トリマラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
USA-17 —-全長90フィート (27 m)のトリマラン。旧名BOR90。
フィリピンの伝統的なパラウ船ダブルアウトリガーヨット(バンカ船

トリマランtrimaran)またはダブルアウトリガーdouble-outrigger)とは三胴船で、普通は主船体と、主船体から張り出した横桁に取り付けられた2つの小さなアウトリガー船体(または「フロート」)で構成される。現代のトリマランのほとんどは、レクリエーションやレース用に設計された帆走用ヨットである。その他には一部のフェリー軍艦がある。それらは、海域東南アジアオーストロネシア文化の伝統的なダブルアウトリガーカヌーに由来する。特にフィリピンと東インドネシアでは、この伝統的な漁船の船体設計が依然として多数を占めている。ダブルアウトリガーは、古いカタマラン(双胴船)シングルアウトリガー船の設計から派生した [1] [2]

用語[編集]

「トリマラン」という言葉は、「3」を意味する接頭語の「tri-」に、「双胴船(カタマラン)」を意味する「(cata-)maran」の後半を繋いだかばん語であり[3] 、ウクライナ生まれで現代的な多胴船の先駆者であるビクター・チェチェット(Victor Tchetchet)の造語だと考えられている [4]

帆走用トリマラン[編集]

歴史[編集]

イラヌン人英語版Lanong船。ダブルアウトリガーの軍船で、フィリピンマギンダナオ王国スールー王国18世紀から19世紀後半まで使われた。また、襲撃や海賊にも使用されていた [5]
オーストロネシアの船の発達における形態の派生過程(Mahdi、1999)
「バラティック」はレプリカで、フィリピンビサヤ諸島の伝統的なオーストロネシア文化のトリマランであるパラウ船(Paraw)を模している。

最初のダブルアウトリガー船オーストロネシア人によって開発され、今日でも海域東南アジアの伝統的な漁師によって広く使用されている。これは、古代のシングルアウトリガー船から発展した物で、風下時のタッキングの不安定さを解決した[6]。ただし、ミクロネシアポリネシアのオーストロネシア人の間では、ダブルアウトリガーは開発されなかった(メラネシア西部には存在する)。代わりに、シングルアウトリガーとカタマランが使用された [1] [2] [7] [8] [9]

ダブルアウトリガーの軍船は古代から近世まで、海域東南アジアで広く使われた。例としては、フィリピンのビサヤ諸島パンパンガ州のカラコア(karakoa)[10] [11]、イラヌン人やバンギギ人のラノン(lanong) [5]モルッカ諸島のコラコラ(Kora kora[12] [13]ムンタワイ諸島のナバトボゴル(knabat bogolu[14]、そしてボロブドゥール遺跡の船のレリーフ(Borobudur ship)。これらは植民地時代にヨーロッパ人によって「プロア英語版」と呼ばれることが多かったが、この言葉は広く現地の在来船を指し、ダブルアウトリガー船以外のシングルアウトリガー船やアウトリガーのない船を指すこともある [15] [16]

20世紀[編集]

セーリング用カタマランとトリマランは、1960年代と1970年代に人気を博した [8] [17]。現代的なセーリングトリマランは、1945年にアメリカで、長さ約24フィート(7メートル)の船舶用の合板で2隻のトリマランを建造したウクライナからの移民のビクター・チェチェットによって始まった。彼が「トリマラン」という用語を作り出したと信じられている[4]。1950年代と1960年代に、アーサー・パイヴァー(Arthur Piver)は合板組み立て式のトリマランを設計・製造した。これは重く、現代の基準では海に馴染むものではなかった。それにもかかわらず、これらのいくつかは海を渡った[18]。他のデザイナーたちが彼に続き、トリマラン・クルーザーの性能と安全性が改良された。

これらは自作用キットだったが、完成品も販売されるようになった。そのうちのいくつかは長さ19–36フィート (5.8–11m)で、「日曜船乗り」用に車で曳いて輸送できるように設計されている。

インドネシア西スラウェシのマジェネで撮影。伝統的なオーストロネシアクラブクロウセイル英語版を備えたダブルアウトリガーヨットであるサンデク船(Sandeq

現代の西洋製のトリマランは、通常、タンジャセイル英語版クラブクロウセイル英語版のようなオーストロネシア式の帆装ではなく、標準的なバミューダリグ英語版である。また、全体ではかなり幅広になっている。さらに、フロートも、アウトリガーカヌーの物よりもはるかに浮力があり、大きな船形に見合っている。それは傾斜して沈んだ分だけ抗力になり、フロートがどこまで沈んでいるかはリーフィング英語版(縮帆)するタイミングの目安になる。

