ノート:仮説実験授業研究会

ナビゲーションに移動 検索に移動

このページは一度版指定削除されています。削除に関する議論は「Wikipedia:削除依頼/仮説実験授業研究会」をご覧ください。

出典検索について[編集]

関連するワードも含めて、ひとまず

以上のようにまとめておきます。--Assemblykinematics会話) 2020年1月25日 (土) 11:44 (UTC) 追記。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

板倉賞の記述について[編集]

山本海行様、Yama-no-junin様、板倉賞について加筆いただき、ありがとうございました。ただ、山本海行様が記載された設立の経緯や理由についての引用部分は抜粋に止め、全文(これも抜粋とは思いますが)についてはひとまず注釈に留めさせていただきました。板倉先生の意図を誤解がないように伝えるには引用が好ましいとは思うのですが、

  • 百科事典らしくなくなってしまい、「内容過剰」や「宣伝的」、「百科事典的でない」として、Template:複数の問題を貼られてしまう恐れが懸念されたこと。
  • 長いと読みづらくなるため。だいたい一セクションあたり四段落ぐらいを目安にしており、読者が「長い」と思って読み飛ばすことがないように配慮して編集しています。本セクション(節)についてもなるべくそうしておきたいと考えている次第です。
  • 出典に用いられた1991年の『研究会ニュース』が、検証可能性の観点から懸念されたため。自分が編集した部分にもブログを出典にして記述した箇所がありますが、それらは後日信頼できる情報源を満足する出典に差し替えられることを期待したもので、現段階での記述は注釈に留めるように配慮しています。

といった理由で修正させていただきました。水を差すような編集で恐れ入りますが、上記ご理解ご配慮いただけると幸いです……。--Assemblykinematics会話) 2020年1月26日 (日) 18:09 (UTC)

コメント そんなにお気になさらずとも,至らぬところはどんどん直してください。板倉賞に関して,準公式サイトにまとまった情報が掲載されました。
研究会の活動 夏の大会・冬の大会
の下の方にある,
○板倉研究奨励賞の趣旨
○板倉賞受賞者と受賞理由
○板倉賞前夜(板倉賞以前の各賞受賞者)
というリンクです。山本海行会話) 2020年1月28日 (火) 08:54 (UTC)
(インデント調整を調整)
コメント 遅くなりましたが、情報提供ありがとうございました。外部リンク節に反映させていただいています。なお「板倉賞前夜」には板倉賞以後の記述も書かれているようです。将来的には「表彰」というセクションタイトルにし、サブセクションとして「板倉賞以前」「板倉賞」「板倉賞以後」を設けるべきと思いましたが、準公式サイトよりも信頼性の高い出典の方が好ましいと思い、まだそこまでは編集していません。
また、板倉賞の節を編集した際の意図として、多彩な活動をしている受賞者に触れることで研究会の活動の広さや発展が分かるようにしたかった、ということがあります。沿革節などに活動の広がりが記述されるようになれば、節「板倉賞」の書き方も変わってくるのかもしれません。取り急ぎ、御礼と補足まで……。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

写真提供依頼[編集]

全国合宿研究大会の写真を掲載していただき、ありがとうございました。大会、特に売り場の様子が分かるようになってよかったです。加えて

についても写真があればよいなと思った次第です。山本海行様やYama-no-junin様、およびお二方の知人の方で、写真をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか?なお、例として

をご覧いただけると分かりますが、これらはウィキメディアコモンズではなく、ウィキペディア日本語版にアップロードされています。理由については

をご確認いただければと思います(既に参照済みでしたら、申し訳ございません)。取り急ぎ……。--Assemblykinematics会話) 2020年1月26日 (日) 18:09 (UTC)

コメント 犬塚さんや科学の碑、記念館、ガリ本図書館の写真は会員に協力依頼中です。科学の碑記念館はFacebookを通して写真提供を依頼してあります。山本海行会話) 2020年1月28日 (火) 02:05 (UTC)
ありがとうございます科学の碑」と「科学の碑記念会館」の写真掲載、確認いたしました。記念会館から提供していただけたようで、良かったです。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

記述の確認について [編集]

誤字やミスが多くて恐れ入ります。山本海行様が2020年1月26日20:37(UTC)の編集で、要約欄に「人物に近いものの指摘による」と書いて訂正して下さいましたが、これはもともと出典に書かれていた内容を書き間違えただけであり、出典と訂正された記述に齟齬はありませんので、念のため補足申し上げます。

