ダン・アリエリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Dan Ariely
生誕 (1967-04-29) 1967年4月29日(52歳)
アメリカ合衆国ニューヨーク州ニューヨーク市
国籍 イスラエル系アメリカ人
研究分野
研究機関
出身校
公式サイト
danariely.com
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示
Dan Ariely (PopTech 2010)

ダン・アリエリー(Dan Ariely、1967年4月29日 - )は、イスラエル系アメリカ人で心理学行動経済学の教授。[1] デューク大学で教鞭を執っており、デューク大学先進後知恵研究センター(The Center for Advanced Hindsight)の創設者[2]BEworksの共同創業者でもある。アリエリーがTEDで行ったプレゼンテーションは780万回以上閲覧されている。彼はまた『予想通りに不合理』(Predictably Irrational)『不合理だからすべてがうまくいく』(The Upside of Irrationality)の著者であり、これらの2冊は『ずる 嘘とごまかしの行動経済学』(The Honest Truth about Dishonesty)とともにニューヨーク・タイムズにおけるベストセラーになっている。[3]

若年期と家族[編集]

父がコロンビア大学MBA課程在籍時にニューヨーク市で生まれた。彼が3歳のとき一家はイスラエルへ戻り、彼はラマトハシャロン(en)という街で育った。[3] 16歳でイスラエル治安警備隊に入隊しカービン銃からバリケードまで実用的なスキルを叩き込まれ銃後を守る。高校の旅行には護衛として付き添い授業をさぼっていた。オウムを飼っていた[4]。彼が高校3年生の18歳時にはイスラエルの青年運動団体であるハー=ノアル・ハー=オーヴェード・ウェラホメド(en)で活動していた。夜間に行われる伝統儀式のためにktovet esh(火で文字を描くもの)を準備している最中に、彼が混ぜていた可燃物(かつて照明弾に使われていたマグネシウム光)が爆発して彼の体の70パーセント以上がIII度熱傷となり、3年間全身を包帯に覆われ入院生活を送る。[3] 自身の著作でアリエリーは、この経験によってどのように「どうすれば痛みを伴う避けられない治療を患者により良く施せるか」について研究するようになったか述べている。[5] 人前に出る時は出来の悪いスパイダーマンの様な格好(ジョブスト・スーツ)をしていたので社会から切り離された感じがして日々の行動を客観的に観察するようになった。毎日消毒液に入浴して死んだ皮膚をむしり取られるなど様々な痛みを経験。治療の為に一日に7000キロカロリーと30個の卵を食べていたので、スーツを注文して届いた時には太って入らなかった。 19歳頃やけど病棟から一般のリハビリセンターに移る。理学療法士に昔同じ様な病気の患者を紹介されショックを受ける。 長期の退院が出来るようになってテルアビブ大学ハナン・フレンク教授と実験的手法に出会いその後の人生がほぼ決まった。 20代半ばで定期健診の為、病院に戻るとやけど病棟の医長から髭に似せた入れ墨を入れる処置を提案してきた。断ると豹変して怒鳴られたが、学術誌に論文を発表するようになってから医長の利益相反をさらに理解できるようになった[6]

やけどの時輸血により感染した肝炎が大学院生時代にC型肝炎と分かり1年半インターフェロン臨床試験に参加。参加したグループで唯一、週3回注射を打ち続けた。一番の危機だったが、バケツと毛布を傍に置き好きな映画を見て乗り越えた事から、先延ばしバイアス、自己コントロール(en:Self-Control)や双曲割引代替報酬について考えるようになる。

日本人は自己コントロールが上手いと聞いていたが、何度か行ったが居酒屋はまさにカオスでこんなに自己コントロールができない国民は珍しいと思った。 夏によくイスラエルに里帰りするがテロより交通事故を恐れている[7]。イスラエルは不正が多いと感じていたが世界各地で調べたら似たようなものだった。

楽な服装をしたいがドレスコードスーツが指定されているので、民族衣装を着ている[8]自動車保険 ホンダミニバンを買おうとしていたが3年間オイル交換無料(車の購入費の約0.5%)に引っ掛かり、アウディのスポーツカーを買ってしまい悔やんでいる[9]

アメリカの選挙の投票推進キャンペーンで人々に「もし子供に誰に投票するか聞かれたらどうするか?」と尋ねた[10]アンナプルナは登った。 アリエリーはスーミーと結婚しており、現在2人の子供(1人の息子と1人の娘)がいる。子供には親(権威)に頼らずルールを少し曲げてでも自分達で解決するように言っている。最初の出産の時は妻が出産の痛みを疑似体験(氷水に手を浸した)して硬膜外麻酔を使うことにした。2人目の時は病院に着いて2分で生まれた。

クレジットカード会社幹部達を前にアメリカ人は借金が多いので制限付きカードを作るようにプレゼンしたものの音沙汰はなかった。 大手保険会社に改善策の実験を申し込んだら数か月後弁護士から実験はさせないと連絡があり可哀想と思ったのか担当者が使わなくなった自動車保険の申請書をくれたので署名の実験をしてみた。 国税庁に申告のさせ方を改善した方が良いと言いに行ったら数年後に税務調査が来た。