向かい風に対する最大速度、最大速度、追い風の場合の速度に関するDoran(1972年)による客観的な比較では、ふたつの伝統的なアウトリガー船、フィリピンのダブルアウトリガーのベンタと、カロリン諸島のシングルアウトリガーのワ (船)英語版の両方を使った。それぞれ、当時の現代的トリマランよりも優れていた [19]

LoeRea 、映画「ウォーターワールド」で使用された60フィート(18メートル)のトリマラン

折りたたみトリマラン[編集]

ハイシエラレガッタでのウェタトリマランレース

いくつかのメーカーは、フロートを取り外したり、配置を換えたり、主船体の近くに折りたためたりするトリマランを製造している。そうすることで、陸上輸送時に牽引できたり、マリーナの通常の単胴船と同じスペースに収めたりできる。いくつかのメカニズムにより、アウトリガーをコンパクトにできる。

競争と記録[編集]

トーマス・コーヴィル英語版は、トリマランの「ソデボ・ウルティム」で2016年12月25日に達成した49日3時間の単独世界周航の世界記録を保持している。彼の偉業に先立って、フランシス・ジョヨン(Francis Joyon)は、2008年1月20日に単独世界一周の世界記録を達成した。 51歳のフランス人は、トリマランで57日、13時間、34分、6秒で地球を一人で一周した。彼は、2005年2月に達成された英国人のエレン・マッカーサー(Ellen MacArthur)の記録を破った。彼女はナイジェル・イレンズ英語版の設計したトリマランで71日強を海で過ごした[20]

フランシス・ジョヨンと5人の乗組員は2016年12月から2017年1月にかけてトリマランのIDEC SPORTで現在の絶対最速(風力または動力における)の海上世界周航記録、40日23時間30分30秒を出した。平均速度は26.85ノット (49.73 km/h)で、航行した総距離は26,412海里(48,915キロメートル)[21] 。2020年の初めに、同じ船が香港からロンドンまでのティークリッパールートを32日弱で走破した。これは、当時のクリッパーがルートを航行するのにかかった時間の3分の1である[22][23]

水中翼帆走英語版の実験船として作られたトリマランHydroptèreは、フランスのフォス=シュル=メール近くの海上で短時間56.3ノット (104.3 km/h; 64.8 mph)に達した [24] が、横転してその後まもなく完全に転覆した [25] [26]

第33回アメリカスカップ[編集]

ゴールデンゲート・ヨットクラブ英語版が編成したBMWオラクルレーシングチームは、2010年2月14日にスペインバレンシア沖で開催された2010アメリカズカップカタマランのアリンギ(Alinghi)を2-0で破って優勝した。1992年以来、アメリカズカップを獲得した最初のアメリカ代表である。 USA 17トリマランの硬い帆(Wingsail)は決定的なアドバンテージを提供し、トリマランは各レースでかなりの差を付けて勝利した。

動力船[編集]

アースレース」(のちのシーシェパード船「アディ・ギル」)は、2008年に動力船による世界一周の世界記録60日23時間49分を達成した[27][28]

トリマラン艦船[編集]

トリマランは、旅客フェリーや軍艦にも使用されている。オーストラリアの造船会社オースタルはカタマラン(双胴船)とモノハル(単胴船)とトリマランのメリットを比較した。彼らは、外船体の配置を最適化することで波の発生を最小限に抑え、その結果、貨物1,000トンを積載した状態では高速発揮するための出力を最小化できることを発見した。さらに、そのようなトリマラン構成は、横方向からの力を受けた時の揺れがカタマランよりも少なくなり、向い波を受けたときの縦揺れも抑えられ、船酔いの抑制にも優れていることが判明した [29]

カタマランまたはモノハルと比較したトリマランのマイナス面は次のとおり [29]

  • 船体構造が複雑になるので、積載重量当たりのコストが高価になり、低密度の貨物や乗客により適したものになる(重量物の輸送に向かない)。
  • より複雑な形状になり、積載重量当たり船体サイズが大きくなり、カタマランやモノハルよりもドック入りが難しくなる。

