Hibワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Hibワクチン
ワクチン概要
病気 ヘモフィルス・インフルエンザB型菌(Hib)感染症
種別 結合ワクチン
識別
CAS番号
 チェック
ATCコード J07AG01 (WHO)
ChemSpider none ×

ヘモフィルス・インフルエンザB型菌ワクチンまたはHibワクチンヒブワクチン[1])は、インフルエンザb型菌(Hib)感染症の予防に使われるワクチンである[2]。定期的予防接種を行っている国での重度のHib感染症は90%以上減少している。結果、髄膜炎肺炎急性喉頭蓋炎も減少している。

Hibワクチンは世界保健機関アメリカ疾病予防管理センターに推奨されているワクチンである[3]。 生後6ヵ月以内に2回または3回の投与が適切である。米国では生後12ヵ月から15ヵ月の間に4回の投与を勧めている[4]。初回の投与は生後6週間前後からの再投与間隔は最短4週間が推奨される。もし2回だけの投与の場合、後に再投与が勧められる。投与法は筋肉注射である。

重度の副作用は稀である。約20%~25%の人に穿刺による痛みが生じ、2%の人に発熱が生じる。投与による重度のアレルギー反応との関係性は明解ではない。Hibワクチンは単体またはジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチンと混合したもの、B型肝炎ワクチンと混合したもの、その他のワクチンと混合したものがある。2017年現在のすべてのHibワクチンは結合型ワクチンである。

初期のHibワクチンは1977年に開発され、1990代にはより効果的なワクチンに改良された。 2013年には、184ヵ国の定期的予防接種で投与される。Hibワクチンは世界保健機関の必須医薬品リストに記載されている医療制度において必要とされる最も効果的で安全な投薬である[5]。2014年の発展途上国におけるHibワクチンを含む5価ワクチンの卸売価格は1投与15.40米ドルである[6]。米国では1投与あたり約25-50ドルである[7]

ヒブと肺炎球菌は髄膜炎の二大原因である[1]。日本では2007年にHibワクチンが、2009年に肺炎球菌ワクチンのPCV7(7つの血清型が標的)が承認された[8]

結合型ワクチンとは、免疫応答の低い抗原糖鎖に、抗原タンパク質を結合させて免疫応答を高めるもので、1929年にこの方法が発見され、半世紀以上を経て1987年のHibワクチンではじめて実用化された[1]

出典[編集]

  1. ^ a b c 中村理子「肺炎球菌疾患の疾病負荷と結合型ワクチン」、『Medical Science Digest』第34巻第10号、2008年9月30日、 34-37頁。 200902224596471525 - J-GLOBAL
  2. ^ “Haemophilus influenzae type b (Hib) Vaccination Position Paper – July 2013.”. Wkly Epidemiol Rec 88 (39): 413–26. (Sep 27, 2013). PMID 24143842. http://www.who.int/wer/2013/wer8839.pdf. 
  3. ^ “Haemophilus b conjugate vaccines for prevention of Haemophilus influenzae type b disease among infants and children two months of age and older. Recommendations of the immunization practices advisory committee (ACIP).”. MMWR Recomm Rep 40 (RR-1): 1–7. (Jan 11, 1991). PMID 1899280. 
  4. ^ Hib (Haemophilus Influenzae Type B)”. 2016年3月30日閲覧。
  5. ^ WHO Model List of Essential Medicines (19th List)”. World Health Organization (2015年4月). 2016年12月8日閲覧。
  6. ^ Vaccine, Pentavalent”. 2015年12月7日閲覧。
  7. ^ Hamilton, Richart (2015). Tarascon Pocket Pharmacopoeia 2015 Deluxe Lab-Coat Edition. Jones & Bartlett Learning. p. 313. ISBN 9781284057560. 
  8. ^ Nakamura, Riko; Togashi, Takehiro (2013). “Population-based Incidence of Invasive Haemophilus influenzae and Pneumococcal Diseases Before the Introduction of Vaccines in Japan”. The Pediatric Infectious Disease Journal 32 (12): 1394–1396. doi:10.1097/INF.0b013e3182a14971. PMID 23804122. https://journals.lww.com/pidj/Fulltext/2013/12000/Population_based_Incidence_of_Invasive_Haemophilus.33.aspx.