四種混合ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
4種混合ワクチン クアトロバック

四種混合ワクチンは、正式にはジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ混合ワクチンと呼ばれ、ジフテリア百日咳破傷風ポリオの4つの病原菌に対する混合ワクチン製剤である。日本では、2012年11月に導入された。DPT-IPVとも表記される。予防接種法に基づいて接種される定期予防接種(公費助成)に用いられる。

概要[編集]

従来の三種混合ワクチンにポリオワクチンを加えた製剤であるが、ポリオワクチン成分が経口生ワクチン(OPV)とは異なり、不活化ポリオワクチン(IPV)となっている。2012年8月以降に誕生した児、これまでに三種混合ワクチンポリオワクチンを接種していない場合には、原則としてこちらを接種することとなった。

  • ジフテリア(Diphtheria):トキソイド
  • 百日せき(Pertussis):無細胞の百日せきワクチン(aP : acellular pertussis)。かつて用いられていた全菌体の百日咳ワクチン(wP : whole-cell pertussis)と区別するため、PではなくaPと表記する場合もある。
  • 破傷風(Tetanus):トキソイド
  • ポリオ(Polio):不活化ポリオワクチン(inactivated polio vaccine)

接種時期・種類・回数[編集]

  • 1期:生後3か月から接種可。3~8週間間隔で3回、3回目の接種から約1年後(6ヶ月後から可能)に1回の計4回接種。
  • 2期:11歳から、二種混合(DT)ワクチンを1回接種。多くの自治体で小学校6年生での投与を推奨している。
    • 2期は百日せき(DTPのP)を含まないワクチンを用いる。小学生高学年以上の年長者の百日せき患者が急増しているため、海外では多くの国が就学前と二種混合(DT)ワクチンの接種時期に三種混合(DPT)ワクチンの追加接種をするスケジュールに変更になっている。日本でも、現在使われている三種混合ワクチンを年長者に接種することも可能だが、任意接種(有償)[1]
    • 10歳以上で接種するとジフテリアトキソイドによる副反応が強く出ることが多いため、1/5量(0.1 mL)を投与。この量では破傷風の有効量が不足しているため、最大限の効果を得るためには別途破傷風トキソイド単体の接種か、Td (Tetanus, Diphteria) またはTdap(Tetanus, Diphteria, acellular Pertussis。DTaPとも表記する。)を輸入して用いる必要がある。
    • CDCは、11~12歳の時と、その後10年ごとにTdの接種を推奨している[2]

有効成分[編集]

1回量(0.5mL)の有効成分
  百日せき菌防御抗原 ジフテリアトキソイド 破傷風トキソイド 不活化ポリオウイルス
  力価 (Lf) 力価 (Lf) 力価 1型 2型 3型
テトラビック 4単位以上 15以下 23.5単位以上 2.5以下 13.5単位以上 1.5 DU 50 DU 50 DU
クアトロバック 4単位以上 16.7以下   6.7以下   1.5 DU 50 DU 50 DU
スクエアキッズ 4単位以上 15以下 14単位以上 2.5以下 9単位以上 40 DU 8 DU 32 DU

注)DU:D抗原単位

ただし不活化ポリオウイルスは、テトラビックとクアトロバックがSabin株、スクエアキッズが野生株由来ソークワクチン(Vero 細胞で培養増殖させ、得られたウイルス浮遊液を濃縮、精製した後に不活化し、各型の不活化単価ワクチン原液をM-199 ハンクス培地と混合し、希釈したもの)。

その他添加物[編集]

緩衝・等張化・pH調節・免疫補助・安定・希釈剤として、

  • 共通: リン酸水素ナトリウム水和物、リン酸二水素ナトリウム、塩化ナトリウム、塩酸、水酸化ナトリウム、塩化アルミニウム、ホルマリン(ホルムアルデヒドとして)、エデト酸ナトリウム水和物、M199培地
  • テトラビックのみ:水酸化アルミニウムゲル
  • クアトロバックのみ:ブドウ糖、L-リシン塩酸塩

関連項目[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]