トリオII

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
トリオII
ドリー・パートン, エミルー・ハリス および リンダ・ロンシュタットスタジオ・アルバム
リリース
録音 1994
ジャンル カントリー
時間
レーベル アサイラム
プロデュース ジョージ・マッセンバーグ
ドリー・パートン, エミルー・ハリス および リンダ・ロンシュタット アルバム 年表
トリオ
1987
トリオII
1999
The Complete Trio Collection
2016
ドリー・パートン 年表
Hungry Again
1998
トリオII
1999
Precious Memories
1999
エミルー・ハリス 年表
スパイボーイ
1998
トリオII
1999
ウェスタン・ウォール:ザ・ツーソン・セッションズ
1999
リンダ・ロンシュタット 年表
We Ran
1998
トリオII
1999
ウェスタン・ウォール:ザ・ツーソン・セッションズ
1999
『Trio II』収録のシングル
  1. 「High Sierra」
    リリース: January 1999
  2. After the Gold Rush
    リリース: April 1999
  3. Feels Like Home
    リリース: April 1999
  4. Do I Ever Cross Your Mind
    リリース: April 1999
テンプレートを表示

『トリオII』 (原題:Trio II)は ドリー・パートンエミルー・ハリスリンダ・ロンシュタットによる2枚目のコラボレーションスタジオアルバム。 1999年2月9日にアサイラム・レコードからリリースされた。 [1]

バックグラウンド[編集]

グラミー賞を受賞したプラチナアルバム『トリオがリリースされてから十数年後、カントリーミュージックのスーパーグループは別のグループと同じように戻ってきた。 ヴォーカルは1994年にパートン、ハリス、ロンシュタットによって録音されたが、レーベルの論争とスケジュールの競合ために当時リリースすることができなかった。 最終的にロンシュタットはアルバムの10トラックのうち「ラヴァーズ・リターン」、「ハイ・シエラ」、「 アフター・ザ・ゴールドラッシュ」、「ブルー・トレイン」、「 フィールズ・ライク・ホーム 」の5トラックを(パートンのボーカルなしに)リミックスして、1995年のアルバム『フィールズ・ライク・ホーム収録した。

1998年、パートンとハリスがそれぞれのレーベルと別れた後、彼らは最初に録音されたアルバムをリリースすることを決定した。 それぞれの多忙なスケジュールのために写真撮影が不可能であることが判明したため、パートン、ハリスそしてロンシュタットの子供時代の写真がアルバムのカバーに使用された。

リリースと販促活動[編集]

アルバムは1999年2月9日にリリースされ、スケジュールの競合により長時間のコンサートツアーは許されなかったが、三人は短いプロモーションツアーを行ってアルバムをサポートした。 このトリオは、 CBS This Morningザ・トゥナイト・ショー・ウィズ・ジェイ・レノトゥデイレイト・ショー・ウィズ・デイヴィッド・レターマン 、およびRosie O'Donnell Showに出演している[2]

当初、シングルをカントリーラジオ局向けにリリースする予定はなかったが、アルバムのリリースに先立って1999年1月にアダルトコンテンポラリーラジオ局向けにリリースされた「ハイ・シエラ」が誤ってカントリーラジオ局にも送られ[3] [4] オンエアされた。 1999年4月、アルバムの好調な販売の後、3枚のシングル「 アフター・ザ・ゴールドラッシュ 」、「 フィールズ・ライク・ホーム 」、「 ドゥ・アイ・エヴァ―・クロス・ユア・マインド 」がカントリーラジオ局向けに同時にリリースされた。 [5] [6] 3月25日にニューヨーク市のシナゴーグで「アフター・ザ・ゴールドラッシュ」のミュージックビデオが撮影され、4月13日にグレート・アメリカン・カントリーにて初めて演奏された。

批評[編集]

専門評論家によるレビュー
レビュー・スコア
出典評価
オールミュージック3/5stars[7]
エンターテイメント・ウィークリーB+[8]
ロサンゼルス・タイムズ3.5/4stars[9]
Robert Christgau(neither)[10]
ローリング・ストーン3/5stars[11]

