三種混合ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ジフテリア・百日咳・破傷風混合ワクチン(ジフテリア・ひゃくにちぜき・はしょうふうこんごうワクチン)は、ジフテリア百日咳破傷風の3つの病原菌に対する3価ワクチン。それぞれ、Diphtheria、Pertussis、Tetanus の頭文字をとってDPTワクチンDPTと呼ばれる。

複数の病原体に対するワクチンを同時に接種する混合ワクチンの代表であり、単に三種混合ワクチン(さんしゅこんごうワクチン)と呼ぶときは、このワクチンを指す。特に、日本ではDTPワクチンを「三種混合ワクチン」、MMRワクチンを「新三種混合ワクチン」と呼んで区別することがある。

ジフテリア、破傷風に対するワクチン成分はトキソイドを利用している。百日咳に対するワクチン成分は、不活化ワクチン (wP, whole cell pertussis 全細胞性)のものと、成分ワクチン(aP, acellular pertussis 非細胞性百日咳)のものがあり、近年はaPを利用するものが増加している。日本では、DTwPワクチンの副作用による事故の発生を受け、世界的に見ても早い時期(1981年)からDTaPワクチンによる予防接種が行われている。

日本での接種[編集]

1949年(昭和24年)からジフテリアトキソイドの予防接種が行われ、1958年からは百日咳を加えた二種混合ワクチン (DP)、1964年からは一部自治体で、1968年からは全国で、破傷風トキソイドを加えた三種混合ワクチン (DPT) が使用された(D:ジフテリア、P:百日咳、T:破傷風)。

しかし、1975年2月1日、厚生省によりDPTワクチン接種の中止が指示された。これは、百日咳成分による脳症などの重篤な副反応発生事故の問題が理由である。その後、1981年(昭和56年)に改良型の沈降精製DPTワクチンの使用が開始されるまでワクチン接種率は著しく低下し、保健所管轄ごとにDTやDPワクチンの接種を行う、少数ながらDTPワクチン接種を再開するなど、対応が分かれた。

1994年(平成6年)10月、予防接種法が改正され、定期接種として3か月から90か月未満でDPTワクチン4回、11歳から12歳にDTワクチン1回の接種が行われるようになった。

2012年11月1日から、定期予防接種に四種混合ワクチンが導入され、三種混合ワクチン未接種かつポリオワクチン未接種の場合には、原則として四種混合ワクチンを接種することになった。三種混合 (DPT) に不活化ポリオワクチン (inactivated polio vaccine) を加えたため、DPT-IPVと表記される。DPT-IPVワクチンを、生後3か月以降に3週から8週間隔で3回、3回目の約1年後(6か月後から接種可能)に4回目を接種し、11歳からDTワクチンを1回接種する。

制度導入当初はワクチンの供給量が不足するため、移行措置として三種混合ワクチンと単独の不活化ポリオワクチンを選択することも可能だった。2016年7月15日をもって有効期限内にある三種混合ワクチンはないうえ、2016年10月1日現在、日本で三種混合ワクチンの製造は行われていない[1]

接種年齢[編集]

理想の接種年齢は、

  • 1期初回接種が、生後3か月から1歳まで3週から8週あけて3回。
  • 1期追加接種は、初回接種後1年から1年6か月後に1回接種する。
  • 2期はDT(ジフテリア、破傷風)のみの接種で、11歳くらいである。

出典[編集]

  1. ^ 日本小児科学会が推奨する予防接種スケジュールの変更点 (PDF)”. 日本小児科学会 (2016年10月1日). 2016年10月21日閲覧。