ジャハーナーラー・ベーグム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ジャハーナーラー・ベーグム
Jahanara Begum
ムガル帝国皇女
Jahanara 1635.jpg
ジャハーナーラー・ベーグム
出生 1614年4月2日
アジメール
死去 1681年9月16日
デリー
埋葬 デリーニザームッディーン廟
父親 シャー・ジャハーン
母親 ムムターズ・マハル
宗教 イスラーム教スンナ派
テンプレートを表示

ジャハーナーラー・ベーグムペルシア語:جهانآرا بیگم, Jahanara Begum, 1614年4月2日 - 1681年9月16日)は、北インドムガル帝国の第5代皇帝シャー・ジャハーンの次女(長女としても扱われる)。母はムムターズ・マハル

生涯[編集]

1614年4月2日ムガル帝国の皇帝シャー・ジャハーンとその妃ムムターズ・マハルとの間に生まれた[1]。 美貌で知られた皇女で、両親の寵愛を受けた。父シャー・ジャハーンの相談相手であった彼女は、父とともに弟アウラングゼーブに幽閉されてからは、父の世話に努めた。また、母ムムターズ・マハルの遺産は子供たちで分けられたが、彼女の取り分はその半分、と最大の相続人でもあった。父の死後は弟と和解し、弟によって女性の最高位に遇された[2]

1681年9月16日、ジャハーナーラー・ベーグムはデリーで死亡した[1]。彼女の遺体はデリーのニザームッディーン廟に埋葬された[1]

脚注[編集]

関連項目[編集]