ターハル・ベン・ジェルーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ターハル・ベン・ジェルーン
Tahar ben Jelloun
Svět knihy 2011 - Tahar Ben Jelloun.jpg
誕生 1944年12月1日(70歳)
モロッコの旗モロッコフェズ
職業 詩人小説家
言語 フランス語
国籍 モロッコの旗モロッコ
最終学歴 ムハンマド5世大学
主な受賞歴 ゴンクール賞(1987)
国際IMPACダブリン文学賞(2004)
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

ターハル・ベン・ジェルーンTahar ben Jelloun, アラビア語: الطاهر بن جلونal-ṭāhar bin ǧallūn, 1944年12月1日 – )は、モロッコフェズ出身の詩人小説家

受賞歴[編集]

主な著書[編集]

  • Harrouda (1973)
  • La Réclusion solitaire (1976)
  • Moha le fou, Moha le sage (『気狂いモハ、賢人モハ』) (1978)
  • La Prière de l'absent (『不在者の祈り』) (1981)
  • Hospitalité française (『歓迎されない人々 ― フランスのアラブ人』) (1984)
  • L'Enfant de sable (The Sand Child, 『砂の子ども』) (1985)
  • La Nuit sacrée (The Sacred Night, 『聖なる夜』) (1987)
  • Jour de silence à Tanger (1990)
  • Les Yeux baissés (1991)
  • La Remontée des cendres (The Rising of the Ashes) (1991)
  • Éloge de l'amitié (1994)
  • L'Homme rompu (1994)
  • Le premier amour est toujours le dernier (『最初の愛はいつも最後の愛』) (1995)
  • Les Raisins de la galère (1996)
  • L'Auberge des pauvres, (1997)
  • Le Racisme expliqué à ma fille (Racism Explained to My Daughter, 『娘に語る人種差別』) (1998)
  • Cette aveuglante absence de lumière (This Blinding Absence of Light, 『あやまちの夜』) (2001)
  • L'Islam expliqué aux enfants(『子どもたちと話すイスラームってなに?』) (2002)
  • La Belle au bois dormant (2004)
  • Le Dernier Ami (2004)
  • Partir (『出てゆく』) (2006)
  • Yemma (2007)
  • Beckett et Genet, un thé à Tanger (2010)

日本語訳された作品[編集]

  • 『歓迎されない人々 ― フランスのアラブ人』高橋治男、相磯佳正共訳、晶文社、1994年
  • 『砂の子ども』菊地有子訳、紀伊国屋書店、1996年
  • 『気狂いモハ、賢人モハ』〈越境の文学/文学の越境〉沢田直訳、現代企画室、1996年
  • 『聖なる夜』菊地有子訳、紀伊国屋書店、1996年
  • 『不在者の祈り』文学の冒険、石川清子訳、国書刊行会、1998年
  • 『娘に語る人種差別』松葉祥一訳、青土社、1998年
  • 『最初の愛はいつも最後の愛』堀内ゆかり訳、紀伊国屋書店、1999年
  • 『あやまちの夜』菊地有子訳、紀伊国屋書店、2000年
  • 『子どもたちと話すイスラームってなに?』藤田真利子訳、現代企画室、2002年
  • 『出てゆく』香川由利子訳、早川書房、2009年