ガウハーラーラー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガウハーラーラー・ベーグム
Gauharara Begum
ムガル帝国皇女
出生 1631年6月17日
ブルハーンプル
死去 1706年
デリー
父親 シャー・ジャハーン
母親 ムムターズ・マハル
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ガウハーラーラー・ベーグム(Gauharara Begum, 1631年6月17日 - 1706年)は、北インドムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンの9女。母はムムターズ・マハル

生涯[編集]

1631年6月17日ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンとその妃ムムターズ・マハルとの間に生まれた[1]。なお、彼女を生んだことでムムターズ・マハルは産褥死した。

1706年、ガウハーラーラー・ベーグムはデリーで死亡した[1]

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b Delhi 6

関連項目[編集]