2005年から2020年の間に、オースタルは14隻のアルミニウム製高速トリマラン船を建造した。そのうち11隻は米海軍向けだった。 2020年は、11隻のトリマランが建造中または受注中である。オーストラリアと米国の造船所に加えて、同社はベトナムフィリピンに造船所を有している[30]

2005年、カナリア諸島で運航するスペインのフェリー会社Fred Olsen S.A.向けの全長127メートル (420 ft)の船Benchijigua Expressをオースタルは建造した 。この船は、最大で40ノットの速度で、1,280人の乗客と340台の車または同等物を運ぶことができ、引き渡し時点では世界最長のアルミニウム船だった[31]。イギリス軍艦の実験船トライトン(RV Triton)はイギリスの軍需企業キネティック社(Qinetiq)が2000年に建造した。2005年10月、米国海軍は、ジェネラル・ダイナミクス設計、オースタル建造のLCS(沿海域戦闘艦)トリマラン(現LCS-2 インディペンデンス)を発注した[32]

高速フェリー[編集]

HSCバハマーエクスプレス

高速船は、避難港から4時間以内の国際旅客航海、または避難港から8時間以内の500総トン数の貨物船向けに設計されたものに適用される規定に準拠している。すべての乗客には座席が提供され、寝室は用意されていない[33]

高速フェリーの需要は1970年代後半に始まり、当時は主にノルウェーで建造された。最終的に、オーストラリアの2つの造船所、インキャットとオースタルが目立つようになった [34]。当初多くの造船所によって建造されたが、世紀の変わり目までに、70メートルと3,000総トンを超える大型船を建造しているのは2社だけとなった。インキャット波浪貫通型船体英語版のカタマランを専門としていたが、オースタルは高速トリマランを開発した[35] [30]

2010年にオースタルは全長102メートルの「ハル270」を建造したが、2015年まで購入者を見つけられなかった。最終的に「コンドル・リベレーション」(HSC Condor Liberation)と名付けられてチャンネル諸島で運航するためにコンドルフェリー社(Condor Ferries)に売却された[36]。2017年にフレッドオルセン(Fred. Olsen Express)はカナリア諸島で運航するために2隻の117メートルのトリマランフェリー、「バハマー・エクスプレス」と「バニャデロス・エクスプレス」を注文した[37]。2018年、日本のJR九州は全長83.5メートルで速力約36.5ノットのトリマランフェリーを発注して、2020年10月に博多港に到着した[38] [39]

海軍艦艇[編集]

トリマラン軍艦、 USSインディペンデンス

現代の海軍での最初のトリマランはイギリス海軍の研究船RVトリトンだった。イギリス海軍のFuture Surface Combatant(将来型水上戦闘艇)の技術試験船として建造され、船体形状の実用性を確認するために使用された。 2007年から2015年まで、この船はオーストラリア税関英語版(現オーストラリア国境警備隊英語版)の海上警備隊で使用された。

ジェネラルダイナミクスが設計してオースタルのアメリカ造船所で建造された沿海域戦闘艦もトリマランである。 USSインディペンデンス(LCS-2)は、これらの船の最初のもので、ロッキード・マーティン沿海域戦闘艦は、単胴船である。

2012年8月31日にバリ海峡を最初に航行した全長63メートルの炭素複合材トリマラン・高速ミサイル艇(インドネシア語:Kapal Cepat Rudal [KCR])は、 Klewang級高速攻撃艇と名付けられた(Klewangとは伝統的なインドネシアの片刃の剣を意味する)。インドネシア東ジャワバニュワンギ英語版に本拠を置く造船会社ノースシーボート(North Sea Boats)によって建造された、インドネシア海軍のステルス性を備えたトリマランである。 この船は、多くの先端技術を結集して作られている。船体はインフュージョン成形で、炭素繊維-ビニルエステル複合材で全構造が作られた波浪貫通型船体で、ステルス性を高めた船体形状とともに、レーダー探知を減らすことを目的としている。 KRI Klewang(625)は、2012年9月28日のメンテナンス中にエンジンルームの電源のショートで発火し、全損となった。

43メートル級トリマラン「オーシャン・イーグル」は、1998年に動力船世界周航記録を達成したトリマラン「アドベンチャー英語版」などの設計者であるナイジェル・イレンズ英語版の案を元に、フランスの造船会社CMN(Constructions Mécaniques de Normandie)が建造して、モザンビークで沿岸警備任務に就く予定である[40][41]

