峰 パニアウ山
ハワイ州の旗 ハワイ州
カウアイ郡
人口統計
人口 130 (2009年現在)
人口密度 1.9/sq mi (.7/km²)
民族 ハワイ人

ニイハウ島ハワイ語: ‘O Ni‘ihau)は、太平洋ハワイ諸島にある個人所有の島である。

概要[編集]

ニイハウ島は、カウアイ島から南西27kmの位置にある。

1795年カメハメハ1世によってハワイ王国が建国された後も、ニイハウ島は首長カウムアリイ英語版(Kaumualii)の統治下にあった。しかし、1810年にハワイ王国が遠征軍を派遣した結果、カウムアリイは降伏し、ニイハウ島はハワイ王国の一部となった。

1864年スコットランド人のエリザベス・シンクレア英語版(Elizabeth Sinclair)夫人が、カメハメハ5世1863年 - 1872年)からピアノ1台と 10,000ドルで、ニイハウ島を島民付きで買い取った。現在もシンクレア夫人の末裔である、ロビンソン一家がニイハウ島を所有している[1]。島に出入り出来るのは原則としてロビンソン一家とカウアイ郡の関係者だけで、一般人の出入りは難しいと言われている。現在では島の一部を散策できるツアーもあり、上陸については容易であるが、島民への接触は招待された者以外は認められていない。

島は火山性の島で、最高峰はパニアウ山Mauna Pānīʻau 390m)である。

島民[編集]

1885年に撮影されたニイハウ島民

面積は179km2で、人口約250人である。ニイハウ島民は、ロビンソン一家とそれに仕える日系人の子孫を除けば全員が純粋なハワイ人である。ニイハウ島民は(2016年)現在もハワイ語ニイハウ方言を使用し、プウワイ英語版(Puʻuwai)と言う村落で古来からの伝統的な生活を送っている。

しかし実際には、これらのニイハウ島民は外部世界とまったく接触がないわけではなく、船でカウアイ島へ買い出しに出たり、他の島に移住している親類宅を訪問しているなど、一般に喧伝されているよりも普通の日常生活を送っている。

位置情報[編集]

ニイハウ島事件[編集]

1941年昭和16年)12月7日真珠湾を攻撃した日本海軍零戦のうち1機がエンジントラブルのためニイハウ島に不時着した。パイロットの西開地重徳一飛曹は、一旦は日系アメリカ人2世の原田義男に救助され匿われたものの、住民に地図や拳銃を奪われ、取り戻すために戦ったのち、西開地は殺害され原田は自殺した。なお、島民にも負傷者が出た。

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]