チャールズ・ジョセフ・ボナパルト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
チャールズ・ジョゼフ・ボナパルト
Charles Joseph Bonaparte
CJBonaparte.jpg
生年月日 (1851-06-09) 1851年6月9日
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国メリーランド州ボルチモア
没年月日 1921年6月28日(1921-06-28)(70歳)
出身校 ハーバード大学
ハーバード大学法学大学院
サイン Men of Mark 113 Charles Bonaparte sig.png

在任期間 1905年7月1日 - 1906年12月16日
元首 セオドア・ルーズベルト

在任期間 1906年12月17日 - 1909年3月4日
元首 セオドア・ルーズベルト
テンプレートを表示

チャールズ・ジョゼフ・ボナパルトCharles Joseph Bonaparte, 1851年6月9日 - 1921年6月28日)は、アメリカ合衆国政治家弁護士セオドア・ルーズベルト大統領の下で1905年から1906年まで第37代海軍長官を、1906年から1909年まで第46代司法長官を歴任した。ボナパルト一族であり、フランス皇帝ナポレオン1世を大伯父、ヴェストファーレン王イェローメを祖父に持つ。

生涯[編集]

生い立ちと家族[編集]

1851年6月9日ジェローム・ナポレオン1世・ボナパルト英語版とボルチモアの富裕な商人の娘スーザン・メイ・ウィリアムズ英語版の間の次男として、メリーランド州ボルチモアに生まれた。その姓が示す通り、生家は旧フランス帝室たるボナパルト家の一族だった。

父ジェローム・ナポレオン1世は、ナポレオン・ボナパルトの末弟ジェロームが、兄の許可を得ずに結婚したボルチモアの富豪の娘エリザベス・パターソンとの間に儲けた子であった。そのためチャールズには、ボナパルト一族としての帝位継承権はなかった。また、祖父ジェロームはヴュルテンベルク王女カタリーナとの再婚後の1816年に、義父・ヴュルテンベルク国王フリードリヒ1世によってモンフォール公フランス語版の爵位を与えられていたが、これもチャールズには無縁であった。

ジェローム・ボナパルト以降の系図
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エリザベス・パターソン
 
ジェローム
ヴェストファーレン王
初代モンフォール公フランス語版
 
ヴュルテンベルク王女カタリーナ
ヴェストファーレン王妃
モンフォール公妃
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スーザン・メイ・ウィリアムズ英語版
 
ジェローム・ナポレオン1世英語版
 
ジェローム・ナポレオン・シャルル英語版
モンフォール公子
 
ナポレオン・ジョゼフ・シャルル・ポール
第2代モンフォール公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェローム・ナポレオン2世英語版
 
チャールズ・ジョゼフ
 
 
 
 
 
ナポレオン・ヴィクトル
(⇒帝位請求者ナポレオン5世
第3代モンフォール公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェローム・ナポレオン・シャルルwikidata
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ルイ・ナポレオン
(⇒帝位請求者ナポレオン6世
第4代モンフォール公
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

ボナパルトは地元ボルチモアのフランス人学校と家庭教師の下で学び、1872年ハーバード大学を卒業した。ボナパルトは1874年ハーバード大学法学大学院を修了し、法律の学位を取得した。

1875年9月1日、ボナパルトはロードアイランド州ニューポートにて、弁護士トマス・ミル・デイの娘エレン・チャニング・デイと結婚した。2人はボナパルトが死去するまで共に暮らした。2人の間に子供は生まれなかった。

無意識に後ろに手を組み、少しばかり身をかがめて立って話すチャールズの仕草が、ナポレオンはこうだっただろうと思わせる雰囲気があった[1] — 1890年代にナポレオンの伝記を執筆するためにチャールズに会ったアイダ・ターベルの自伝より

初期の政治活動[編集]