帆走トリマラン[編集]

動力トリマラン[編集]

関連項目[編集]

脚注 [編集]

  1. ^ a b Mahdi, Waruno (1999). “The Dispersal of Austronesian boat forms in the Indian Ocean”. In Blench, Roger. Archaeology and Language III: Artefacts languages, and texts. One World Archaeology. 34. Routledge. p. 144-179. ISBN 0415100542 
  2. ^ a b Doran, Edwin B. (1981). Wangka: Austronesian Canoe Origins. Texas A&M University Press. ISBN 9780890961070 
  3. ^ Collins English Dictionary – 2007 – Harper Collins – ISBN 978-0-00-780072-8
  4. ^ a b Victor Tchetchet” (英語). Multihull Maven. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  5. ^ a b James Francis Warren (2007). The Sulu Zone, 1768-1898: The Dynamics of External Trade, Slavery, and Ethnicity in the Transformation of a Southeast Asian Maritime State. NUS Press. pp. 257–258. ISBN 9789971693862 
  6. ^ アウトリガーが一方にしかないため、それが風上側にある場合と風下側にある場合で船の挙動が大きく変わる
  7. ^ Beheim, B. A.; Bell, A. V. (23 February 2011). “Inheritance, ecology and the evolution of the canoes of east Oceania”. Proceedings of the Royal Society B: Biological Sciences 278 (1721): 3089–3095. doi:10.1098/rspb.2011.0060. PMC: 3158936. PMID 21345865. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC3158936/. 
  8. ^ a b Hornell, James (1932). “Was the Double-Outrigger Known in Polynesia and Micronesia? A Critical Study”. The Journal of the Polynesian Society 41 (2 (162)): 131–143. 
  9. ^ Doran, Edwin, Jr. (1974). “Outrigger Ages”. The Journal of the Polynesian Society 83 (2): 130–140. http://www.jps.auckland.ac.nz/document//Volume_83_1974/Volume_83%2C_No._2/Outrigger_ages%2C_by_Edwin_Doran_Jnr.%2C_p_130-140/p1. 
  10. ^ Francisco Ignacio Alcina (1668). Historia de las islas e indios de Bisayas. https://trove.nla.gov.au/work/21366897?selectedversion=NBD197673 
  11. ^ en:Francisco Combés (1667). Historia de las islas de Mindanao, Iolo y sus adyacentes : progressos de la religion y armas Catolicas. http://bdh.bne.es/bnesearch/detalle/bdh0000014686 
  12. ^ Charles P.G. Scott (1896). “The Malayan Words in English (First Part)”. Journal of the American Oriental Society 17: 93–144. https://books.google.com/books?id=9MJBAAAAYAAJ. 
  13. ^ Raymond Arveiller (1999). Max Pfister. ed. Addenda au FEW XIX (Orientalia). Beihefte zur Zeitschrift für romanische Philologie. Volume 298. Max Niemeyer. p. 174. ISBN 9783110927719. https://books.google.com/books?id=8p7yCQAAQBAJ&dq 
  14. ^ Haddon, Alfred Cort (1920). The Outriggers of Indonesian Canoes. London: Royal Anthropological Institute of Great Britain and Ireland
  15. ^ Folkard, Henry Coleman (1853). The Sailing Boat: a description of English and foreign boats. London: Hunt and Son. https://books.google.com/books?id=B10BAAAAQAAJ&pg=PR3 
  16. ^ Blackburn, Graham (2003). The Illustrated Encyclopaedia of Ships and Boats. I.B.Tauris. p. 262. ISBN 9781860648397. https://books.google.com/books?id=q-h6i3GpMQUC 
  17. ^ Harris, Robert B. (1965). “Catamarans: A Revolution in Sailing History”. Archon (en:Zeta Phi Beta Sorority, Inc.) (Fall 1965): 12. 
  18. ^ Randy Thomas (1985年6月). “Multihulls Discovered: Part 1: Their origins, myths, magic, mana... and caveats that go along with these craft that have evolved from ancient heritage.”. Yachting. 2015年1月1日閲覧。