アルバムは音楽評論家から好評を得た。

ビルボードは、1999年2月6日号のアルバムレビューで「『トリオII』は1987年の三人の星の声による共同の成果を改めて表しています。 そのようなエーテルの歌の永遠の魅力はカーター・ファミリーの「ラヴァーズ・リターン」に最もよく表されており、しろがね色に響くギターの旋律がトリオの甘いハーモニーに加勢しま。 月並みな言い方をすれば、この三人はバーバンク電話帳をも歌わせることができたでしょう。 楽曲の大半はこのような高い水準に達し、ジョージ・マッセンバーグによるプロデュースは非常に明確で目標を達成しています。 ドリー・パートンのポップっぽい「ドゥ・アイ・エヴァ―・クロス・ユア・マインド」は、エミルー・ハリスのビブラートをかけたリード・ボーカルによって永遠のカントリーになっています。 ニール・ヤングの「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」はこのきらめくバージョンで本物のおとぎ話のような品質を帯びています。 ハリスのリードボーカルは、ドナ・ロングの 「ユール・ネヴァー・ビー・ザ・サン」に聖歌のようなクォリティを与え、リンダ・ロンシュタットによるランディ・ニューマンの「フィールズ・ライク・ホーム」のリードも同様です。 アルバムの最後はオケインズの素敵な「ウェン・ウィア・ゴーン、ロング・ゴーン」です。」と述べている。[12]

エンターテインメント・ウィークリーはこのアルバムにB +を与え、「道の約75%に達する」としたが、それでも「非常に素晴らしい」と述べている。 ロサンゼルス・タイムズはアルバムに4つ星中3.5与え、「重鎮ニール・ヤングを触発した「アフター・ザ・ゴールド・ラッシュ」は過ぎ去った時代のヤングのエレジーに天上の愛のハーモニーをもたらした。ハリスの代表的なボーカルの純粋さは、ドナ・ロングの驚くほど可愛らしいラブソング「ユール・ネヴァー・ビー・ザ・サン」にぴったりです。 そしてロンシュタットはジェニファー・キンボールとトム・キンメルの「ブルー・トレイン」とランディ・ニューマンの「フィールズ・ライク・ホーム」でカントリーロックの恐るべき遺産を汲みだしました」と述べている。 オールミュージックの執筆中、Becky Byrkitはアルバムを5つ星中3つ星にして、アルバムを「キュービックジルコニアの美しいラインに沿った宝石、本物の歌姫の最も善意と愛情からの」と呼んでいる。 ローリング・ストーンパトリック・カーは、アルバムに5つ星のうち3つを与え、「最高の状態で、この相互賞賛の社会は天に近づく復讐とともに機能する」と述べた。

商業的パフォーマンス[編集]

このアルバムはUS ビルボード トップ・カントリー・アルバムチャートで4位、US Billboard 200で 最高62位に達した。 アルバムはまた、 RPM カントリー・アルバム・チャートでカナダにおいて最高4位に達した。

このアルバムからの最初のシングル「ハイ・シエラ」は1999年1月にアダルトコンテンポラリーラジオ局に送られ、 RPM Country 100チャートで最高90位に達した。 アルバムの好調な販売の後、1999年4月に「 アフター・ザ・ゴールドラッシュ 」、「 フィールズ・ライク・ホーム 」、「 ドゥ・アイ・エヴァ―・クロス・ユア・マインド 」の3枚のシングルが同時にカントリーラジオ局にされたが、どれもチャート化するのに十分なオンエアはなされなかった。

称賛[編集]

このアルバムはグラミー賞のベスト・カントリー・アルバムにノミネートされた。 アフター・ザ・ゴールドラッシュ 」は、グラミー賞のヴォーカルでのベストコラボレーションを受賞した。 [13]

第42回年間グラミー賞
ノミネート対象 結果
2000 Trio II Best Country Album ノミネート
"After the Gold Rush" Best Country Collaboration with Vocals 受賞
Year Nominee / work Award Result
2000 Trio II Best Country Album Nominated
"After the Gold Rush" Best Country Collaboration with Vocals Won

トラックリスト[編集]

#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Lover's Return」(A.P. Carter, Maybelle Carter, Sara Carter)  
2.「High Sierra」(Harley Allen)  
3.Do I Ever Cross Your Mind(Dolly Parton)  
4.After the Gold Rush(Neil Young)  
5.「The Blue Train」(Jennifer Kimball, Tom Kimmel)  
6.「I Feel the Blues Movin' In」(Del McCoury)  
7.「You'll Never Be the Sun」(Donagh Long)  
8.「He Rode All the Way to Texas」(John Starling)  
9.Feels Like Home(Randy Newman)  
10.「When We're Gone, Long Gone」(Kieran Kane, James Paul O'Hara)  
合計時間:

パーソナル[編集]

アルバムのライナーノーツから。 [1]

