ダーラー・シコー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ダーラー・シコー
ダーラー・シコー

ダーラー・シコー(Dara Shikoh、別名ダーラー・シュコー、ワクール・シェイク、1615年 - 1658年9月9日)はムガル帝国の皇族で哲学者。第5代皇帝シャー・ジャハーンの長男。息子にスレイマン・シコー、スィピフル・シコーらがいる。祖父アクバルのリベラリズムを継いだ優れた学者であり、ウパニシャッドサンスクリット語からペルシア語に訳させ『ウプネカット』を編纂するなどの業績を残した。1657年、病床の父シャー・ジャハーンから後継者に指名され全権を委ねられたが、その後起こった帝位継承争い(サーモガルの戦い)で父帝の支持を得たものの三弟アウラングゼーブに敗れ、1658年処刑のうえ市中ひきまわしにされ、斬首された首は父のもとに送られた。遺体はフマーユーン廟に葬られた。なお、次男スィピフルはアウラングゼーブの娘と結婚している。

彼の死はムガール帝国下で続いた諸宗教の平等政策の転換点に同期した事件となった。次に続くアウラングゼーブの治世ではジズヤの復活などイスラム法に回帰した政策と異教徒迫害が行われ、広大な領土を誇るムガール帝国が内包していた多宗教の対立を表立たせ帝国は動揺していった。

シャー・ジャハーンの皇子[編集]

関連事項[編集]