  19. ^ Edwin Doran Jr., Texas A. & M. University (1972年). “Wa, Vinta, and Trimaran”. en:Journal of the Polynesian Society, Volume 81, No. 2. 2015年1月1日閲覧。 “In contrast to double-outrigger canoes, however, [trimaran] floats are often quite large and buoyant and contribute considerably to drag which slows the boat. [...] The Pacific canoes are notably more narrow ([length/beam] ratios of about 10 and 13 respectively) than the trimaran (ratio of about 7).”
  20. ^ Staff (2016年12月25日). “French sailor Thomas Coville sets new record for solo sailing circumnavigation | DW | 25.12.2016” (英語). Deutsche Welle. 2019年2月19日閲覧。
  21. ^ Gain (2017年2月6日). “Q&A with IDEC Sport skipper Francis Joyon” (英語). Sailing World. 2020年6月20日閲覧。
  22. ^ クリッパーによる新茶輸送競争、いわゆるティーレースの中で最も有名な1866年の「グレート・ティー・レース」では上位3隻が99日でロンドンに到着した。Great Tea Race of 1866参照。
  23. ^ IDEC SPORT shatters Tea Route Record >> Scuttlebutt Sailing News” (英語). Scuttlebutt Sailing News (2020年2月20日). 2020年6月20日閲覧。
  24. ^ Though it was first announced the ship reached 61 kn: «Pointe de l'Hydroptère à 61 noeuds» (フランス語)
  25. ^ Les données officielles ont été récupérées Archived 2010-10-08 at the Wayback Machine., en:L'Hydroptère, 14 January 2009 (フランス語)
  26. ^ Hydroptere: 61 knots and huge crash with 35-38 knots, gusts over 45”. Catamaran Racing (2008年12月22日). 2013年11月19日閲覧。
  27. ^ アメリカ海軍の原子力潜水艦トライトンによるサンドブラスト作戦は60日21時間で世界一周している
  28. ^ Seiff, Abby (2006). “Fast Fueled”. en:Popular Science (en:Bonnier Group) 269 (6): 18. 
  29. ^ a b Yun, Liang; Bliault, Alan (2014-07-08) (英語). High Performance Marine Vessels. Springer Science & Business Media. pp. 238–9. ISBN 978-1-4614-0869-7. https://books.google.com/books?id=3wcDzNJpXf0C&printsec=frontcover&pg=PA240&dq=high-speed+trimaran+ferries 
  30. ^ a b Biscevic (2020年2月28日). “Austal's WA shipyard launches new trimaran” (英語). Manufacturers' Monthly. 2020年6月20日閲覧。
  31. ^ Delivery Benchijigua Express – Austal”. 2006年4月22日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  32. ^ Defence – Littoral Combat Ship (LCS) – Austal”. 2008年8月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月22日閲覧。
  33. ^ International Maritime Organization (2020年). “High-Speed Craft (HSC)”. www.imo.org. 2020年6月19日閲覧。
  34. ^ Talley, Wayne K. (2012-02-13) (英語). The Blackwell Companion to Maritime Economics. John Wiley & Sons. pp. 173. ISBN 978-1-4443-3024-3. https://books.google.com/books?id=I_Uu4_VRDXUC&printsec=frontcover&pg=PA164&dq=high+speed+ferry+industry 
  35. ^ AUSTAL. “AUSTAL Trimaran technology”. 2020年11月22日閲覧。
  36. ^ Staff (2015年5月27日). “Allegations that Condor Liberation could capsize are 'sensationalist and factually incorrect'” (英語). Jersey Evening Post. 2020年6月15日閲覧。
  37. ^ AUSTAL AUSTRALIA ROLLS OUT 118 METRE TRIMARAN FOR FRED. OLSEN EXPRESS | https://www.austal.com/news/austal-australia-rolls-out-118-metre-trimaran-fred-olsen-express
  38. ^ 「QUEEN BEETLE」10月15日(木) 博多港に到着しました! | お知らせ | 福岡から韓国(釜山)に行くならビートル(BEETLE) | JR九州高速船”. JR九州. 2020年11月16日閲覧。
  39. ^ Austal awarded $68m contract for 83 metre trimaran | https://www.austal.com/news/austal-awarded-a68m-contract-83-metre-trimaran-jr-kyushu-jet-ferry-japan
  40. ^ GINGER GARDINER. “Dark knights: Sleek trimarans surveil the seas | CompositesWorld”. Gardner Business Media, Inc.. 2020年11月19日閲覧。
  41. ^ OCEAN EAGLE 43 - CMN Group”. CONSTRUCTIONS MECANIQUES DE NORMANDIE. 2020年11月19日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]