トーマス・マクガイア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トーマス・マクガイア
Thomas McGuire
Thomas McGuire.jpg
愛機「パジーV世」号とともに
生誕 1920年8月1日
ニュージャージー州リッジウッド
死没 1945年1月7日(満24歳没)
ヴィサヤ諸島ネグロス島
所属組織 US Army Air Corps Hap Arnold Wings.svg アメリカ陸軍航空軍
軍歴 1941 - 1945
最終階級 陸軍少佐
テンプレートを表示

トーマス・ブキャナン・マクガイア・ジュニアThomas Buchanan McGuire Jr.,1920年8月1日1945年1月7日)は、アメリカ陸軍陸軍航空軍)の軍人。最終階級は陸軍少佐

アメリカ全軍において、第2位[1]の撃墜数38機を誇るエース・パイロット名誉勲章受勲者。

経歴[編集]

1920年8月1日、ニュージャージー州リッジウッドにて誕生し、親の転勤で10歳になる前にフロリダ州へ移住。1938年にはジョージア工科大学へ入学するが、1941年アメリカ陸軍航空隊(アメリカ陸軍航空軍)に志願し、大学を中退する。士官候補生としてテキサス州ランドルフフィールドで訓練を受け、卒業後、アラスカアリューシャン列島P-39 エアラコブラ操縦し、哨戒任務に従事していた。

その後、太平洋戦争が始まり、1942年12月にアメリカ本土へ戻ったマクガイアは、マリリン・ギースラー(Marilynn Giesler)と結婚。翌年3月に第49戦闘航空群第431戦闘飛行隊に配属され、南太平洋の戦地へと送られた。既に経験豊富なパイロットであり、指揮官には打ってつけ人材だったマクガイアはP-38 ライトニングを愛機とし、1943年8月18日には日本陸軍一式戦闘機「隼」2機と三式戦闘機「飛燕」1機を撃墜、その翌日にはさらに2機を撃墜し、エース・パイロットの要件を満たした。1943年10月17日の戦闘中、日本海軍零式艦上戦闘機を3機撃墜した直後、自身も撃墜され、辛くも乗機から脱出。その際に肋骨を折り、また手首には7.7mm機関銃による怪我を受けた。哨戒魚雷艇に救出されたのち、6週間の入院生活を送ったが、この時に銀星章パープルハート章を授与されている。その後、しばらくの間マクガイアは前線を離れるが、その中で、チャールズ・リンドバーグと会い、P-38での長距離航法の手ほどきを受けている。

最期[編集]

前線へ舞い戻ったマクガイアはその後も撃墜数を伸ばし続け、フィリピン戦中の1944年12月25日から26日の2日間でルソン島上空にて少なくとも7機の日本軍機を撃墜。マクガイアとトップ・エースの座を競っていたリチャード・ボングは同年12月、命令により戦場を離れアメリカ本土に帰国していたが、マクガイアも翌1945年2月には帰国することになっており、ボングの撃墜記録を抜けるか気を揉んでいた[2]

1945年1月7日、天候不良のなかマクガイアはP-38L(44-24845/「112」号機。マクガイアの愛機「パジー」号は「131」号機)に搭乗し、ベテランのジャック・リットメイヤー少佐と操縦経験の浅いエド・ウィーバー大尉、ダグ・スロップ中尉からなる「ダディ・フライト」(フライトは小隊の意)を率いて哨戒任務に出撃。哨戒中、ネグロス島上空において偵察任務から帰還中の日本陸軍飛行第54戦隊杉本明准尉操縦の一式戦「隼」三型甲(キ43-III甲)1機と遭遇、マクガイアは「ダディ・フライト」に落下タンクは切り離さないよう命じて空戦に入るも、リットメイヤー機(P-38J)を撃墜され「隼」を取り逃がす[3]。その後、スコールから出てきた飛行第71戦隊福田瑞則軍曹操縦の四式戦闘機「疾風」一型甲(キ84-I甲)1機と不規遭遇。低高度にて同位対進戦(同位反航戦)となるが撃墜され、マクガイアは戦死した。

その後、福田機は残ったウィーバー機、スロップ機と格闘戦に入り1機を撃破するが被弾、そのため離脱し雲に入りP-38の追撃を回避、翼下のマナプラ飛行場に着陸し生還している。なお、防弾装備が比較的充実しており頑丈であった「疾風」も被弾多数のため廃棄処分となっている。日本陸軍戦闘機隊とのこの一連の空戦でマクガイアが戦死したのは日米の戦史に残る事実であり、上記の空戦模様が最も有力な説となっているが[4]、僚機の証言や資料によっては一番初めに杉本機によって落とされた機体がマクガイア機であったとも、杉本機を追って無理な急旋回を行い失速・墜落、または福田機に背後をとられた僚機を救出するため急旋回を行い失速・墜落したともされ、実際の詳しい戦闘・戦死の状況は分かっていない。

ベテラン・パイロットである第54戦隊の杉本准尉(下士官操縦学生第82期)と異なり、第71戦隊の福田軍曹(少年飛行兵第10期)は新米であった。当初、福田軍曹はアメリカ軍輸送船団索敵任務のため僚機1機を連れ「疾風」で出撃するも、会敵できずまた天候不良のため僚機とはぐれ単機で帰還中、同じく偵察飛行に出撃し帰還中であった第54戦隊の杉本機と合流する。福田機がマナプラ飛行場に着陸体勢にはいった際、マクガイア編隊と遭遇し杉本機が劣位から応戦し上記の戦闘となった。福田軍曹はマラリアによる高熱をおして出撃しており、また乗機の「疾風」には落下タンクと100kg爆弾を搭載したまま空戦に突入、P-38との対進戦では体当たり覚悟であった。なお、福田軍曹は大戦を生き延び、戦後の取材で上記の戦闘模様を語っている[5]

マクガイアの遺体は現地人に確保され、1947年になってアーリントン国立墓地に埋葬された。なお、ニュージャージー州トレントンマクガイア空軍基地McGuire Air Force Base)の名はマクガイアの戦功に由来する。

脚注[編集]

  1. ^ 第1位は40機撃墜のリチャード・ボング陸軍少佐。
  2. ^ ジョン・スタナウェイ(梅本弘訳)『太平洋戦線のP-38ライトニングエース』大日本絵画、2001年
  3. ^ この戦闘において杉本機は被弾、不時着するが現地の抗日ゲリラに射殺された。
  4. ^ 伊沢保穂 『日本陸軍戦闘機隊 付・エース列伝』 酣燈社、1973年
  5. ^ 『丸エキストラ別冊 戦史と旅8 日本軍勝利の戦い』 潮書房、1998年

参考文献[編集]

  • Berg, A. Scott. Lindbergh. New York: G.P. Putnam's Sons, 1998. ISBN 0-399-14449-8.
  • Martin, Charles A. The Last Great Ace: The Life of Major Thomas B. McGuire, Jr. Jacksonville, Fl: Fruit Cove Publishing, 1999. ISBN 0-96677-910-X.
  • 秦郁彦 『太平洋戦争航空史話』 中央公論社、1980年