なお、他にも誤字や誤解してしまっている部分があるかもしれません。適宜、修正・補足していただけると助かります。特に『たのしい授業』による出典のほとんどは、「あのな検索」によるタイトルと概要しか参照できていませんので、全体的に再確認したり、よりふさわしい出典に差し替えていただけると幸いです……。--Assemblykinematics会話) 2020年1月26日 (日) 23:02 (UTC) 編集差分を補填。--Assemblykinematics会話) 2020年1月27日 (月) 21:13 (UTC)

コメント こちらの編集でも注釈で補足していますが、前述の修正箇所の出典について補足しておきます。犬塚清和先生の享年については
に76歳と書かれています。なお、生年を示しておけば誤記を防げたような気もしますが、詳細な生年月日が分からなかったため、没年月日と享年を記させていただいた次第です(上廻昭先生も同様)。
次に「自利利他」ですが、厳密には出典の
  • 川島滋弘「「自利・他利」ということ 「シリーズ・授業書と子どもと教師」犬塚清和編集」『たのしい授業』第345号、2008年12月、90頁。
では「自利・他利」となっていました。記事にも注釈で補足しましたが、仏教用語では「自利利他」となっているようです。
最初の加筆時に調べた際に見かけたコトバンクの方が記憶に残っており、「出典と訂正された記述に齟齬はありません」と書いてしまいましたが、厳密にはこのような事情でしたので、補足させていただきました。--Assemblykinematics会話) 2020年1月27日 (月) 21:13 (UTC)

沿革節における小節のタイトルについて[編集]

仮説実験授業研究会と元号は無関係です。よって,時代区分に元号を表記することは何らかの合理的な裏付けが必要です。--柳沢克央会話) 2020年1月27日 (月) 20:24 (UTC)

返信 ご指摘ありがとうございます。まず、サブセクションに元号を表記したのは、元号で区切るように節構成を考えて執筆したから、というのが理由です。そして元号で区切る構成にしたのは、昭和63年(1988年)が仮説実験授業提唱25周年であったこと、平成30年(2018年)に研究会創立以来の代表である板倉先生が亡くなられたこと、昭和時代と平成時代の記述量が概ね同程度にできたこと、といったことが理由になります。ただ、昭和は1989年1月7日までですし、平成は2019年4月30日までのため不適当という観点もあるかもしれません。
ひとまずこちらの修正で、西暦による期間表示に修正していますので、他の方のご意見も伺えれば幸いです。また、山本海行様からは来年度(令和二年度)以降は「かなり体制が変わる込み」と伺っていますので、どの期間で区分すべきかということについてはそれからまた検討してもよいと考えています。
なお、柳沢克央様によるこちらの編集では、「沿革」節中の小節のタイトルを「1966年~」「1989年~」「2019年~」に直してくださいましたが、「Wikipedia:表記ガイド#波ダッシュ」には
とあり、「Wikipedia:表記ガイド#ハイフン」には
  • 「期間・区間・範囲を表すときには、「半角スペース+ハイフン+半角スペース」を用います。例: 1990年 - 1999年」
とあります。そのため、2020年1月27日(UTC)時点の編集で、それぞれ「昭和時代(1966年 - 1988年)」「平成時代(1989年 - 2018年)」「令和時代(2019年以降)」に修正させていただいた次第です(前述のとおり、現在は「1966年 - 1988年」「1989年 - 2018年」「2019年以降」に一旦修正しています)。取り急ぎ、以上補足申し上げます……。--Assemblykinematics会話) 2020年1月27日 (月) 21:13 (UTC)

コメント 仮説実験授業の歴史区分と元号は関係が無いので西暦表示にした加筆は支持します。

文献的にはまだ弱いですが,会員のある方が作成した会員数のグラフでは(準公式サイトとに載る予定),1966年12月発足時200人。1987年400人。1989年3月号『たのしい授業』で「仮説実験授業研究会に入会しませんか」の記事を境に,1988年から1993年にかけて大きく会員数が伸び,2013年の1243人がピーク。2017年は1126人と,減少傾向は見えますが1000人当たりで推移中。 時代区分としては

  1. 提唱時から研究会設立まで。
  2. 全国研究会の設立(会員の要件を「研究会に貢献したもの」と厳格に運営し,レポートを発表しただけで入会を認めるわけではないという記述あり)
  3. キミ子方式発見を期に「科学教育」の領域を超えて広がる。
  4. 1983年の『たのしい授業』刊行で研究テーマが広がる。「たの授」読者1万人達する。1989年。「読者1万人を超えて会員の制限をする重要性は無くなった」として「入会のお誘い記事」をのせた。
  5. 1991年に会員が1000人を超えた。大会の分科会も多様なものになった。(現在まで続いている)
  6. 2018年会代表の板倉の死去。竹内代行を経て2020年度選挙で新代表が選出される。

