新三種混合ワクチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

新三種混合ワクチン(しんさんしゅこんごうワクチン)とは、麻疹measles)、流行性耳下腺炎(おたふく風邪、mumps)、風疹rubella)の三種の弱毒化ウイルスが混合された生ワクチンで、頭文字からMMRワクチンと呼ばれる。2018年現在、日本ではMMRワクチンは未承認であるため、日本産のワクチンは無い。

概要[編集]

日本では、1988年(昭和63年)から1993年(平成5年)まで実施されていた。しかし、大阪大学微生物病研究所の占部株ムンプスワクチンによる無菌性髄膜炎発生率が高い事が問題となり、接種中止となった。2006年(平成18年)4月から、副反応が問題となった占部株ムンプスワクチンを除いた、麻疹・風疹混合(MR)ワクチン予防接種が開始された。世界では、グラクソ・スミスクラインの商品名 Priorix が有名なMMRワクチンである。

日本で輸入のMMRワクチンを接種することは、国立国際医療研究センターなど薬監証明を取ったトラベルクリニックの自由診療で予防接種が可能で、日本の医薬品医療機器総合機構による医薬品副作用被害救済制度は適用されないが、輸入ワクチン副作用被害者補償制度(輸入商社による補償制度)の対象となる。

アメリカ合衆国においては、1971年から一般的に行われており、現在では改良された混合ワクチンが利用されている。さらに2005年には、アメリカ食品医薬品局(FDA)が、麻疹・流行性耳下腺炎・風疹・水痘-帯状疱疹混合ワクチンの MMRVは varicella-zoster の頭文字)の接種を認可している。

ランセットでの自閉症論文掲載と取消[編集]

1998年、新三種混合ワクチンの接種と自閉症の発症との間に「関係性があると指摘する論文」が、医学雑誌『ランセット』に発表され[1]、イギリス・アメリカ合衆国・カナダ・オーストラリア・ニュージーランドにおいて、ワクチン接種が激減し、麻疹に感染する子供が増加した。2010年1月、イギリスの医事委員会(General Medical Council)は、論文に問題があることを指摘し、ワクチンと自閉症の関連性が全否定された[2]

『ランセット』は、捏造された虚偽のデータに基づく科学における不正行為であるとして、2010年に同論文を撤回し[3][4]、主著者であるイギリスの医師アンドリュー・ウェイクフィールドの医師免許を剥奪するという懲戒処分に至った[5]

2011年に追調査が行われ、詐欺であったことを裏付ける論文が発表されている[6]

なお、関連性が全否定された後でも、噂は根強く残り続けた。イタリアでは予防接種をする子供が減少した結果、麻疹の発症が3倍に増えるという余波が見られ、それにより未接種者は義務教育を受けられない法律が施行された[7]

出典[編集]

  1. ^ Wakefield AJ, Murch SH, Anthony A et al. (1998年2月28日). “Ileal-lymphoid-nodular hyperplasia, non-specific colitis, and pervasive developmental disorder in children”. Lancet 351 (9103): 637–41. doi:10.1016/S0140-6736(97)11096-0. PMID 9500320. http://www.thelancet.com/journals/lancet/article/PIIS0140673697110960/fulltext. 
  2. ^ “英医学誌、自閉症と新三種混合ワクチンの関係示した論文を撤回” (日本語). AFPBB News (フランス通信社). (2010年2月3日). http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2690341/5270873 2017年1月18日閲覧。 
  3. ^ Harris, Gardiner (2010年2月2日). “Journal Retracts 1998 Paper Linking Autism to Vaccines”. The New York Times. オリジナル2010年12月1日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101201165958/http://www10.nytimes.com/2010/02/03/health/research/03lancet.html 2011年1月6日閲覧。 
  4. ^ “Medical journal retracts study linking autism to vaccine”. CNN. (2010年2月2日). http://www.cnn.com/2010/HEALTH/02/02/lancet.retraction.autism/index.html?section=cnn_latest 2010年2月2日閲覧。 
  5. ^ Meikle, James; Boseley, Sarah (2010年5月24日). “MMR row doctor Andrew Wakefield struck off register”. The Guardian (London). オリジナル2010年5月27日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20100527003931/http://www.guardian.co.uk/society/2010/may/24/mmr-doctor-andrew-wakefield-struck-off 2010年5月24日閲覧。 
  6. ^ Godlee F, Smith J, Marcovitch H (2011年). “Wakefield's article linking MMR vaccine and autism was fraudulent”. BMJ 342: c7452. doi:10.1136/bmj.c7452. PMID 21209060. http://www.bmj.com/content/342/bmj.c7452.full. 
  7. ^ イタリア、予防接種を就学の条件に AFP(2017年5月20日)2017年5月20日閲覧

関連項目[編集]

外部リンク[編集]