リチャード・ボング

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
リチャード・ボング
Richard Bong
Richard Bong.jpg
リチャード・ボング
渾名 "Ace of Aces"、"Bing" Bong
生誕 1920年9月24日
ウィスコンシン州 ポプラ
死没 (1945-08-06) 1945年8月6日(満24歳没)
カルフォルニア州 バーバンク近郊
所属組織 US Army Air Corps Hap Arnold Wings.svg アメリカ陸軍航空軍
軍歴 1941 - 1945
最終階級 陸軍少佐
テンプレートを表示

リチャード・アイラ・ボング(Richard "Dick" Ira Bong, 1920年9月24日-1945年8月6日) はアメリカ陸軍陸軍航空軍軍人。最終階級陸軍少佐

アメリカ全軍において第1位[1]となる、撃墜数40機を誇るエース・パイロット名誉勲章受勲者。愛機は機首に婚約者の写真を大きく引き伸ばして貼ったP-38 ライトニング“マージ号”。

経歴[編集]

ウィスコンシン州ポプラで生まれ、高校卒業後は教師になるために州立高等師範学校に通っていたが、19歳の時に第二次世界大戦が勃発。その後戦闘機パイロットになるために1941年5月に陸軍航空隊(陸軍航空軍)へ入隊。1942年10月から南西太平洋戦線に配属された。

格闘戦には不向きなP-38で日本軍機を相手に戦い、1944年4月、第一次世界大戦中にエディー・リッケンバッカーが記録した26機を上回ってアメリカ軍全軍を通じてのトップ・エースとなる。同年12月に名誉勲章を受章した後は本国勤務に回され、婚約者と結婚して広報活動と新型ジェット戦闘機P-80 シューティングスターテスト・パイロットを務めていたが、1945年8月6日、P-80の離陸直後の墜落事故で死亡した。

逸話[編集]

関連項目[編集]

  1. ^ 第2位は撃墜数38機のトーマス・マクガイア陸軍少佐。
  2. ^ a b 野原茂 「世界の撃墜王列伝」『JWings 2011年7月号』イカロス出版 (102-105ページ)

外部リンク[編集]