高橋治男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

高橋 治男(たかはし はるお、1936年11月25日 - )はフランス文学者中央大学名誉教授

経歴[編集]

千葉県四街道市生まれ。千葉県女子師範学校附属幼稚園卒園後、戦争の影響で千葉市立富士見小学校四街道町立富士見小学校千葉大学教育学部附属第二小学校と小学校を転々とした後、千葉大学教育学部附属第二中学校を卒業。千葉県立千葉第一高等学校を経て学習院大学文学部仏文学科へと進む。その後更に東京都立大学大学院仏語仏文学専攻の修士課程へと進学し卒業。

1969年4月 中央大学法学部専任講師、1971年4月 助教授、1983年4月 教授。2007年4月名誉教授。

人物[編集]

中学時代に三銃士などのアレクサンドル・デュマの小説に夢中になり、高校時代に「天井桟敷の人々」などのフランス映画から多大の影響を受ける。

中央大学赴任後には何度かのフランス留学を経験した。

20世紀のフランス、両大戦間の文学を研究テーマとして扱っており、人民戦線期の文学者の作品と思想や行動を対象にしている。

なお大学時代の友人の影響でフランス文学関係以外でも競馬関係の雑誌の記事等を度々書いていた事があった。

著作[編集]

  • 第三人生を往く - 人生の意義を尋ねて テルモマスール・ブックス テルモマスール出版部 1983年
  • 希望と幻滅の軌跡 - 反ファシズム文化運動 中央大学人文科学研究所研究叢書 中央大学出版部 1987年
  • クレマンチーヌ 芸林書房 1988年
  • 嘘 芸林書房 1988年
  • シャンソンに学ぶフランス語 駿河台出版社 1988年
  • Jean-Richard Bloch/Marcel Martinet 中央大学出版部 1994年
  • La Correspondance Bloch ― Martinet 1994年

翻訳[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]