大学院を卒業後、ボナパルトはボルチモアで弁護士業を開業した。ボナパルトは地方の革新運動や全国的な革新運動に参加し、著名な存在となった。1891年、ボナパルトはハーバード大学の監督職員として採用され、1901年まで10年間その職に就いた。ボナパルトは1894年ボルチモア改革連盟および全国自治体連盟の創設に関与した。ボナパルトはそれらの連盟の創設に際して、後の大統領セオドア・ルーズベルトと知り合った。ボナパルトとルーズベルトは間もなく親密な関係を築いた。

ボナパルトは1902年から1904年までインディアン委員会英語版の委員を務めた。ボナパルトは1904年全国公務員制度改革連盟英語版の会長を務め、またアメリカ・カトリック大学英語版の理事に任命された。ボナパルトは全国自治体連盟の創設者の1人として、1905年に同連盟の会長を務めた。

ルーズベルト政権[編集]

チャールズ・ジョゼフ・ボナパルト[2](1906年撮影)
チャールズ・ジョゼフ・ボナパルトの紋章

1905年7月、ボナパルトは時の大統領セオドア・ルーズベルトから海軍長官として任命を受けた。これは、前任の海軍長官ポール・モートンの辞任に伴う措置であった。ボナパルトは1906年12月まで海軍長官を務めた。海軍長官としてボナパルトは「より大きな海軍」を主張し、大統領の「巨大艦船の海軍」論を支持した。

1906年12月からは司法長官を任された。これは、前任の司法長官ウィリアム・ヘンリー・ムーディの辞任に伴う措置であった。ボナパルトはルーズベルト大統領の任期満了となる1909年3月まで司法長官を務めた。司法長官となったボナパルトは、ルーズベルト大統領の「反トラスト運動」の一員に加わった。ボナパルトはトラストに関する訴訟について積極的に対応し、タバコ市場の独占解体を主導した。

またボナパルトは司法省の調査能力向上のため、特別捜査官の採用を決定した。1908年、ボナパルトは司法省内に数人規模の捜査局(現在の連邦捜査局)を設置した。この捜査局の設置は、ボナパルトの最も重要な業績として挙げられる。

晩年[編集]

T.ルーズベルト政権の任期満了日、1909年3月4日に記念撮影された閣僚集合写真。左から3番目の人物が、司法長官だったチャールズ・ボナパルト

ルーズベルト政権終了後、ボナパルトはボルチモアに戻り、弁護士業を再開した。1921年6月28日、ボナパルトはメリーランド郡ベラ・ヴィスタで死去した。ボナパルトの遺体はボルチモア市内のラウドンパーク墓地英語版に埋葬された。死因はコレラであった。

出典[編集]

  1. ^ 古賀(2013), p. 56.
  2. ^ 野村(2019), p. 242.

参考文献[編集]

  • Joseph Bucklin Bishop, Charles Joseph Bonaparte: His Life and Public Services (1922)
  • Eric F. Goldman, Charles J. Bonaparte: Patrician Reformer, His Earlier Career (1943)
  • 古賀純一郎アイダ・ターベル研究 (4): ニューヨーク修業時代 (PDF) 」 『茨城大学人文学部紀要 人文コミュニケーション学科論集』第14巻、茨城大学、2013年3月、 49-73頁。
  • 野村啓介『ナポレオン四代:二人のフランス皇帝と悲運の後継者たち』中央公論新社中公新書〉、2019年2月25日。ISBN 978-4-12-102529-6

外部リンク[編集]

ウィキメディア・コモンズには、チャールズ・ジョセフ・ボナパルトに関するカテゴリがあります。

公職
先代:
ポール・モートン
アメリカ合衆国海軍長官
1905年7月1日 - 1906年12月16日
次代:
ヴィクター・メトカーフ
先代:
ウィリアム・ヘンリー・ムーディ
アメリカ合衆国司法長官
1906年12月17日 - 1909年3月4日
次代:
ジョージ・ウィッカーシャム