ニコラス・スターン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ニコラス・スターン卿(スターン・オブ・ブレントフォード男爵)

スターン・オブ・ブレントフォード男爵ニコラス・ハーバード・スターンNicholas Herbert Stern, Baron Stern of Brentford1946年4月22日 - )は、イギリス経済学者。英国学士院会員 FBA。現ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE)教授およびアジア研究センターインド研究所所長。2006年10月30日に発表した「気候変動の経済学」と題する報告書(「スターン報告」)で知られる。

2000年から2003年まで世界銀行チーフエコノミスト兼上級副総裁を務めた後、英国大蔵省(財務省)次官、経済顧問を歴任した。


経歴・概要[編集]

ロンドンハマースミスにあるプライベートスクール、レイティマー上級学校 Latymer Upper School(アッパースクール、高等学校に相当)を経て、ケンブリッジ大学ピーターハウス Peterhouse, Cambridge, で数学の学位を、次いでオックスフォード大学ナフィールド・カレッジ Nuffield College, Oxford経済学における博士号(Ph.D)を取得した。1970年にオックスフォード大学で教壇に立ち、1977年まで講師。1978年から1987年までウォーリック大学経済学部教授。1986年から1993年までロンドン・スクール・オブ・エコノミクス (LSE) ジョン・ヒックス記念教授。1994年から1999年まで欧州復興開発銀行チーフ・エコノミスト兼総裁特別顧問。スターンの研究は経済開発と成長に焦点があてられた。また、ケニアインドにおける緑の革命に関する著作を著している。1999年から2000年までスターンは、ジョン・ケイが設立したロンドン経済コンサルタントの会長を務めた。

世界銀行勤務の後、英国蔵相(財務相)ゴードン・ブラウンに請われて2003年から英国大蔵省(財務省)に入り、大蔵次席事務次官 second permanent secretary at H.M. Treasuryに就任する。次官としては金融部門を担当し、政府経済庁 Government Economic Serviceの長官を務めた。アフリカ政策調査会長官として2005年7月、気候変動と開発が経済に今後、どのような影響を及ぼすか調査を委任された。こうして作成された報告書が「スターン報告書」である。2006年10月30日に公開された報告書では気候変動(地球温暖化)が世界経済にもたらすコストについて述べられ、国際社会が早期の温暖化防止に取り組むこと、特に二酸化炭素を中心とする温室効果ガスの低排出技術開発が主張された。報告書は環境問題への対処が現状ではもっともコストの低い選択であるとし、英国はもちろん国際社会に大きな反響を巻き起こした。[1][2]環境保護の観点からスターン報告書に賛同する人々のほか、ケネス・アローを筆頭に報告書に批判的な人々も主張を展開し、内外のメディアによってその反響は拡大していった。スターン自身は2007年に大蔵次官を辞任したが、彼の調査チームは引き続き、英国内閣府内に維持された。

受賞歴[編集]

1993年英国学士院会員に選出される[3]。そのほか、全米科学アカデミー名誉会員に推挙された。2004年下級勲爵士 Knight Bachelorに叙された[4]

2006年母校であるケンブリッジ大学ピーターハウスから名誉博士号 Honorary Fellowを授与された[5]

2007年10月18日一代貴族(男爵)に叙せられ、貴族院議員(無所属)に任命された。

2009年旭硝子財団の地球環境国際賞 ブループラネット賞を受賞。

このほか、ウォーリック大学名誉教授(2006年)[6]ジュネーブ外交・国際関係学校名誉教授(2007年)、シェフィールド大学名誉博士(2008年)[7]ヨーク大学名誉博士(2008年)を授与されている。

脚注[編集]

  1. ^ Robert Peston (2006年10月29日). “"Report's stark warning on climate"”. BBC. 2008年12月7日閲覧。
  2. ^ "Climate change fight 'can't wait'"”. BBC. 2008年12月7日閲覧。 - video, executive summary and slide show.
  3. ^ The British Academy (2006). British Academy Fellows Archive. Retrieved October 31, 2006.
  4. ^ Press and Information Office - LSE (2006). News and Views: Volume Thirty-Four ? Number Nine ? 21 June 2004. Retrieved October 31, 2006.
  5. ^ "Peterhouse" (college magazine) Jan 2008, page 3; also http://www.pet.cam.ac.uk/fellows/fellows.html
  6. ^ University of Warwick (2006). University of Warwick Honorary Degrees announced for July 2006. Retrieved October 31, 2006.
  7. ^ University of Sheffield (2008). Media Centre

外部リンク[編集]

先代:
ジョセフ・E・スティグリッツ
世界銀行チーフエコノミスト
2000年 - 2003年
次代:
フランソワ・ブルギニョン