  • ラリー・アタマヌイク – ドラム
  • ジョン・ブレンズ – プロダクション・アーキビスト
  • コシュ・ブラドリー –アートディレクション、デザイン
  • リン・ブラッドリー –アートディレクション、デザイン
  • ロビーブキャナン – アコースティックピアノ、ヘレンの声、ロードス、シンセサイザー、B-3シンセサイザー
  • デヴィッド・キャンベル –ストリングス
  • マーク・キャスティーヴンス –アコースティックギター
  • デヴィッド・グリスマン –マンドリン
  • マイケル・ハーゲグッド–アート管理
  • エミルー・ハリス –リードボーカル、ハーモニーボーカル
  • ロイ・ハスキー・ジュニア –ベース、アコースティックベース
  • カール・ジャクソン –アコースティックギター
  • デニス・ジェイムズ –ガラスハーモニカ
  • ベン・キース –スチールギター
  • ナサニエル・カンケル –録音
  • ジム・ケルトナー –ロードケース、ドラム
  • アリソン・クラウス –フィドル
  • デヴィッド・リンドレー –オートハープ
  • ジョージ・マッセンバーグ –プロデューサー、レコーディング、ミキシング
  • エドガー・メイヤー –アコースティックベース
  • ディーン・パークス –アコースティックギター、エレキギター、マンドリン
  • ドリー・パートン –リードボーカル、ハーモニーボーカル
  • リンダ・ロンシュタット –リードボーカル、ハーモニーボーカル、ストリングス、ストリングスアレンジメント、ミキシング
  • ゲイル・ロスマン –制作アシスタント
  • ダグ・サックス –マスタリング
  • ケビン・スコット –レコーディングアシスタント
  • リーランド・スカラー –ベース
  • ジャネット・スターク –制作アシスタント
  • ジョン・スターリング –アコースティックギター

チャート[編集]

アルバム

シングル

題名 ピーク
ポジション
カナダの

カントリー [14]

「ハイシエラ」 1999 90

認証[編集]

国/地域 認定 認定/売上枚数
アメリカ合衆国 (RIAA)[15] Gold 500,000^

*認定のみに基づく売上枚数
^認定のみに基づく出荷枚数


脚注[編集]

  1. ^ a b Emmylou Harris, Linda Ronstadt, Dolly Parton - Trio II” (英語). Discogs. 2019年5月22日閲覧。
  2. ^ Dollymania: The Online Dolly Parton Newsmagazine. Your premier resource for Dolly Parton news and information”. www.dollymania.net. 2019年5月22日閲覧。
  3. ^ Emmylou Harris, Linda Ronstadt, Dolly Parton - High Sierra” (英語). Discogs. 2019年5月22日閲覧。
  4. ^ Billboard - February 27, 1999”. American Radio History. Billboard. p. 36. 2019年5月22日閲覧。
  5. ^ Emmylou Harris, Linda Ronstadt, Dolly Parton - A Trio From The Trio: One Angelic Sound” (英語). Discogs. 2019年5月22日閲覧。
  6. ^ Dollymania: The Online Dolly Parton Newsmagazine. Your premier resource for Dolly Parton news and information”. www.dollymania.net. 2019年5月22日閲覧。
  7. ^ トリオII - オールミュージック
  8. ^ Trio II” (英語). EW.com. 2019年5月22日閲覧。
  9. ^ Harris, Ronstadt, Parton Get Atmospheric on 'II'”. Los Angeles Times (1999年2月15日). 2019年5月22日閲覧。
  10. ^ Robert Christgau: CG: Dolly Parton%2C Linda Ronstadt%2C Emmylou Harris”. www.robertchristgau.com. 2019年5月22日閲覧。
  11. ^ Album Review / Trio II - Emmylou Harris, Linda Ronstadt, Dolly Parton”. www.ronstadt-linda.com. 2019年5月22日閲覧。
  12. ^ Billboard - February 6, 1999”. American Radio History. Billboard. p. 24. 2019年5月22日閲覧。
  13. ^ Dolly Parton” (英語). GRAMMY.com (2014年3月17日). 2019年1月9日閲覧。
  14. ^ Canada (2013年7月17日). “Results: RPM Weekly”. www.bac-lac.gc.ca. 2019年4月20日閲覧。
  15. ^ "American album certifications – D. PARTON, L. RONSTADT, E. HARRIS – TRIO II". Recording Industry Association of America. May 22, 2019閲覧 If necessary, click Advanced, then click Format, then select Album, then click SEARCH