学歴と研究業績[編集]

アリエリーはテルアビブ大学数学物理学を専攻したが、後に哲学心理学に転向した。しかし4年生のとき哲学をやめて心理学のみに注力し、1991年に心理学の学士号を得た。またノースカロライナ大学チャペルヒル校認知心理学修士号(1994年)とPh.D.(1996年)を取得している。ノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンの勧めにより、1998年にはデューク大学D.B.A課程を修了した。[3]

Ph.D.取得後、1998年から2008年までMITで教鞭を執った後、現在デューク大学で心理学と行動経済学のジェームズ・B・デューク教授職(en:James B. Duke Professor)を務める。以前はマサチューセッツ工科大学スローンマネジメントスクール(en:MIT Sloan School of Management)で行動経済学のアルフレッド・P・スローン教授職(Alfred P. Sloan Professor)を務めていた。アリエリーは経済学の正式な訓練を受けていないマーケティングの教授であるにも関わらず、主要な行動経済学者の1人とみなされている。

2008年イグ・ノーベル賞医学賞を偽薬の研究で受賞。自身がブラセボ薬を投与された経験から。

MITは工科大らしく合理的でポイント制だったので、できるだけ労力をかけずに稼げるようにしていたが、デュークでは話し合って方針を決める為、仕事は増えた。スタンフォード大学に移るべきか悩み研究に支障が出た事や車の買い替えなどから、似たり寄ったりの場合コイントスで決めてしまうことを薦めている[11]

プライバシー保護にうるさくない南アフリカで健康保険会社と行った調査では、「2つの選択肢があります。一つ目は今まで通りヘルシーな食品に対し20%返金します。2つ目は、先月あなたの買い物の25%がヘルシーな食品でしたが更に5%増やせば今まで通り20%返金します。でも5%増やさないと返金はなくなるというプログラムですが参加しますか」に3分の1が2つ目に参加した。食生活も改善し実験終了後もヘルシーな食品を買い続けた。最も返金が少なかった人でさえ保険会社にもっとこうゆうプログラムを増やして欲しいと話したように、将来の自分に望む行動をとらせるには自分の手を縛るのもある意味良い方法だ[12]

利益相反の危険に気づいたのは、大手法律事務所の専門家証人を務めていた時、数週間で報酬をくれる人達の見方に馴染み、客観的でいられるか疑問に思った事と、実験の協力者で1人だけ酔っぱらっていて予想と違ったので彼のデータを除くと結果の見栄えが良くなったが後で気になったので、再実験と事前に除外のルールを決めることにした[13]

最初は研究費が少なく万力で挟んで痛みの実験をしていた。その後、体に巻いたチューブに熱湯や冷水を流した拷問スーツや便器型水飲み器を作ったり尿瓶レモネードを入れて実験していた。実験から火傷で入院していた時に看護婦が行っていた包帯の取り方が痛み的には間違っていた。 性的暴行した男が性的興奮の実験の論文を根拠に無罪を主張した[14]

物価が安いのでインドボーナスの効果を調べる実験をした。 ビールにバルサミコ酢を入れて飲ませたら美味いと言うが、教えてから飲ますと不味いと言った。 プリンストン大学の厳しい倫理集中講座から2週間後に実験したら他の大学生と不正する確率は同じだった。 もはやジャングルに居て襲われる危険はないのに感情のスイッチが入って合理的な判断が出来なくなる。 問題が大きくなると関心は低くなる。 警官の前で犯罪を犯す者はいないが警官を増やしたり厳罰に効果があるという証拠もない。 目の悪い人とそうでない人で買い物やタクシーで実験したら目の悪い人の方が得をした。合理的に考えれば逆になるだがそうはならなかった。 生徒の成績が上がったら年収を数百ドル増やしますと言われた教師がちょっとしかふえないのかとがっかりして逆に教育の質が下がったのは社会的なモチベーションと金銭的なモチベーションは共存できないからだ。

コンピュータービジネスにおける活動[編集]

アリエリーは強力なインターネットツールSimpliの創業メンバーだった。Simpliは2000年にNetZeroに売却された。[15]

2001年にはSimpliはNetZeroからSearch123という別企業に売却され統合された。[16] 元々のメンバーのほとんどは新会社に加わった。Search123は2004年にValueClickに売却された。[17]

著書[編集]

  • 『予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」』(早川書房,2008年)
    • Predictably Irrational: The Hidden Forces That Shape Our Decisions. Second edition in 2012., HarperCollins, (2008), pp. 304, ISBN 978-0-06-135323-9, OCLC 182521026 
      • 増補版
  • 『不合理だからすべてがうまくいく―行動経済学で「人を動かす」』(早川書房, 2010年)
  • 『ずる―嘘とごまかしの行動経済学』(早川書房, 2012年)
  • 『お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学 』(早川書房、2014年)
  • 『アリエリー教授の人生相談室』(早川書房、2016年)
  • 『アリエリー教授の「行動経済学」入門お金篇』(早川書房、2018年)