会員数グラフ,分科会の数や教科の大幅拡大の変化をたどるとこんな区分になりそうです。

板倉賞についても,それ以前から大会等で主催者が「勝手に評価して表彰する」という伝統があってのことです。これについても調査された方がいるので,準公式サイトに載るでしょう。山本海行会話) 2020年1月27日 (月) 22:47 (UTC)

返信 (柳沢克央様、山本海行様宛) どうにも何か噛み合わないなと思っていたのですが、元号で時代を区分したというよりも「日本が昭和の頃に仮説実験授業研究会は何をしていたのか」「日本が平成の頃にどうだったのか」という「視点」で書かせてもらったということが前提にあります。何分50年以上の歴史を持つ組織ですし、往々にして読者はどのような時代背景の中でどのような変遷を辿ったかを知りたいと思うでしょうし、もしくはそう区分けされていると分かりやすいと感じられるためです。もちろん記事主題に立脚した時代区分と誤解しかねないというのは理解できますのでひとまず西暦表記で構いませんが、仮設実験授業研究会の会員の方は研究会を中心とした視点が強すぎる傾向があり、注意して欲しいと感じた次第です……。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

沿革の時代区分について[編集]

まだ文献未整備ではありますが、沿革の研究会の時代区分について材料になりそうなことを上げておきます。

研究会の水口氏のグラフによれば、

  1. 1966年設立時は200人
  2. 1987年400人
  3. 1993年ごろ1000人を超えた。
  4. 以後2013年のピーク1243人。
  5. 2017年1126人。

となっています。

最初の大きな時代区分は1970年代末から1980年代『授業科学研究』が発行されたときと考えます。この時代キミ子方式紹介され、研究会が科学教育の領域を超えました(仮説実験授業参照)。当時の研究会では、「なぜ絵の授業を研究会でやるんだ」という反発もあったように聞きます。それを板倉氏は「授業科学」という枠の拡大で研究会の発展を促したのではないでしょうか。そしてこの時期「日本歴史入門」も誕生した。 分科会もこれ以降多種多様化が進んだのではないかと予想しています。その成果が「楽しい授業」刊行につながったのではないでしょうか。「たの授」の記事は科学教育だけでは成り立たないので、それ以前に多様な研究が積みあがっていたはずです。なので『たの授』発行の1983年も時代区分とできるかもしれません。

過去の、機関誌に載っている大会要項を見ると、初期は参加資格を「研究会員」「レポート発表するもの」など制限しています。さらに「レポートを出しただけで会員にするわけではない」とまで書かれていることも。会則の「研究会に貢献したもの」という条項を厳密に運用しています。それが変わりだしたのは、「たの授」読者が1万を超え、板倉さんが会員を制限する意味もなくなったと判断した、1989年が大きな区分だと思います。結果会員1000人時代を迎えます。この影響は、それまで『会員レポート』は資料を会員分自分で印刷して事務局へ送る。それを製本して会員に配る。というシステムが廃止され、現在のオフセット印刷の「研究会ニュース」に変更になったことにつながりました。これは会員が500人を超えた時点で生じました。私もリアルタイムで経験しました。「もうこれ以上自分で印刷するのは無理だ」と思ったのです。今では分科会も多様になりました。純粋な仮説実験授業の研究はむしろ少数です。実質的にはすでに「授業科学研究会」となっています。

 現在はその流れがまだ継続している時代だと思います。 百科事典でどこまで踏み込むかはともかく時代区分となる出来事はこのようなものです。山本海行会話) 2020年1月28日 (火) 04:07 (UTC)

コメント このような分析を『たのしい科学』や『科学教育研究』、『科学史研究』などで論文としてまとめ上げて欲しいと感じました。特に『科学教育研究』や『科学史研究』に学術論文として発表されると、査読を受ける過程でより深い分析・調査ができると考えられます。また、どなたかと共著者になって論文を執筆すれば、より広く情報が集められると思います。
なお、自分は以前に高等教育機関の関係者として小学校の理科部会の先生方と接する機会がありましたが、現場の先生方はそういった活動と研究会の活動をどのように両立なさっていたのか気になりました。また、昨今はサイエンスフェア的なイベントが大学や博物館、公民館などで行われますが、そういったものとの干渉(ネタばれ)の影響や、相乗効果のようなもの、受講した生徒が自由研究やコンテストなどで活躍するようになったかなどの分析も興味深いところです。
あと、小学校や英語やプログラミングの必修化していく時代の中で、そういった多忙さが研究会の活動に影響はあったのか、もしくは参加会員は利点があったのか(研究会は中学、高校の先生もいるため、小学校の先生は情報収集しやすかったり、小学校の先生向けに英語授業の講座があったりしなかったか)などを知りたいと思う読者もいらっしゃるかもしれません。
既にWikipediaの方針やガイドラインの観点から、ご自身による見解は記述を控えられていると思いますが、上で述べたように論説の品質を向上させるためにも、事前に査読を経た学術誌に投稿していただきたいと思う次第です。僭越ながら、以上ご参考までに……(特にここで返信いただく必要はありません)。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

