セントルシアの国旗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
セントルシアの国旗
セントルシアの旗
用途及び属性 市民・政府・軍隊陸上、市民海上?
縦横比 1:2[1]
制定日 1979年2月22日[1][2]
使用色
テンプレートを表示

セントルシア国旗(セントルシアのこっき)は、1979年2月22日にセントルシアがイギリスから独立した日に制定された[2]。国旗はセントルシアが独立する前にデザインコンテストで採用されたイギリス自治領時代の旗が元になっており、セントルシアの独立時に一部が修正された[2]

歴史[編集]

1635年フランスはセントルシア島を植民地化し、1680年に島の先住民との間に条約を締結した[4]イギリスとフランスがセントルシアの支配権を巡って争い、島の領有は二つの超大国の間を頻繁に行き交っていた[5]。この状況は1814年まで続くが、1814年のパリ条約の締結によってフランスがセントルシアの恒久的な放棄をイギリスに約束し[5]、同年にセントルシアはイギリス帝国内の直轄領となる[4]。フランスとイギリスの植民地時代を通して、セントルシアは独自の植民地旗を持っていなかった[6]

1939年8月にイギリスはセントルシア独自の紋章の使用を承認する。紋章のエスカッシャンは十字を作る二本の竹の棒を備えた黒い盾で構成され、盾の四つの象限にはイングランドを象徴する2つのテューダー・ローズとフランスを象徴する2つのフルール・ド・リスが置かれていた。ブルー・エンサインを改変してセントルシアの紋章をデザインした旗が植民地の旗として使われていた[6]

1958年から1962年までの間、セントルシアは西インド連邦を構成していた[4]。しかし、西インド連邦の結成は不成功に終わり、連邦が崩壊して5年後の1967年3月1日にセントルシアはイギリスの自治領となる[6]。従来と同様にイセントルシアの外交と防衛はイギリスが責任を保持していたが、島内の事項については完全な自由統治が与えられた[4]。セントルシア出身の芸術家ダンスタン・セントオマーが島の新しい旗を考案し[7][8]、旗は自治領の成立の同日に採用される[9]。1979年2月22日にセントルシアが独立国となったとき、国旗の全体的なデザインは自治領時代のものに大きな変更は加えられず[9][10]、地に使われる青の色合いと三角形の大きさが若干変更された[6]。しかし、主権国家となったセントルシアで正式な国旗が決定された後も、宗主国のイギリスの国旗であるユニオン・ジャックが独立を宣言する公式の式典の時まで掲げられていた[11]

デザイン[編集]

1903年当時のピトン山の写真。2つの円錐状の火山群は国旗中央に描かれた二つの三角形のモチーフとなっている

国旗の色とシンボルは文化的、政治的、地理的意味合いを持つ。青は空と海の象徴であり[12]、特に国を囲む大西洋カリブ海を表している[2][6]。黄色は太陽の色[6]、黄金色の海岸[1]、繁栄[12]を意味し、黒と白は黒人と白人の調和を示している[2]。中央部の2つの三角形は島の南西部に位置する双子の火山である[6]ピトン山を象徴し[2][9]、「希望」の表れでもある[2]。ピトン山を構成するグロ・ピトン山プチ・ピトン山はセントルシアの国家的な象徴となっている[12]

国旗の変遷[編集]

使用された期間 用途 解説
Flag of Saint Lucia (1939-1967).svg 現在使われていない歴史的な旗? 1939年 – 1967年 現在使われていない歴史的な旗? セントルシア植民地旗 現在使われていない歴史的な旗? イギリスのブルー・エンサインに植民地の紋章を加えたもの。紋章は十字になった二本の竹の棒を備えた黒い盾で構成され、盾の四つの象限にはイングランドを象徴する2つのテューダー・ローズとフランスを象徴する2つのフルール・ド・リスが置かれていた。
Flag of Saint Lucia (1967-1979).svg 現在使われていない歴史的な旗? 1967年 – 1979年 現在使われていない歴史的な旗? セントルシア自治領旗 現在使われていない歴史的な旗? セルリアンブルーの地に黄色い三角形が置かれ、三角形の前面には白い縁取りの黒い矢印がある。
Flag of Saint Lucia (1979-2002).svg 現在使われていない歴史的な旗? 1979年 – 2002年 現在使われていない歴史的な旗? セントルシア国旗 現在使われていない歴史的な旗? セルリアンブルーの地に黄色い三角形が置かれ、前面には白い縁取りの黒い矢印がある。黄色の部分の面積が拡大し、矢印が狭まった。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 辻原『世界の国旗大百科』第2版、180頁
  2. ^ a b c d e f g 苅安『世界の国旗と国章大図鑑』四訂版、85頁
  3. ^ 吹浦『世界の国旗ビジュアル大事典』第2版、191頁
  4. ^ a b c d “St Lucia profile”. BBC News (BBC). (2012年10月18日). http://www.bbc.com/news/world-latin-america-19833217 2014年9月26日閲覧。 
  5. ^ a b History of St Lucia”. Lonely Planet. 2014年9月26日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g Smith, Whitney (June 26, 2014). “Flag of Saint Lucia”. Encyclopedia Britannica. Encyclopedia Britannica, Inc.. http://global.britannica.com/EBchecked/topic/1355481/flag-of-Saint-Lucia 2014年9月26日閲覧。.  (要購読契約)
  7. ^ Orr, Tamra (2008). Saint Lucia. Marshall Cavendish. p. 96. http://books.google.ca/books?id=WHZ25JlDrjYC&pg=PA96e. 
  8. ^ Newton, Richard (2000年2月12日). “St Lucia: Michelangelo of the Caribbean”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/travel/destinations/centralamericaandcaribbean/saintlucia/722278/St-Lucia-Michelangelo-of-the-Caribbean.html 2014年10月1日閲覧。 
  9. ^ a b c Kindersley Ltd., Dorling (6 January 2009). Complete Flags of the World. Penguin. p. 36. http://books.google.com/books?id=1yahq8im86kC&pg=PA36. 
  10. ^ “Island of St. Lucia fights independence from Britain”. The Telegraph-Herald. United Press International (Dubuque, Iowa): p. 23. (1979年2月21日). http://news.google.com/newspapers?id=GthBAAAAIBAJ&sjid=LqoMAAAAIBAJ&pg=4781,2860925&dq=flag+of+saint+lucia&hl=en 2014年10月1日閲覧。 
  11. ^ “Little Caribbean island goes it alone”. The Miami News. Associated Press: p. 2A. (1979年2月22日). http://news.google.com/newspapers?id=JJ8yAAAAIBAJ&sjid=8OkFAAAAIBAJ&pg=4407,1161536&dq=flag+of+saint+lucia&hl=en 2014年10月1日閲覧。 
  12. ^ a b c Saint Lucia”. The World Factbook. CIA. 2014年9月26日閲覧。

参考文献[編集]

  • 苅安望編著『世界の国旗と国章大図鑑』四訂版(平凡社, 2012年7月)
  • 辻原康夫編著『世界の国旗大百科』第2版(人文社, 2003年3月)
  • 吹浦忠正『世界の国旗ビジュアル大事典』第2版(学研マーケティング, 2013年5月)

関連項目[編集]