彼は最初の著書を書いた動機を以下のように語っている。

私は認知心理学と経営学のPh.D.を持っています。しかし私のしていることは心理学と経済学にまたがっています。私は経済学者が立てるのと同じような問いを立てますが、人々は合理的に振る舞うものであるとすぐ決めてかからずに、どのように人々が振る舞うかただ観察するのです。私は『予想通りに不合理』に、どのように人々が物事を考えているか、特に金銭的な決定についてどう考えているかを書きました。私たちが買うものについてです。ある章で「あるものにどの程度の価値があるかどうやって私たちは決めているのか」という問いを立てました。これについて経済理論は非常に単純な仮定を置きます。しかし私は「実際には私たちはどうやっているのか」を問うているのです。[18]

『予想通りに不合理』を読んで人間の不合理な行動を理解することで人生は悪くなりうるのではないか(プラシーボ効果から得られる利益を失うなど)と訊ねられたアリエリーは、短期的には損をするかもしれないが長期的には得をするであろうから自著を読むことでその人の人生が悪くなることはないだろうと答えている。[19] 「不合理だからうまくいく」ことについて訊ねられたときには以下のように述べている。

本の前半は職場でのやる気についてです。著書では「ボーナスの本当の効果は何か」「高いボーナスを与えると何が起きるか」といった問いを立てました。結果として、ボーナスは人々のやる気を引き出すが、より高い成果をいつももたらすとは限らないということがわかりました。実際にはより低い成果をしばしばもたらしたのです。なぜなら金銭は人々にプレッシャーを与えるからです。(中略)本の第二部は私生活についてです。すなわち「どうやって幸せを見つけるのか」「私たちの身に生じる良いことや悪いことにどう適応すればよいか」という問いについてです。またそれは感情についての問いも少しだけ含んでいます。[18]

マイケル・S・ロスは『ずる』について「アリエリーはすべての人にとっての基準を上げてしまった。だんだん競争が激しくなってきている人気の認知科学と行動経済学という分野で、情熱と賢明さというあまり見られない2つの組み合わせをもってこれを書き上げた。彼は私たちが誤った考えと不合理性を持っているということを思い出させてくれるので、私たちは私たち自身を欺く傾向があるがその傾向から身を守れるかもしれない。[20]」と書いている。

2008年にアリエリーは共著者のレベッカ・ウェイバー、ジブ・カルモン、ババ・シブとともにイグノーベル医学賞を受賞した。受賞理由は高価な偽薬は安価なものより効果があることを示したことであった。[21]

その他の業績[編集]

先進後知恵研究センター[編集]

アリエリーの研究所であるデューク大学先進後知恵研究センターは、金銭・医師と患者による意思決定・不正・社会正義についての心理学といったテーマについて研究することを目的としている。[3]

BEworks[編集]

アリエリーは行動経済学をビジネスや政策課題に応用する企業であるBEworks Incの共同創業者である。

Arming the Donkeys[編集]

Arming The Donkeysは社会科学や自然科学の研究者にアリエリーがインタビューを行うポッドキャストである。

論文[編集]

出演した映像と音声[編集]

関連[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Dan Ariely. NNDB.
  2. ^ Dan Ariely | Center for Advanced Hindsight
  3. ^ a b c d e When Dan Ariely found the key to human nature
  4. ^ 不合理だからすべてがうまくいく
  5. ^ Ariely, Dan. “Painful Lessons”. 2013年5月14日閲覧。
  6. ^ ずる嘘とごまかしの行動経済学
  7. ^ お金と感情と意思決定の白熱教室 楽しい行動経済学
  8. ^ アリエリー教授の人生相談
  9. ^ 予想通りに不合理
  10. ^ お金と感情と意思決定の白熱楽しい行動経済学
  11. ^ 予想通りに不合理
  12. ^ アリエリー教授の「行動経済学」入門お金篇
  13. ^ ずる嘘とごまかしの行動経済学
  14. ^ お金と感情と意思決定の白熱教室楽しい行動経済学
  15. ^ NetZero acquire Simpli for $23.5 Million”. ClickZ. 2015年5月8日閲覧。
  16. ^ Search123 Acquires Simpli.com from United Online”. Bloomberg. 2015年5月8日閲覧。
  17. ^ ValueClick Acquires Search Marketing Company Search123”. EContent. 2015年5月8日閲覧。
  18. ^ a b アーカイブされたコピー”. 2010年10月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年9月29日閲覧。
  19. ^ "Predictably Irrational Is an Irresistible Look at Our Not-So-Rational Foibles" Derek Tokaz, The Commentator, Feb. 28, 2008 New York University School of Law
  20. ^ http://www.huffingtonpost.com/michael-roth/dan-ariely-dishonesty_b_1769685.html
  21. ^ Winners of the Ig® Nobel Prize”. Improbable Research. 2013年5月15日閲覧。

外部リンク[編集]