関連記事の棲み分けについて[編集]

これまで議論が行われた場所として、

があります。また、本記事を含め関連する記事は、今のところ

になると思います。ひとまず議論のために「仮説社」を改稿しており、もう少し加筆する予定ですが、ひとまず予告を兼ねて現状のまとめを記しておきます。--Assemblykinematics会話) 2020年1月25日 (土) 11:44 (UTC)

コメント 上のように議論の予告をしていましたが、加筆された現在となっては「仮説実験授業研究会」も「仮説社」も「独立記事作成の目安」を満足すると考えますので、特に議論は必要ないと考えています。第三者言及に弱いという意見もあるかもしれませんが、単独立項ができそうでできない記事の受け皿になっているということで、納得いただけると思います。また、自分は近々Wikipedia:ウィキブレイクに入りますので、今後の議論の舵取りはできませんので、その旨ご了承いただけると幸いです……。
あと関連記事を含めて加筆していく中で気になった点として、
  • 人物記事「板倉聖宣」- 仮説実験授業の提唱と板倉個人の貢献、その評価について、一セクションで簡潔に説明しておく必要があると考えます。また、科学史研究や思想も含めていろいろ加筆する内容がありそうですので、場合によっては著書の節を「板倉聖宣の著作一覧」として分割させることも手だと思います。
  • 記事「仮説実験授業」 - 記事「板倉聖宣」から節「海外の教育研究との関連」を移設してきて、外部からの評価を加筆する必要があると感じます。東京大学の研究者の方が『科学教育研究』『認知科学』に仮説実験授業の研究結果を発表しているようですので、そちらの分析や海外調査についても出典にできると考えています。なお、節「仮説実験授業の拡張」についてはスリム化して、詳細は「仮説実験授業研究会」で記述するべきではないかとも思いましたが、それには研究会の記事の大改造も必要なため、現時点では難しいように感じています。
  • 記事「仮説実験授業研究会」 - 「主要な人物」節を中心としたいくつかの記述は、下記のように分割立項できると考えています。
    • 人物記事「上廻昭」 - 世界で初めて仮説実験授業を実践された先生ですし、仮説社以外の出版社からの単著もあるため、単独立項できると考えていますが、記述が充実できる見込みができてからの立項で差し支えなさそうかと……。
    • 人物記事「犬塚清和」 - そのご活躍から十分に単独立項できる内容があると考えていますが、単著はあるものの関係が深い出版社からですので、ルネサンス高校時代の第三者言及がないと単独立項には弱いと感じました(グループの名誉会長まで勤められているので個人的には大丈夫だと思いますが、ガイドラインの基準について指摘されると少し心もとない状態です)。いずれはルネサンス高校の評価として犬塚先生にも言及がなされるようになるでしょうし(ルネサンス高校も仮説実験授業を取り入れているようですし)、研究会関係者の論文や書籍でも言及がされると思いますので、それまで待っても遅くないのではないと思っています。
    • 人物記事「松本キミ子」 - 現時点でも十分に単独立項が可能と考えます。「キミ子方式」についてはここで詳しく言及(文献には「かつて一世を風靡し、現在も実践現場に少なからぬ影響を与えている」と書かれており、美術界や教育界全体から見た分析や現状が書けるのではないかと思います)。
    • 寺院記事「東養寺 (新潟県)」 - 寺院や近隣の山道を含めた記事として単独立項ができると考えます。故・細井心円住職についてはこちらで記するとよいと思いますが、科学の碑や科学の碑記念館については東養寺と仮説実験授業研究会の両方に記述するのが良さそうです(記念会館は板倉コレクションなど研究会に関係が深いことも多いですし、科学の碑は無宗教者向けの墓地という特性もありますので……)。
  • 記事「マッキーノ」- 記事の棲み分けとは関係ありませんが、「マッキーノ全国大会」についても言及が欲しいと感じた次第です。
といったことが挙げられます。これらは正式な提案という訳ではなく、あくまで参考までに列挙したものですので、その点ご承知おき願います。以上、ご参考になれば幸いです……。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)
コメント 追伸 ここのノートも長くなってしまったので、仮に関連記事の棲み分けを議論するとすれば、ノート:仮説実験授業あたりがよいのかもしれません。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

