チャバネゴキブリ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チャバネゴキブリ
Blattodea. Cascuda. Santiago de Compostela 1.jpg
チャバネゴキブリ
分類
: 動物界 Animalia
: 節足動物門 Arthropoda
: 昆虫綱 Insecta
: ゴキブリ目 Blattaria
: チャバネゴキブリ科 Blattellidae
: チャバネゴキブリ属 Blattella
: チャバネゴキブリ
B. germanica
学名
Blattella germanica
Linnaeus, 1767
和名
チャバネゴキブリ

チャバネゴキブリ(茶翅蜚蠊、学名Blattella germanica)は、ゴキブリ目チャバネゴキブリ科に属する昆虫の一種である。世界共通の室内害虫として知られる[1]

形態[編集]

体長10mm-15mm。体色は薄茶色。外部形態上立派な前後翅を備えるが、モリチャバネゴキブリと異なり飛翔することはできない。

1960年頃までは、本種・モリチャバネゴキブリ・ヒメチャバネゴキブリの3種は混同されていた[2]

生態[編集]

アフリカ原産と考えられているが、世界中に移入し分布を拡げている。日本では北海道本州四国九州奄美群島沖縄諸島など各地で見られ、日本の侵略的外来種ワースト100に定められている[2]

生息場所として、木造家屋よりもコンクリート建造物を好む。また一般家庭よりも事業所ビル、飲食店の炊事場等に多く、駆除を要する代表的衛生害虫とみなされる。

雑食性であり、人間の食物を摂食して、食中毒の原因となる微生物を媒介し、死骸や糞はアレルゲンとなる[2]

活動温度の確保された環境ではほぼ通年、1ヵ月に1回の間隔で産卵すると考えられている。雌成虫は腹端に約20日間卵鞘を保持し、1卵鞘から約40匹の幼虫孵化する。幼虫期間は約60日で、6回脱皮する。雌は一生で5回産卵する[2]

日本では、暖房や熱源のある所で越冬できる。低温に比較的弱く、-5℃の状態に1日置かれると死亡する[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]