ノンフォーマル教育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ラオスのBig Brother Mouseにて、子供らへの読み聞かせ

ノン・フォーマル教育(Nonformal learning, NFE)とは、フォーマル教育(Formal learning, 学校教育)とは異なり、固定されたカリキュラムシラバス教育機関認証卒業認定などが存在しない様々な学習状況についての緩い定義であり、OECDにおいても認識されている[1]。フォーマル教育とインフォーマル教育の中間に位置する概念になる。たとえば、公民館教育委員会等が主催する学級・講座、幼児スイミングクラブ、地域スポーツクラブ、カンファレンス形式セミナー、ボーイスカウトガールスカウト運動、地域成人教育、スポーツクラブなどが挙げられる[2][出典無効]

ノン・フォーマル学習者の目的は、技術や知識を高めるだけではなく、感情的な高まりを経験し、その学習テーマについての情熱や愛を高めることでもある[3]

欧州職業訓練開発センター(CEDEFOP)は2001年のガイドライン「lifelong learning: formal, non-formal and informal learning」において、定義の違いを以下に述べている。

  • フォーマル教育:典型的には教育機関や訓練機関によって提供され、対象・学習時間・支援などの面で構造化されており、認証取得のための課程である。フォーマル教育は学習者の視点からは意図的な学習である。[4]
  • インフォーマル教育:労働、家族、レジャーなどの日常活動の結果としての学習。構造化されておらず、一般的には認証取得を目的としていない。イン・フォーマル教育は意図的にもなりえるが、多くのケースでは意図的な学習ではない[4]

ノンフォーマル教育の特徴[編集]

  1. ハンディを持った層のニーズへの応答
  2. 特定のカテゴリー集団に注力
  3. 目的に対してはっきりと注力する
  4. 組織や手法については柔軟である[5]

脚注[編集]

  1. ^ Recognising Non-Formal and Informal Learning: Outcomes, Policies and Practices, OECD, (2010-09), ISBN 9789264063846, http://www.oecd.org/edu/innovation-education/recognisingnon-formalandinformallearningoutcomespoliciesandpractices.htm 
  2. ^ Formal, Non-Formal and Informal Learning” (2011年5月22日). 2016年1月13日閲覧。
  3. ^ Quality guide to non-formal and informal learning processes (Report). (2004). オリジナルの2011年2月13日時点によるアーカイブ。. https://www.webcitation.org/5wT2umMVj?url=http://www.menon.org/publications/TQM%20Guide%20for%20informal%20learning.pdf. 
  4. ^ a b Glossary of key terms”. 2016年1月13日閲覧。
  5. ^ Department of Educational Foundations and Management. A Critical Assessment of the Role/Importance of Non-Formal Education to Human and National Development in Nigeria: Future Trends (Report). http://www.ijsre.com/Vol.,%205_2_-Ololube%20&%20Egbezor.pdf. 

外部リンク[編集]