チメロサール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
チメロサール
{{{画像alt2}}}
識別情報
CAS登録番号 54-64-8 チェック
ChemSpider 10772045 チェック
UNII 2225PI3MOV チェック
EC番号 200-210-4
RTECS番号 OV8400000
特性
化学式 C9H9HgNaO2S
モル質量 404.81 g/mol
外観 白色または淡黄色の粉末
密度 2.508 g/cm3[1]
融点

232–233 °C(分解)

への溶解度 1000 g/L (20°C)
危険性
安全データシート(外部リンク) External MSDS
EU分類 猛毒 T+(猛毒)
環境への危険性 N(環境危険性)
Repr. Cat. 1
NFPA 704
NFPA 704.svg
1
3
1
Rフレーズ R26/27/28 R33 R50/53
Sフレーズ S13 S28 S36 S45 S60 S61
引火点 250°C
特記なき場合、データは常温 (25 °C)・常圧 (100 kPa) におけるものである。

チメロサール は、有機水銀化合物の1つである。化合物名はエチル水銀チオサリチル酸ナトリウム(エチルすいぎんチオサリチルさんナトリウム、Ethylmercurithiosalicylate sodium salt)である。商品名チメロサール(Thimerosal)。

歴史[編集]

チメロサールは殺菌作用を持つことから、1930年代からワクチンや目薬の保存料として利用されてきた[2][3]。しかしチメロサールは体内で分解してアルキル水銀(エチル水銀)を遊離するため、アメリカを中心に水銀による被害と疑われる自閉症患者の事例が報告されるようになり、1990年代に入るとワクチン中のチメロサールの含有量を低減したり、他の殺菌剤への転換が進められるようになった。これはワクチン1本ずつに含まれる有機水銀量はわずかであっても、乳幼児期には三種混合ワクチンなどの予防接種を繰り返すことで、結果的にかなりの量の水銀が体内に入ることを危惧するようになったためである[4]。ただし水銀が自閉症の原因となるか否かについてはほとんど否定的である[5][6][7][8]。しかし関連があるとする論文もある[9]

性質[編集]

チメロサールは、やや不安定な化合物であり、光によって分解する。また、であるため水に溶けやすい。なお、チメロサール全体のモル質量は404.81 (g/mol)であり、水銀の原子量は200.59であることから、その質量のほぼ半分を水銀が占めていることが判る。投与されたチメロサールの一部は、好中球マクロファージによって無機化される[10]

日本での扱い[編集]

日本では2012年の12月に四種混合ワクチンが導入されたので、それまで乳幼児の定期予防接種としていた三種混合破傷風ジフテリア百日咳)ワクチンのチメロサール含有[4]を考慮する必要はなくなったが、追加接種のDTで用いる沈降ジフテリア破傷風混合トキソイドや、インフルエンザHAワクチン、沈降B型肝炎ワクチン、沈降破傷風トキソイドの一部にチメロサールを含有している製品がある[11]製薬会社ごとにチメロサールの含有量は異なる。インフルエンザHAワクチンでの含有量は、1990 年代に比較して10分の1以下と大幅に減量(1回の注射量0.5mL中2〜4µgのチメロサール(1〜2µgの水銀))[12]になっている。現在承認されているインフルエンザHAワクチンは、フルービックHA(田辺三菱製薬)のみチメロサールフリー(非含有)であるが、2016年度は製造されない[13]。2017年度のチメロサールフリーは、フルービックHAシリンジのみ。

相互作用[編集]

チメロサールを含有したワクチンなどを使用したことなどが原因で、チメロサールに感作されていた場合、ピロキシカムを投与すると交差感作が発生し、結果として、ピロキシカムによる光線過敏症の発症に関与しているのではないかとする報告が存在する[14][15]

脚注[編集]

  1. ^ Melnick, J. G.; Yurkerwich, K. et al. (2008). “Molecular Structures of Thimerosal (Merthiolate) and Other Arylthiolate Mercury Alkyl Compounds”. Inorg. Chem. 47 (14): 6421–6426. doi:10.1021/ic8005426. PMID 18533648. 
  2. ^ 保存剤(チメロサール等)が添加されている新型インフルエンザワクチンの使用について 厚生労働省 (PDF)
  3. ^ 鈴木宏、「チメロサール(点眼薬防腐剤)によるアレルギー性結膜炎,眼瞼結膜炎」 臨床眼科 26巻 6号 1972/6/15 p.783-788, doi:10.11477/mf.1410204804
  4. ^ a b チメロサールとワクチンについて”. 横浜市衛生研究所 (2005年12月16日). 2015年10月28日閲覧。
  5. ^ 自閉症における水銀・チメロサールの関与に関する声明”. 日本小児神経学会 (2004年6月1日). 2015年9月14日閲覧。
  6. ^ Madsen KM, Lauritsen MB, Pedersen CB, et al. (2003-09). “Thimerosal and the occurrence of autism: negative ecological evidence from Danish population-based data.”. Pediatrics 112 (3): 604-6. PMID 12949291. http://www.pkids.org/files/pdf/PEDSarticle.pdf. 
  7. ^ Verstraeten T, Davis RL, DeStefano F, et al. (2003-11). “Safety of thimerosal-containing vaccines: a two-phased study of computerized health maintenance organization databases.”. Pediatrics 112 (5): 1039-48. PMID 14595043. http://pediatrics.aappublications.org/content/112/5/1039.abstract. 
  8. ^ Stehr-Green P, Tull P, Stellfeld M, et al. (2003-08). “Autism and thimerosal-containing vaccines: lack of consistent evidence for an association.”. Am J Prev Med. 25 (2): 101-6. doi:10.1016/S0749-3797(03)00113-2. PMID 12880876. http://www.ajpmonline.org/article/S0749-3797%2803%2900113-2/abstract. 
  9. ^ Geier DA, Geier MR (2004-03-01). “A comparative evaluation of the effects of MMR immunization and mercury doses from thimerosal-containing childhood vaccines on the population prevalence of autism”. Med Sci Monit. 10 (3): 33-39. PMID 14976450. http://www.medscimonit.com/abstract/index/idArt/11608. 
  10. ^ 衞藤光明、加藤博史、佐々木次雄 ほか、マウスにおけるチメロサールの実験病理学的研究(第一報) Journal of Toxicologic Pathology. 6巻 (1993) 2号 p.233-240, doi:10.1293/tox.6.233
  11. ^ チメロサールを含む国有ワクチン (PDF)”. 北海道薬剤師会 (2012年9月3日). 2015年10月28日閲覧。
  12. ^ 第3回安全対策調査会資料2 調査結果報告書 (PDF)”. (独)医薬品医療機器総合機構 (2009年10月16日). 2015年10月28日閲覧。
  13. ^ 2016年度インフルエンザHAワクチンの供給に関するお知らせ (PDF)”. 田辺三菱製薬 (2016年6月1日). 2016年10月21日閲覧。
  14. ^ 澤田俊一、八木沼健利、上出良一、【原著】「臨床皮膚科」 44巻 7号 1990/6/1 p.677-681, doi:10.11477/mf.1412900127
  15. ^ 大津晃、チメロサール皮膚炎とピロキシカムの関連について 日本皮膚科学会雑誌 101巻 (1991) 11号 p.1291-, doi:10.14924/dermatol.101.1291

関連項目[編集]

外部リンク[編集]