出典提供の要請[編集]

心円祭や細井住職による碑文の揮毫、および板倉先生の納骨が科学の碑でなされたことなどについては、

といったブログ記事しか出典が見つかりませんでした。そのため、納骨については記述を見送り、心円祭と碑文の経緯については注釈での言及に留めています。もし『たのしい授業』など、検証可能性を満たす信頼できる情報源で言及されているようであれば、出典の差し替えやそれに伴う文章の修正をお願いしたい次第です……。--Assemblykinematics会話) 2020年2月2日 (日) 07:44 (UTC)

「良質な記事」のために追記すべきことまとめ[編集]

このスレッドは、「良質な記事」選考で寄せられたYapparinaさんのコメントを記事にどう反映させるかの覚え書きです。

『仮説』には結局何が書いてあったのか [編集]

板倉聖宣「仮説実験授業研究運動の新段階 ー『仮説』という新奇な機関誌の成立ー」(初出1975.1『仮説実験授業研究No.4』1975年5月,仮説社掲載)『仮説実験授業の研究論と組織論』,仮説社,1988,365-371頁より

「この『仮説』という雑誌は1974年末までに合計10冊が発行されている。大部分は西尾仮説サークルが発行元になっているが,仮説実験授業広島サークルや関西仮説実験授業サークル発行のものもある。発行元が違っても題名は同じ,号数も引き継がれているから同じ雑誌である。全国誌で全国に愛読者を持っている。発行部数は数百部で編集・発行・財政はすべて発行元のサークルで行われている。 『仮説』はミニコミある。その雑誌は現場にある発行者自身が読者と同じ立場にあるから,自分自身の問題意識を,目に見える読者に直接働きかけるような形で投げることができる。仮説実験授業研究会の会員は現在200人である。これは私たちが会員の数をできるだけ増やさないという方針をとっているからである。この会員の数に見合う雑誌と言えばそれは『仮説』である。実はこの『仮説』こそが仮説実験授業研究会の本当の機関誌というべき性格を持っているのである。『仮説』はもともと西尾仮説サークルによって創刊されたものであって,事務局の手で創刊されたものではないし,発行を依頼したものでもない。(365 - 370頁)」

「『仮説』第1集は西尾仮説サークル編,1973年7月23日発行となっている。134ページもある大作である。私は「これで200円は安すぎる」と思った。それでも犬塚さんたちは「儲かるからもっと出そう」というありさまであった。  私はこれを見てすぐ思った。「これを研究会の一つの運動形態として広めていったらどうだろう」と。それで小樽大会の席上でさっそく「他のサークルでも逐次そのような形の印刷物を作って全国に送ったらどうだろう」と提案した。」(370頁)

「内容は,授業記録,論文,手紙,板倉講演のテープ起こし」で,板倉さんは「私の講演記録を収録したものがあまりに多いのが気になる。西尾の犬塚さんたちは独自な考えでそうしているのだが,他のサークルまでそれを機械的にまねるとなったらそれはいいことではない。『仮説』にどんなことを盛り込むか,それは各サークルで考えてほしいと思っている。」(371頁)

「仮説サークル(サークル)」は結局何の集まりなのか[編集]

『たのしい授業』1996年4月号No.167の82‐86頁、池田基博「サークルへのご招待」より

仮説実験授業を中心にたのしい授業について語り合う会。活動内容は「参加者の資料発表、授業書の体験講座、ものづくり、授業プランの発表、授業書の実験道具の入手や問題の説明など詳しい人に聞ける、入門講座や研究会のニュースなどの情報を得られる、授業以外の悩みを聞いてもらえる、授業での子供の活躍やすばらしさを聞いて共感してもらえる、自分の感じたものを言葉や文字としてあらわすことで、自分らしさを見つけることができる場

「ガリ本図書館」「フェスティバル」「科学の碑記念会館」とは [編集]

調査中 --Yama-no-junin会話) 2020年2月13日 (木) 13:18 (UTC)

科学の碑記念会館やフェスティバルについては、近隣の大学図書館で『たのしい授業』をコピーして来ましたので、週末にある程度は加筆できます。ガリ本図書館については、『たのしい授業』の該当号が少し離れた図書館にしかなく、来週の月曜までお待ちいただければと思っています。出先からのため、取り急ぎ用件のみにて失礼申し上げます……--Assemblykinematics会話) 2020年2月14日 (金) 02:27 (UTC)